プジョー 208 (A9 ’11-):207からボディサイズをダウンサイジング

シェアする

プジョー 208 2016 (出典:peugeot.co.jp)

プジョー 208 2016 (出典:peugeot.co.jp)

プジョーのBセグメントコンパクトカー「208」は、「207」の後継モデルとして2011年のジュネーブショーで発表され、日本には2012年11月から導入が開始されました。206から207にモデルチェンジした際に拡大されたホディが今度は縮小されると同時に、従来にはなかった小排気量3気筒エンジンが設定されるなど、ダウンサイジング路線に転じた事が特徴でした。

全長が4m以下に

スタイリングは、全体的なプロポーションや切れ長のヘッドランプなど基本的に207のイメージを受け継ぐものの、フローティンググリルの採用やボディ側面のキャラクターラインなどによりリフレッシュが図られました。ボディサイズは全長3,960mm×全幅1,740mm×全高1,470mmで、207で4mを超えていた全長が短縮された他、全幅も10mm狭くなりました。

プジョー 208 2016 (出典:peugeot.co.jp)

プジョー 208 2016 (出典:peugeot.co.jp)

ホイールベースは207と同一の2,540mmで、車両重量は同一エンジン搭載の207より100kg軽く、1,070~1,200kgとなります。サスペンション形式は、207と同様の前:マクファーソンストラット式/後:トーションビーム式を踏襲し、駆動方式も同様にFFを採用します。エンジンは日本仕様にはガソリンユニットのみが用意され、発売当初は1.2L直3NAと1.6L直4NA及びターボの3種類が設定されました。

運転席廻りのデザインを一新

スペックは、1.2Lが最高出力82ps/最大トルク12kgm、1.6L NAが最高出力120ps/最大トルク16.3kgm、1.6Lターボが最高出力156ps/最大トルク24.5kgmで、トランスミッションはそれぞれ5速MT、4速トルコン式AT、6速MTが組み合わせられました。インテリア面では運転席廻りが207から大きく変貌し、楕円形の小径ステアリングの上部からメーターを視認する独特なデザインが採用されました。

プジョー 208 2016 (出典:peugeot.co.jp)

プジョー 208 2016 (出典:peugeot.co.jp)

又、7インチタッチスクリーンによるインフォテインメントシステムも目新しい装備となりました。そしてパッケージングも改善され、ボディサイズの縮小にも関わらず後席のニースペースが拡大されました。デビュー当初のグレード体系は、1.2Lエンジン+3ドアボディの「アリュール」、1.6L NAエンジン+5ドアボディの「プレミアム」及び「シエロ」、1.6Lターボエンジン+3ドアボディの「GT」の4グレードでした。

プジョー 208 2016 (出典:peugeot.co.jp)

プジョー 208 2016 (出典:peugeot.co.jp)

そして2013年5月に、3ドアの新グレード「GTi」と「XY」が追加されました。前者は最高出力200ps/最大トルク28kgmまでチューンナップされた1.6Lターボユニットと6速クロスレシオMTを搭載するホッテストグレードで、後者は従来通りのスペックを持つ1.6Lターボユニットと6速MTを搭載し、パノラミックガラスルーフなどを装備するお洒落指向のモデルでした。同時に「GT」はカタログ落ちしました。

プジョー 208 2016 (出典:peugeot.co.jp)

プジョー 208 2016 (出典:peugeot.co.jp)

次いで2014年1月に、1.2L直3NAエンジンにアイドリングストップ機構を搭載し、5速AMTと組み合わせた「ピュアテック」と呼ばれるパワートレインが設定されました。「プレミアム」と「シエロ」のパワートレインがこのピュアテックに置換された他、「アリュール」にもピュアテック仕様車が追加設定されました。この変更に伴い、「プレミアム」と「シエロ」の燃費が約55%改善されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます