日産 キューブ15XMセレクション (3代目 ’08)の口コミ評価:中古車購入インプレッション

シェアする

日産 キューブ '08

日産 キューブ ’08 (出典:favcars.com)

平成21年式のキューブ 4WD 15XMセレクションの中古を約95万円で購入しました。かねてよりコンパクトカーが欲しかった私は、同タイプのいろいろな車種と比較検討した結果、独特なデザインのキューブ現行型を選択することにしました。斬新なデザインでキューブというネーミングながら丸みを帯びているところが特に魅力的で、インテリアも同様の雰囲気を出しています。

左右非対称のリアゲート

注目すべきは左右非対称のリアゲートでしょう。使い勝手がどうかなと思っていましたが、普通のドアのように使うことができるので、スペースがないところで重宝します。

日産 キューブ '08

日産 キューブ ’08 (出典:favcars.com)

E-4WDでエクストロニックCVT搭載のモデルで、省燃費化されているとのことでした。最初の頃はCVT車に乗るのが始めてであったせいもあってか、あまり省燃費とはなりませんでしたが、だんだんに乗れてきたのか今ではカタログ燃費よりいい状態(16~17km/L・冬場14~15km/L)を保っております。

日産 キューブ '08

日産 キューブ ’08 (出典:favcars.com)

私のキューブはプッシュエンジンスタートシステム。キーをイグニッションにいれてひねる従来のスタイルでなかったことに不安を感じましたが、慣れてみると車内のどこにキーを置いていても、バッグの中とかにあってもエンジンを始動しては知らせることができるのは重宝しています。キーの電池切れには気を配らなければならないですけどね。

ドアロックの施錠開錠がドアについている小さなボタンでできるのも使い勝手が良いです。いちいちキーを出さなくていいのがこんなにも楽だったとは思いませんでした。

スポーツモードでのスタートは

加速は良くない印象がありますが、スポーツモードでのスタートは他の車を置き去りにするくらいの速さがあると思います。ボタン一つで切り替えると全然違った顔になるようなイメージです。コーナリングもきびきびしていてストレスがありません。

シートが柔らかい分、踏ん張りはききませんがある程度ホールドしてくれることもあり、コンパクトカーということで満足できるつくりだと思います。

居住性は最高

居住性は最高です。前述しましたとおり、シートがソファのようで心地よいです。リアシート少し高めに設置されていて、前方が見やすく、足元にも余裕がある感じです。ラゲッジはスペースは広いとはいえないものの、深さがあるので結構な量を積むことができます。荷くずれ対策が万全ならいいパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

日産 キューブ '08

日産 キューブ ’08 (出典:favcars.com)

さらにリアシートはスライドできるので、荷物を大目に積みたいときは前方(運転席側)にスライドさせスペースを確保することもできるし、荷物は少ないが同乗者を快適にということで後方(ラゲッジ側)にスライドさせて空間を確保することもできますしね。

近年のコンパクトカーはいいですね。冬道のスタート時はFF状態でも十分ですが、4WDに切り替えるとスタートが鈍くはなるものの空転がおさえられることからスムーズなスタートができます。どちらかというと、減速・停車時にABSがすぐ作動するような印象を受けました。ブレーキの踏み加減もあるのでしょうけど、若干気になるところではあります。

日産 キューブ '08

日産 キューブ ’08 (出典:favcars.com)

ちなみにタイヤは標準サイズのピレリ・アシンメトリコの新品購入です。コーナーなどは問題ないのですけどね。まだ購入して1年経過しておりませんが、最高の一台と出会えたと感じています。これからまだまだお世話になることとなりますが、数々の経験や思い出をキューブと一緒に作っていきたいと思っています。

今の時点ではこれからもコンパクトカーを乗り続けたい、さらに言えば、キューブを代々乗り継いでみたいと考えています。機会があればこの3代目キューブより前のモデルも乗ってみたいですね。→日産キューブの総合情報ページへ

日産 キューブの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK