フォルクスワーゲン ゴルフ (7代目’13-):新車購入インプレッション/評価[5G ]

シェアする

自動車社会である欧州において最も競争が激しいと言われているのが、Cセグメントと呼ばれるグループの車です。その中で、世界のベンチマークと呼ばれている車がゴルフです。

ドイツ車は昔から、その高速安定性の高さや様々な部分で感じる事の出来るカッチリ感が評価されており、いつかは乗ってみたいと思っていました。そんな中で選んだのが2013年に日本でも販売開始された5G型のゴルフ7でした。

内装の質感の高さ

日本に輸入される前から前評判は高く、クラスを超えたとか、クラスの優等生、欠点が見つからないなど、かなりほめちぎられていました。MQB方式と呼ばれる、車体をモジュール単位で組み合せる製造方法を確立した事によって、様々な車種との部品の共有が可能になり、開発及び製造の効率化につながったと言われています。

そんな自動車ビジネス面でも注目されていた車でしたが、実際にゴルフ7に乗り込んで感じたのが、内装の質感の高さ、そしてシートのホールド性の良さでした。日本に最初に輸入されたのがハイラインと呼ばれる上級仕様で、それを選択したからということもありますが、当時の国産の同クラスの車と比べると差は歴然でした。

シートに関しては、中央部がスウェード調で滑りにくく、サイドサポートも十分で体全体を包み込まれる感覚があり、運転していても疲れにくかったです。VWがトレンドを作ったと行っても過言ではない、ダウンサイジングターボがゴルフ7にも採用されており、1.4Lながらトルクは2.5L並みを実現しています。

ダイレクトかつ俊敏な加速

7速のデュアルクラッチトランスミッションとも相まって、とてもダイレクトかつ俊敏な加速が楽しめます。また、燃費性能の向上の為、シリンダーオンデマンドと呼ばれる低負荷走行時の気筒休止機構も採用されていますが、このシステムの制御がうまく、はっきり言って気筒休止の瞬間を感じる事はできません。

ハンドリングはドイツ車らしくステアリング操舵力が重めですが、操舵に対する車の反応も良く、操舵感にもカッチリ感があり、乗れば乗るほどこれがドイツ車かと感じるものとなっていました。

車体剛性が高いのと、ハイラインには後輪にマルチリンク方式が採用されている事もあり、ロードホールド性はとても、高く少し飛ばしたくらいでは、全く不安感を感じないハンドリングに仕上がっています。

車好きが求める要素を高い次元で実現している

車内の居住性も高く、ファーストカーとしても使えますし荷物も積めます。例えば燃費性能や居住性、日常の使い勝手の良さのような一般の人が車に要求する様々な要素と、動力性能や所有欲を満たしてくれる事等の車好きが求める要素を、高い次元で実現している車、それがゴルフ7という車なのだと運転するたびに思います。そして、ドイツ車とはこういうものなのだと車が主張しているように、日々感じています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます