三菱 シャリオグランディス (3代目 ’97-’03)の口コミ評価:新車購入インプレッション

シェアする

三菱 シャリオグランディス 1997

この春にわが家のマイカーが新しくなりました。トヨタのミニバンです。買い替えた理由はそれまでの車はもう15年間という長きに渡って、老朽化したからです。私たちの足となり運んでくれたには三菱のミニバン。「父ちゃん、カッコイイ!」そんなフレーズのコマーシャルが印象的な車で、2000年式の三菱シャリオグランディスです。

今でも街の中で走っているのを見かけます。その度に「お世話になったなあ。」とあらためた思うのです。私がグランディスを購入したのは九州・長崎市に転勤して2ケ月目の時でした。あの頃は法改正があり、子供のチャイルドシートの義務付けがありました。

セダンでチャイルドシート装着は難しく

子供が3人にいたわが家でが、セダンでチャイルドシートをつけることは大変難しいことでした。また、ゴールデンウイークや夏休み等が実家に帰省するのに必ず車の移動が必須でした。しかも長距離です。約1,000キロを超える大移動でした。グランディスは当時の流行の車でしたが、室内も広くチャイルドシートを付けても何ら違和感はありません。

三菱 シャリオグランディス 2000

どんなに長い距離を走ろうとも疲れがあまりないのも嬉しいことでした。室内が広くてまるで動くサロン的な感覚で車での旅行も楽しんだのです。転勤族であったこともあり、ぜっかく九州にいるのであればと九州内の家族旅行をすべて車です。グランディスで実に50,000キロは九州内での旅行、ドライブで占めているのではないでしょうか。

熱い夏でもクーラーをガンガンに利かせドライブ。寒い冬でも暖かいヒーターに中で小旅行の移動。すべてはグランディスがあったらこそです。まだ、末っ子の次男が深夜に腹痛で唸りだした時も病院までグランディスで走ります。診察を受けている際中に、上2人の子供は車内でスヤスヤと眠っています。まるで心地よいベットの中で眠っているかのように。それだけグランディスの居住性の高さが証明されているかと思いますね。

グランディスに14年乗ってみて

あれから14年経ってから「もうそろそろ買い替えに時期かな?」と女房と話をしていたのですが、「愛着もあるし家族みたいな存在だし、もう少しがんばってももらおう。」次の車検までは持ちそうもないと感じてはいたのですが、これだけ長く乗っていると愛着も大きくなります

それから1年程、乗り続けているうちにエンジンの回りも安定せず何回かカーディーラーに見てもらったのです。「もうそろそろ買い替えの時期ですかね。」そう言われた時にやっと変更の決心がついたのですが、やはり寂しい気持ちでした。今もミニバンタイプにしているのですが、グランディスは私の子供成長を見届けてくれた家族でもあったことは間違いありません。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK