ペーパードライバー歴10年。100万円の新古車を買う寸前に父の機転でコミコミ20万円のスズキ・ワゴンRにして助かった

シェアする

それまでに勤めていた会社を辞め、実家のある山形へ戻ることになり、まずこちらでは車の運転ができないことには一人前の大人としてみなされないと母が言うので、自動車学校に一週間ほど通いました。運転の感覚を取り戻し、まず、就職して会社に通勤するにも、自分の行きたい所に行くにも、こちらでは車がないことにはお話にならないというので、とうとう私も車を買わなくてはいけなくなりました。

私としては、毎日の様に新聞の折り込みチラシに入ってくる新古車専門店で購入することを予定していました。実際にその新古車専門店に行くと、運転からしばらく遠ざかっていた私でもすぐにでも運転出来そうな車がたくさんあり、その中でも一番価格の安い車を選び、お店の方に見積もりを出して貰いました。

新古車は諸費用を入れると100万円近く

車両本体とその他にも色々とかかる金額を合わせると、100万円近く掛かってしまう様でした。実家で待つ両親に電話をすると、いつ事故にあうかもわからないペーパードライバーのお前が乗る車にそんなにお金はかけていられないと言うので、折角車屋さんといい具合に話が進んでいたというのに、その新古車専門店での交渉は、あえなく破断となってしまいました。父曰く「俺がもっと安い車を見つけてやる」との事。

数日後、父は確かに安い車を見つけてきました。10年以上前の古い型のスズキのワゴンRです。

三代目スズキ・ワゴンRはこんなクルマ

何と車両本体価格9万円、その他に掛かる費用コミコミで20万円を切っていたと思われます。私はそんな冗談みたいな値段の車があるのかと思い、納品書なり請求書を見せてもらうと、確かに20万円を切っていました。しかしその車は走行距離は既に10万キロを超え、塗装も所々剥げていて、ちょっとみすぼらしいなと言う印象は否めませんでした。

父親の言っていた通り…

でも私自身、車に対してさほどこだわりはありませんでしたし、自分の運転技術に全く自信がなかったので、私の様な物が運転する車はこんな感じのみすぼらしい車で十分だとも思えてきました。四輪駆動車ではなかった為、冬道では何度も死ぬ思いをしました。

父親の言っていた通り、私は乗り始めて間も無くして車をぶつけてしまうという事故を起こした為、この車にして正解だったなと思います。ワゴンRは非常に運転はしやすく、荷物を載せるスペースも十分にあったので、次に車を買う時もワゴンRがいいなと思っていたのですが、車にガタが来た頃に、夫のお母さんから乗らなくなった車をタダで頂くことが出来ました。私は自動車運がいいです。

ワゴンRの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK