三菱 eKワゴン/カスタム (3代目 B11W ’13-):日産との共同開発となり、アグレッシブに変身

三菱 eKカスタム 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

三菱 eKカスタム 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

三菱自動車の軽トールワゴン「eKワゴン」は、2013年6月に7年ぶり2度目のフルモデルチェンジを実施し、現行型となりました。初代及び先代モデルが、三菱自動車のオリジナル設計であったのに対し、現行型は日産と共に設立した合弁会社「NMKV」により開発された事が相違点でした。それと同時に、プラットフォームやパワートレインも一新されています。

ボディはアグレッシブに変化し、居住性も改善

三菱 eKワゴン 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

三菱 eKワゴン 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

スタイリングは、ボクシーかつ実用本位であった先代とは一変し、ウェッジシェイプのプロポーションやボディ側面のプレスラインなどにより、アグレシッブな雰囲気を醸すものとなりました。又、先代の「スポーツ」に代わるスポーティモデルとして、専用フロントグリルやエアロパーツなどにより差別化が図れた「カスタム」が設定されました。

三菱 eKワゴン 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

三菱 eKワゴン 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

姉妹車種である日産の「デイズ」と比較すると、基本的なスタイリングは共通ながら、フロントマスクやホイールのデザインなどに相違があります。ボディサイズは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,620mmで、全高が先代より70mm高くなり、殆どの立体駐車場に入庫可能であったメリットは失われました。プラットフォーム刷新に伴い、ホイールベースは90mm延長され2,430mmとなりました。

三菱 eKカスタム 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

三菱 eKカスタム 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

車両重量は、高張力鋼板の多用により先代と変わらない820kg~900kgに抑えられました。又、室内長が190mm延長された事などで居住性が大幅に改善された一方で、後席用ドアは全車ヒンジ式となり、先代に設定のあった電動スライドドア仕様はなくなりました。サスペンション形式は、先代同様の前マクファーソンストラット式/後3リンク式が踏襲されました。

三菱 eKワゴン 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

三菱 eKワゴン 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

新設計のパワートレインを搭載

エンジンは新開発された0.66L直3DOHCの3B20型で、最高出力49ps/最大トルク6kgmのNAの他、カスタムには最高出力64ps/最大トルク10kgmを発生するターボも設定されました。同時にトランスミッションも刷新され、先代が3速/4速トルコン式AT及び5速MTの設定であったのに対し、副変速機付きCVT「INVECS-Ⅲ CVT」に一本化されました。

三菱 eKワゴン 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

三菱 eKワゴン 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

駆動方式は先代と同様で、NA車・ターボ車共にFFとフルタイム4WDが設定されました。又、一部グレードを除くNA車にアイドリングストップ機構を採用するなどの改良により、先代よりも燃費性能が大幅に向上しました。そして、2014年7月に実施された一部改良の際には、一部グレードを除くFF・NA車に、「eKスペース」に採用されている「アシストバッテリー」が採用されました。

三菱 eKカスタム 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

三菱 eKカスタム 2015 (出典:mitsubishi-motors.co.jp)

それに伴い、燃費が従来の29.2km/Lから30km/Lへと向上した他、エンジンの改良やCVTのギア比変更により、加速性能の向上が図られました。次いで同年12月、一部グレードを除き衝突被害軽減ブレーキ「e-Assist」が設定されました。eKワゴンは、発売開始当初多くの受注を受けた他、現在でも三菱自動車随一の販売実績を持つモデルとなっています。

eKワゴン/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

三菱 eKワゴンの関連記事

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます