トヨタ 新型ポルテ/スペイド値引き2017年4月-納期/実燃費/価格の評価

シェアする

トヨタ ポルテ 2015

トヨタ 新型ポルテ/スペイドの値引き/納期/実燃費レポート

(2017年4月1日更新)

トヨタのコンパクトミニバン「ポルテ」は、2004年に初代モデルが登場し、2012年7月に初のフルモデルチェンジを実施して現行型になりました。ボディ左側に巨大なスライドドアを備える左右非対称ボディの採用をはじめ基本コンセプトを初代モデルから踏襲しながら、燃費性能の改善や使い勝手を向上させる為の工夫が凝らされるなど、正常進化を果たしたモデルになっています。

また、「スペイド」は、2011年に生産終了となった「ラウム」の実質的な後継モデルとして、2012年7月に発売されました。ラウムが単独開発されたモデルであったのに対し、スペイドは同時に発売された2代目「ポルテ」と姉妹車関係となる他、ラウムとは外観やディメンション、コンセプトなどが大幅に変わりました。

トヨタ 新型ポルテ/スペイドの値引き相場

  • オプション含む平均値引き相場:25万円
  • 車両本体の値引き目標額:23万円

トヨタ 新型ポルテ/スペイドの値引き難易度:C

(A:甘い ~ E:厳しい)

コンパクトなボディに左側が大きなスライドドアのみという特徴を持つポルテ/スペイド。子育てママをターゲットに親しみやすいデザインのポルテ、若い男性ユーザーを意識したスペイド。

スライドドア以外は特に大きな特徴も少ないですが、あまり値引きに積極的でもなく、値引きはソコソコと言えます。

新型ポルテ/スペイドの納期:標準

  • 納期:1ヵ月~2ヵ月

ポルテ/スペイドの値引き相場がわかったら、次にすべき事

トヨタ スペイド 2015

トヨタ スペイド 2015

「新型ポルテ/スペイドの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、新型ポルテ/スペイドの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら簡単な入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる 新型ポルテ/スペイドを見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

トヨタ ポルテ/スペイドの価格/グレード構成

ポルテ:1.5L、CVT、5人乗り、税込

グレード 2WD 4WD
特別仕様車
F“a la mode Trois”
1,949,400円 2,100,600円
G 1,926,720円 2,077,920円
F 1,828,440円 1,979,640円
Y 1,839,240円 1,990,440円
X 1,777,680円 1,937,520円

スペイド:1.5L、CVT、5人乗り、税込

グレード 2WD 4WD
特別仕様車
F“Queen Ⅱ”
1,949,400円 2,100,600円
G 1,926,720円
F 1,828,440円 1,979,640円
Y 1,839,240円 1,990,440円
X 1,777,680円 1,937,520円

※価格は2016年7/31現在のメーカー小売希望価格(税込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

トヨタ ポルテ/スペイドのグレード選び

ポルテ/スペイドのパワートレイン

パワートレインは1.5Lガソリンのみ。4WDは最廉価の「V」を除くグレードに設定されています。トランスミッションはCVTのみでマニュアルトランスミッションの設定はありません。

ポルテ/スペイドのグレード

グレード構成は安いほうから「X」「Y」「F」「G」の4種類。ポルテ、スペイドとも同じグレード構成、価格も同じとなっています。

ポルテ/スペイドの価格帯

2WDでの価格は、「X」の1,777,680円から「特別仕様車 F“a la mode Trois”」「特別仕様車 F“Queen Ⅱ”」の1,949,400円までで、価格差は17万円となっています。

ポルテ/スペイドの実燃費(2名乗車時の目安)

  • 高速道路中心の燃費:17~20km/L
  • 郊外・幹線道路の燃費:14~17km/L
  • 渋滞のある市街地の燃費:11~15km/L

2016年6月30日 マイナーチェンジ実施

プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした「Toyota Safety Sense C」を全車標準装備。

レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能とした。

また、先行車を検知し、信号待ちなどで先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる先行車発進告知機能や、急ブレーキをハザードランプの自動点滅により後続車へ知らせる緊急ブレーキシグナルを全車に標準装備とした。

そのほか、IR(赤外線)カット機能付ウインドシールドガラスの標準装備、センターメーターをデジタル表示化するなど、快適性や視認性を向上。

外板色については、ポルテは新規設定色シトラスオレンジマイカメタリック、ブラッキッシュアゲハガラスフレークを含む全9色、スペイドは新規設定色ブラッキッシュアゲハガラスフレークを含む全9色を設定した。

2016年6月30日 ポルテ 特別仕様車 F“a la mode Trois” 追加

ファスナー式で簡単に脱着でき、丸洗いが繰り返し可能なウォッシャブルカバーシートを特別装備。室内天井とウォッシャブルカバーシートは、内装色フロマージュにあわせて水玉模様をあしらった専用デザインにするとともに、ベースシート表皮をフロマージュ、インストルメントパネル上部とドアトリムオーナメントのさし色をプラムとした内装色を特別設定。

  • ブラウン塗装したレジスターリング
  • メッキ加飾のシフトレバーベゼル、インサイドドアハンドル(運転席・助手席)
  • ラジエーターグリルと電動格納式リモコンドアミラーにブラウン塗装
  • バックドアガーニッシュとアウトサイドドアハンドルにメッキ加飾
  • ホイールにはパールホワイト塗装樹脂フルキャップを特別装備
  • 外板色に、ホワイトパールクリスタルシャイン、チェリーパールクリスタルシャイン、クリームベージュ、シトラスオレンジマイカメタリックの4色を設定

2016年6月30日 スペイド特別仕様車 F“Queen Ⅱ”追加

ファスナー式で簡単に脱着でき、丸洗いが繰り返し可能なウォッシャブルカバーシートを特別装備。内装は特別色ブラックを設定し、室内天井には格子柄を、ウォッシャブルカバーシートはストライプをあしらった専用デザインを採用。

  • レジスターリングをサテン調加飾
  • シフトレバーベゼル、インサイドドアハンドル(運転席・助手席)にメッキ加飾
  • 専用意匠のセンターメーター
  • フロントグリル、電動格納式リモコンドアミラー、バックドアガーニッシュ、アウトサイドドアハンドルにメッキ加飾
  • ホイールにはスーパークロームメタリック塗装樹脂フルキャップを特別装備
  • 外板色に、ブラック(特別設定色)、ホワイトパールクリスタルシャイン、ボルドーマイカメタリック、ブラッキッシュアゲハガラスフレークの4色を設定

btn_8190_600x100

トヨタ ポルテ/スペイドの競合はコレ!

ポルテ/スペイドを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

スズキ ソリオ/バンディット

スズキ ソリオ HYBRID MZ 2015

スズキ ソリオ HYBRID MZ 2015

全幅1,625mmと、あえて5ナンバーサイズぎりぎりまで全幅を広げず、狭い道での扱いやすさを優先したスズキ ソリオ。

先代モデルと比べるとボディの軽量化やマイルドハイブリッド、自動ブレーキの搭載など先進性にも取り組んでいます。新しいモデルなので値引きは厳しめですが、ポルテとの競合によって値引き額を引き出しましょう。

btn_8190_600x100

トヨタ ポルテ/スペイド商談のすすめ方

ポルテ/スペイドの値引きを引き出すにあたっては、上記のソリオ/バンディットの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、ポルテ/スペイドの値引きを引き出し易くなります。

トヨタ ポルテ/スペイドの弱点は?

ライバルに対する弱点:ブレーキアシストの設定がない

モデルライフ後半に差し掛かり、少し古いモデルとなってきました。その間、各社がブレーキアシストの装着を拡大していますが、現時点ではポルテ/スペイドには設定自体なく、安全装備における立ち遅れている状況にあります。商談ではその辺の古さを引き合いに出しましょう。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK