ボルボ 240シリーズ (’74-’93):衝突安全性能を向上させロングセラーに

シェアする

ボルボ 244 DL 1975

ボルボ・カーズは1974年秋、大型乗用車「164」の後継モデル「260シリーズ」と共に、1966年にリリースした中型乗用車「140シリーズ」の後継モデルとなる「240シリーズ」を発売しました。安全実験車「VESC」で培った技術の導入により衝突安全性能の向上が図られた事が最大の特徴で、20年近くに渡り生産が続けれるロングセラーカーとなりました。

ボディは3タイプ

プラットフォームは一新され、ボディタイプは2ドアセダンの「242」、4ドアセダンの「244」、5ドアステーションワゴンの「245」の3タイプが用意されました。スタイリングは140シリーズ譲りのボクシーなフォルムを踏襲しながらも、フロントマスクの変更によりイメージが一新されました。ボディサイズは全長4,896mm×全幅1,707mm×全高1,435mmで、ホイールベースは2,640mmでした。

ボルボ 244 DL 1975

140シリーズとの比較では全長が200mm以上、ホイールベースも20mm延長された一方、全幅は若干縮小されました。サスペンション形式は、フロントはウィッシュボーン式からマクファーソンストラット式に変更され、リアはトレーリングアーム式が踏襲されました。駆動方式は、従来同様のFRが踏襲されました。

ボルボ 240 DL 1986

エンジンは当初、140シリーズからキャリオーバーされた2L直4OHVのB20A型(最高出力89ps)に加え、2.1L直4SOHCシングルキャブレター仕様のB21型(最高出力108ps)及び同電子燃料噴射仕様のB21E型(最高出力125ps)が用意されました。組み合わせられるトランスミッションは、4速MTと3速トルコン式ATが設定されました。

又、ブレーキ形式はフロント:ディスク式/リア:ドラム式が踏襲された一方、ステアリング形式はリサーキュレーティング・ボール式からラック&ピニオン式に変更されると共に、パワーステアリングが設定されました。当初のグレード体系は、242/245に「L」と「DL」が、244に「DL」と「GL」がラインナップされました。

ターボ車やディーゼル車を追加

搭載エンジンは242LがB20A型、244GLがB21E型で、それ以外はB21型でした。その後1976年にB20A型エンジンが廃止され、代わって新開発の2L直4SOHCシングルキャブレター仕様ユニットB19型(最高出力97ps)が設定されました。次いで1978年にマイナーチェンジが実施され、ヘッドランプが丸形2灯式から角形2灯式に変更されました。

ボルボ 240 Classic 1992

同時に、2.3L直4SOHC電子燃料噴射仕様のB23E型エンジン(最高出力140ps)+5速MTを搭載する「242GT」が追加されました。次いで1980年、バンパーの形状が変更されると共に、B21型エンジンが改良型のB21A型(最高出力109ps)に置換された他、GLには2.3L直4SOHCシングルキャブレター仕様のB23A型エンジン(最高出力112ps)が搭載されました。

ボルボ 240 Polar 1992

更に、新たなラインナップとしてB21E型ターボエンジン(最高出力155ps)+5速MTを搭載する「244ターボ」と、フォルクスワーゲン製の2L直4SOHC(最高出力71ps)又は2.4L直6SOHC(最高出力83ps)のディーゼルエンジンを搭載する「244ディーゼル」が追加されました。続いて1983年に車名が「240」に統一され、翌1984年には2ドアモデルが廃止されました。

次いで1985年、新開発のガソリン2.4L直4SOHCエンジンB230型(最高出力115ps)が追加された一方、B21E型ターボエンジン搭載車は廃止されました。そして1992年、後継モデル「850」がデビューした事を受け、翌1993年に全車生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK