ボルボ S80 (初代 1998-2006):960の後を継ぐフラッグシップモデルとして登場

シェアする

ボルボ S80 1998

ボルボ・カーズは1998年、1990年にリリースした「960」の後を継ぐフラッグシップモデル「S80」を発売しました。「メルセデス・ベンツ・Eクラス」や「BMW・5シリーズ」と真っ向から競合するEセグメント車で、SRSカーテンエアバッグシステムや後部衝撃吸収リクライニング機構付フロントシートなど、充実した安全装備がセリングポイントでした。

S70に続きFF方式を採用

ボディタイプは960と異なり5ドアステーションワゴンは用意されず、4ドアセダンのみの設定でした。スタイリングはボクシーな960から一転、丸みを帯びた流麗なフォルムに変貌すると共に空力特性も向上し、Cd値は960を0.08ポイント下回る0.28を実現しました。ボディサイズは全長4,822mm×全幅1,832mm×全高1,434mmで、960セダン標準ボディ仕様から一回り拡大されました。

ボルボ S80 1998

又、ホイールベースも若干長い2,791mmとなっていました。駆動方式は、960のFRから弟分のS70同様のFFに変更されました。エンジンは当初、2L直5ターボ(最高出力226ps)、2.8L直6ターボ(最高出力272ps)、2.9L直6NA(最高出力204ps)のガソリン3種類がラインナップされました。組み合わせられるトランスミッションは、5速MTと4速/5速トルコン式ATが設定されました。

ボルボ S80 1998

サスペンション形式は、960同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:マルチリンク式が踏襲されました。そして翌1999年、チューニングの異なる2種類の2.4L直5ガソリンNAエンジン(最高出力140ps/170ps)と、2.5L直5ディーゼルターボエンジン(最高出力140ps)が、追って2000年には、2.4L直5ガソリンターボエンジン(最高出力200ps)が追加されました。

M/Cで安全装備が更に充実

更に2001年、2.8Lガソリンターボに代わり2.9L直6ガソリンターボエンジン(最高出力272ps)が設定されました。次いで2002年に最初のマイナーチェンジが実施され、新たな安全装備として横滑り防止装置とトラクションコントロールを組み合わせた「DSTC」と、ブレーキアシスト「EBA」が追加されました。同時に、後席用の装備を充実させた「リムジン」がラインナップに加わりました。

ボルボ S80 1998

次いで2003年に実施された2度目のマイナーチェンジでは、内外装の意匠が変更されました。そして2006年にフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルに移行しました。日本市場への初上陸は1998年9月で、グレードは当初2.8Lターボエンジン+4速AT搭載の「T-6」と、2.9L NAエンジン+4速AT搭載の「2.9」の2タイプがラインナップされました。

そして1999年2月、2.4L NAエンジン+5速AT搭載の「2.4」が追加され、続いて2001年10月にはT-6のエンジンが2.9Lターボに置換されると共に、2.4は廃止されました。次いで2002年11月、マイナーチェンジ版に切り替えられると共に、T-6の上級グレードとして欧州仕様のリムジンに相当する装備を持つ「T-6TE」が追加されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK