ホンダ 新型N-ONE値引き2017年11月-納期/実燃費/価格の評価

シェアする

ホンダ N-ONE 2015

ホンダ N-ONE 2015

ホンダ 新型N-ONEの値引き/納期/実燃費レポート

(2017年11月2日更新)

ホンダの軽トールワゴン「N-ONE」は、2012年11月、「N-BOX」「N-BOX+」に次ぐ同社のNシリーズ第3弾として発売が開始されました。前年に開催された東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「N CONCEPT 4」をベースとした市販バージョンで、1960年代のベストセラー軽乗用車「N360」をモチーフにしたデザインが採用されている事が最大の特徴となっています。

ホンダ 新型N-ONEの値引き相場

  • オプション含む平均値引き相場:17万円
  • 車両本体の値引き目標額:16万円

ホンダ 新型N-ONEの値引き難易度:B

(A:甘い ~ E:厳しい)

発売時は人気車種となった新型N-ONE。発売から期間が経過し、ホンダからN-BOX、N-WGNなど軽自動車が相次いでリリースされたことで、値引き交渉がしやすい状態となりました。

新型N-ONEの納期:標準

  • 納期:1ヵ月~2ヵ月

新型N-ONEはモデルライフ終盤という事もあり、納期は安定しています。出来るだけ早いN-ONEの納車を望む人は、ディーラーが予めオーダーしていた車両(人気のグレード・色・装備の組み合わせ)を選ぶ事で、即納に近い納車も可能です。

N-ONE(エヌワン)の値引き相場がわかったら、次にすべき事

ホンダ N-ONE 2015

ホンダ N-ONE 2015

「新型N-ONEの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、新型N-ONEの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら簡単な入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる 新型N-ONEを見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

ホンダ N-ONEのグレード別 新車価格

N-WGN(スタンダード)(税込)

グレード 2WD 4WD
G特別仕様車
SSブラウンスタイルパッケージ
1,380,000円 1,510,000円
G 1,185,000円 1,315,000円
G・LOWDOWN Basic 1,220,000円
G・Lパッケージ 1,298,000円 1,428,000円
G・LOWDOWN 1,365,000円
Tourer 1,445,000円 1,575,000円

N-WGNプレミアム(税込)

グレード 2WD 4WD
Premium 1,490,000円 1,620,000円
Premium 特別仕様車
SSブラウンスタイルパッケージ
1,580,000円 1,710,000円
Premium
Tourer
1,598,000円 1,728,000円
Premium Tourer・LOWDOWN 1,645,000円
Premium Tourer特別仕様車
SSアーバンブラックパッケージ
1,698,000円

SSネオクラシックレーサーパッケージ

(2017年10月31日生産分で受注終了)

1,798,000

※価格は2016年12/1現在のメーカー小売希望価格(税込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

ホンダ N-ONE(エヌワン)のグレード選び

N-ONEのパワートレイン

パワーユニットは660cc直3ガソリンエンジンで、自然吸気とターボの2種類。4WDはLOWDOWN以外のすべてのグレードに設定されています。トランスミッションはCVTのみです。

N-ONEのグレード

グレード構成はまず、スタンダードとプレミアムに分かれます。

スタンダードはベーシックグレードの「G」、中間グレードの「G・Lパッケージ」、ターボエンジンを搭載した上級グレードの「Tourer」があります。ローダウンモデルには「G・LOWDOWN Basic」「G・LOWDOWN」があり、特別仕様車として「G特別仕様車 SSブラウンスタイルパッケージ」が追加となりました。

プレミアムには「Premium」、「Premium Tourer」、「Premium Tourer・LOWDOWN」の3種類があります。また、2016年6月10日に「Premium 特別仕様車 SSブラウンスタイルパッケージ」、「Premium Tourer特別仕様車 SSアーバンブラックパッケージ」が追加となりました。

N-ONEの価格帯

2WDでの価格は、「G」の1,185,000円から「Premium Tourer特別仕様車 SSアーバンブラックパッケージ」の1,698,000円までで、価格差は51万円となっています。

N-ONEの実燃費(2名乗車時の目安)

自然吸気エンジン車の実燃費

  • 高速道路中心の燃費:19~22km/L
  • 郊外・幹線道路の燃費:20~23km/L
  • 渋滞のある市街地の燃費:15~21km/L

ホンダ N-ONEは、ホンダが本気で軽市場のシェア拡大に向けて再始動したNシリーズのトップバッターとして登場しました。しかし、発売から期間が経過しており、熾烈な争いが繰り広げられている軽自動車の燃費競争においては、少し見劣りするかもしれません。

ただし、実燃費においてはカタログ燃費(JC08モード)程の差はでず、運転の仕方による差が大きく、クラストップレベルの燃費性能を誇るワゴンRとN-ONEの実燃費差はリッター約2km/L程度です。

ターボエンジン車の実燃費

  • 高速道路中心の燃費:17~20km/L
  • 郊外・幹線道路の燃費:16~19km/L
  • 渋滞のある市街地の燃費:10~13km/L

N-ONE Premium Tourerなどのターボエンジン搭載モデルは、ターボ車らしい加速を多用すれば、それに比例して燃費も悪化します。特に市街地における燃費はターボを使用する場面も多く、自然吸気エンジン車との実燃費差が広がります。一方で、ゴー・ストップの少ない郊外・高速においては自然吸気エンジン車との実燃費差は少なくなります。

2016年6月10日 Premium 特別仕様車 SSブラウンスタイルパッケージ 追加

Premium Tourer・LOWDOWNの装備に加え、以下が追加

  • ブラックコンビシート(アクセントカラー)&専用インテリア
  • アクセントカラー装備(オレンジ、ブルー、イエロー)
  • フロントドアガーニッシュ、ドアミラー、フロントグリル、フロントバンパー、エアコンアウトレットリング、メーターリング、本革巻ステアリングホイール、ドアサイドモール、リアバンパーモール、専用カラードスマートキー(2個付)
  • 15インチアルミホイール(オールブラック)
  • ホワイトイルミネーション(ドリンクホルダー、センターロアボックス、フット)

2016年6月10日 Premium Tourer特別仕様車 SSアーバンブラックパッケージ 追加

Premiumの装備の装備に加え、以下が追加

  • ブラウンコンビシート&専用インテリア
  • ブラウン2トーンカラースタイル(ルーフ/ドアミラー)
  • ブラウン塗装フロントグリル/ドアサイドモール/リアバンパーモール
  • ブラウンテールゲートスポイラー
  • 14インチアルミホイール(ピューターグレー塗装)
  • ナチュラルウッド調インテリアパネル
  • ホワイトイルミネーション(ドリンクホルダー、センターロアボックス、フット)
  • 運転席&助手席シートヒーター※
  • クルーズコントロール
  • 親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス※
  • 専用カラードスマートキー(2個付)

4WD車は標準装備

2016年11月11日 特別仕様車「SSネオクラシックレーサーパッケージ」追加

ホンダ N-ONE SS Neo Classic Racer Package 2016

ホンダ N-ONE SS Neo Classic Racer Package 2016

SSネオクラシックレーサーパッケージは期間限定で2017年10月31日までの生産分で受注終了となります。

「SSネオクラシックレーサーパッケージ」の主な特別装備の内容
(Premium Tourer・LOWDOWNの装備に加えて)

  • ボンネットストライプ塗装
  • チェッカーデカール(ドアサイドモール/リアバンパーモール/ルーフサイド/テールゲートスポイラー)
  • ブラックモール付フロントグリル/フロントバンパー
  • ブラックアウタードアハンドル ・ブラックドアサイドモール ・ブラックリアバンパーモール
  • ブラックリアライセンスガーニッシュ ・ブラックN-ONEエンブレム
  • 15インチアルミホイール(オールブラック)
  • タンカラーコンビシート
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • あんしんパッケージ
  • 専用カラードスマートキー(2個付)

2016年11月11日 「Modulo X」一部変更

  • ボディーカラーに新色を追加
  • シャイニンググレー・メタリック&レッド、ミラノレッド&ホワイト、ブリリアントスポーティブルー・メタリック&ホワイト
  • 専用プライムスムース&トリコットコンビシート
  • 専用エアコンアウトレットダブルリング(レッドメタリック×クロームメッキ)

btn_8190_600x100

ホンダ N-ONE(エヌワン)の競合はコレ!

ホンダ N-ONEを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー JスタイルII 2015

スズキ ハスラー JスタイルII 2015

丸いライトで愛嬌があり、発売から人気モデルとなったスズキ ハスラー。発売当時は愛嬌のあるルックスと、意外と本格的なオフロード走行性能、SUVテイストとパイクカーのようなルックスを持つ割には安い価格設定などもあり、納車が半年待ちとなりました。

現在では生産体制も追い付き、納車待ちは一般レベルになりました。飽きの来ないボクシーさもあり、未だに高い人気を誇っています。

ダイハツ キャスト

ダイハツ キャスト スタイル 2015

ダイハツ キャスト スタイル 2015

上記のスズキ ハスラーとホンダN-ONEを強く意識して登場したのがダイハツ キャスト。SUVテイストの「アクティバ」、街乗りに適した「スタイル」、スポーティな「スポーツ」と大きくテイストを変えた3種類をラインナップし、ハスラーとN-ONEの競合車種として名乗りを挙げました。

研究して後から登場しただけあり、車としての完成度はなかなかです。ただ、個性という部分では両車にやや見劣りする印象が拭えません。キャストもかなり好調な販売を続けています。

btn_8190_600x100

ホンダ N-ONE(エヌワン)商談のすすめ方

N-ONEの値引きを引き出すにあたっては、上記のスズキ ハスラー、ダイハツ キャストの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、N-ONEの値引きを引き出し易くなります。

ホンダ N-ONE(エヌワン)の弱点は?

ライバルに対する弱点:期間が経過し新鮮味に薄れ

かつての名車、ホンダN360をモチーフとしたような、懐かしさと未来感覚を融合したデザインは、ホンダが本格的に軽自動車ラインナップを見直す際の象徴的なモデルとなって話題となりました。

その後、N-BOX、N-WGNがリリースされ、ホンダの軽ラインナップはダイハツ、スズキの軽自動車二強を脅かす存在になりつつあります。N-ONEは愛嬌のある見た目だけでなく、性能面でも大きく進歩した一台でしたが、軽自動車の進化のスピードも速く、燃費性能、ブレーキアシストなどの安全装備などで遅れ気味になっています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK