日産 新型セレナ/ハイブリッド値引き2017年8月-納期/実燃費/価格の評価

シェアする

日産 セレナ 2016

日産 セレナ 2016

日産 新型セレナ/ハイブリッドの値引き/納期/実燃費レポート

(2017年8月3日更新)

日産のミドルクラスミニバン「セレナ」は、2016年8月に4度目のフルモデルチェンジを実施し、5代目となる現行型となりました。先代から基本コンセプトを踏襲し、FF方式ベースの基本レイアウトや標準グレードにおける5ナンバーサイズのボディなどを受け継ぎながらも、居住性の更なる改善や燃費向上などの改良がおこなわれました。

日産 新型セレナ/ハイブリッドの新車値引き相場

  • オプション含む平均値引き相場:23万円
  • 車両本体の値引き目標額:22万円

日産 セレナ/ハイブリッドの値引き難易度:C

(A:甘い ~ E:厳しい)

フルモデルチェンジにより、旧型モデルが大バーゲンと言える大幅値引きで販売していたのに比べると、やや値引きは厳しいと言えます。しかし、ノア/ヴォクシーやステップワゴンなど競争の非常に厳しいカテゴリーなので、それなりに値引きは引き出せると思います。

新型セレナ/ハイブリッドの納期:標準

  • 納期:1ヵ月~2ヵ月

新型セレナ/ハイブリッドは新しい車種で、オートパイロット装備車の販売を一旦停止するなど初期トラブルが出たこともあり、発売当初の納車期間は少し長めでしたが、現在は標準的な納期になっています。出来るだけ早いセレナの納車を望む人は、ディーラーが予めオーダーしていた車両(人気のグレード・色・装備の組み合わせ)を選ぶ事で、即納に近い納車も可能です。

新型セレナの値引き相場がわかったら、次にすべき事

日産 セレナ 2016

日産 セレナ 2016

「新型セレナの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、セレナの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら簡単な入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる 新型セレナを見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

日産 セレナのグレード別 新車価格とJC08モード燃費

FF 2WD (エクストロニックCVT、ガソリン2.0L)

グレード 燃料消費率 価格(税込)
S 15.0 km/L  2,435,400円 
X 17.2 km/L  2,489,400円 
ハイウェイスター 17.2 km/L  2,678,400円 
G 16.6 km/L  2,847,960円 

ハイウェイスター

プロパイロットエディション

16.6 km/L  2,916,000円 
ライダー  2,949,480円 
ハイウェイスターG 16.6 km/L  3,011,040円 
ライダー プロパイロットエディション  3,095,280円 

ハイウェイスターG

プロパイロットエディション

16.6 km/L  3,187,080円 
ライダー 〈オーテック30周年特別仕様車〉  3,480,840円 

ライダー 〈オーテック30周年特別仕様車〉

プロパイロットエディション

 3,616,920円 

4WD (エクストロニックCVT、ガソリン2.0L)

グレード 燃料消費率 価格(税込)
X 15.8 km/L  2,733,480円 
ハイウェイスター 15.8 km/L  2,965,680円 
G 15.0 km/L  3,135,240円 

ハイウェイスター

プロパイロットエディション

15.8 km/L  3,176,280円 
ライダー  3,182,760円 

ライダー

プロパイロットエディション

 3,328,560円 

ライダー

〈オーテック30周年特別仕様車〉

 3,714,120円 

ライダー 〈オーテック30周年特別仕様車〉

プロパイロットエディション

 3,850,200円 

※価格は2016年8/28現在のメーカー小売希望価格(税込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

日産 セレナ/ハイブリッドのグレード選び

セレナのパワートレイン

パワートレインはエンジンが2.0L直4ガソリンエンジンで、廉価グレードのB、Sを除きアシスト用モーターの付いたS-HYBRIDとなります。4WDはB、X、G、ハイウェイスターに設定されています。

セレナのグレード構成

グレード構成はノーマルモデルがエントリーグレード「S」、中間グレード「X」、上級グレード「G」の3種類。また、内外装がスポーティーな「ハイウェイスター」、さらにアグレッシブな「ライダー」と3種類のテイストが用意されています。

セレナの価格

セレナの2WDでの価格は、「S」の2,435,400円から「ライダー 〈オーテック30周年特別仕様車〉 プロパイロットエディション」の3,616,920円までで、価格差は118万円となっています。

セレナの実燃費(2名乗車時の目安)

  • 高速道路中心の燃費:14~17km/L
  • 郊外・幹線道路の燃費:10~13km/L
  • 渋滞のある市街地の燃費:8~11km/L

日産 セレナは「スマートシンプルハイブリッド」と呼ぶマイルドハイブリッドを多くのグレードで装備。特に市街地走行における発進・加速時にモーターの動力でアシストするため、市街地走行での低燃費性能に優れています。

2016年11月30日 期間限定「25thスペシャルセレクション」追加

「セレナ」の生誕25周年を記念して、人気の装備である「プロパイロット」、「スマート・ルームミラー」をはじめ、「LEDヘッドランプ」や「アラウンドビューモニター」などを組み合わせた「25thスペシャルセレクション」を2017年3月末まで期間限定で販売する。

同車に対し利用できるディーラーオプション券5万円をプレゼントするキャンペーンを実施。このオプション券は日産オリジナルナビゲーションなどのオプション購入に使えるほか、「25thスペシャルセレクション」のみで選べる3つのスペシャルオプションセットなどに利用が可能です。

スペシャルセット1
UV&IRカットフィルムとクリーンフィルタープレミアムのセット。通常価格67,010円が特別価格50,000円。(取り付け費、消費税込)

スペシャルセット2
ETC2.0本体とリバース連動下向きドアミラー(助手席側)のセット。通常価格65,996円が特別価格50,000円。(取り付け費、消費税込)

スペシャルセット3
ミシュランスタッドレスタイヤ(195/65R15)の4本セット。通常価格93,744円が特別価格50,000円。(消費税込、取り付け費含まず)

btn_8190_600x100

日産 セレナ/ハイブリッドの競合はコレ!

セレナ/ハイブリッドを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

トヨタ ヴォクシー/ノア

トヨタ ヴォクシー HYBRID X '15

トヨタ ヴォクシー HYBRID X ’15

同クラスでベストセラーとなっているトヨタ ヴォクシー/ノア。先代モデルく比べて全長を伸ばし、居住性を拡大すると共に、待望のフルハイブリッドをラインナップ。万全の布陣となっています。

人気車種ですが競争の激しいカテゴリーだけに、値引き交渉にもけっこう応じてくれます。フルモデルチェンジ直後の新型セレナをぶつけて、大きな値引きを引き出しましょう。

ホンダ ステップワゴン/スパーダ

ホンダ ステップワゴン '15

ホンダ ステップワゴン ’15

2015年4月にフルモデルチェンジし、5代目となったホンダのステップワゴン。ヴォクシー/ノアがフルハイブリッドとなったのとは対照的に、ステップワゴンは1.5Lターボというダウンサイジングエンジンで商品力強化を図っています。

また、ステップワゴンの独自アイテムとなる「わくわくゲート」(リアドアの横開き機構)は、後ろが狭い駐車場での荷下ろしや、お子さんウケが良いアイテムと言えます。ステップワゴンも人気ですが、競争の激しいカテゴリなので、値引き交渉も緩くなりつつあります。

btn_8190_600x100

日産 セレナ/ハイブリッド商談のすすめ方

セレナ/ハイブリッドの値引きを引き出すにあたっては、上記のヴォクシー/ノア、ステップワゴンの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、セレナ/ハイブリッドの値引きを引き出し易くなります。

日産 セレナ/ハイブリッドの強みは?

先進の自動制御技術「プロパイロット」

アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御する日産の先進技術「プロパイロット」を初採用。作動速度範囲は0~100km/hと広範囲となっています。この技術により、高速道路などでの長距離走行でのドライバー負担は大幅に軽減されます。

しっかりと広い室内

標準モデルは5ナンバーサイズに収めつつ、全高も高く室内空間はとても広い車です。ただ、ノア/ヴォクシーもモデルチェンジで全長を伸ばすなど、同クラスで比較すると大きな差はありません。

日産 セレナ/ハイブリッドの弱点は?

パワーユニットは従来モデルと同様のマイルドハイブリッド

トヨタのノア/ヴォクシー/エスクァイアがフルハイブリッドを採用、ホンダのステップワゴンはダウンサイジング1.5L直噴ターボエンジンを採用するなど、ライバルがパワーユニットでの独自性を打ち出しているのに対して、セレナは従来モデル同様のS-ハイブリッド(2.0Lエンジン+マイルドハイブリッド)となっています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK