BMW 3シリーズ (5代目 ’05-’12):ボディサイズを更に拡大し居住性をアップ [E90]

シェアする

BMW 325i sedan 2005

BMW 325i sedan 2005 (出典:favcars.com)

BMWの主力モデル「3シリーズ」は、2005年に7年ぶり4度目のフルモデルチェンジを実施し、5代目のE90型に移行しました。先代E46型から更にボディサイズが拡大され居住性が向上すると共に、装備の充実が図られました。又、全車にバルブトロニック搭載エンジンを採用し、出力と燃費が向上した事も特徴でした。日本では同年4月から販売が開始されました。

ボディは全長と全幅を拡大

ボディのバリエーションは4ドアセダン、クーペ、カブリオレ、ツーリング(ステーションワゴン)の全4タイプで、3代目と4代目にラインナップされた3ドアハッチバックの「コンパクト」は廃止されました。ボディサイズは全長4,525~4,590mm×全幅1,780~1,815mm×全高1,385~1,450mmで、先代から全長と全幅が拡大され、ホイールベースも35mm延長され2,760mmとなりました。

BMW 325i sedan 2005

BMW 325i sedan 2005 (出典:favcars.com)

サスペンション形式は、フロントはストラット式を踏襲し、リアは先代のセントラルアーム(マルチリンク)式から5リンク式に変更されました。駆動方式は従来同様FRがメインで、一部モデルにフルタイム4WDが設定されました。発売当初日本に導入されたグレードは、全てガソリンエンジン搭載の「320i」「323i」「325i」「330i」の4種類で、2006年秋に「330i」に代わり「335i」がラインナップされました。

BMW 320d touring 2006

BMW 320d touring 2006 (出典:favcars.com)

各グレードの搭載エンジンは、「320i」が唯一の直4で2L(最高出力150ps/最大トルク20.4kgm)、それ以外は全て直6で「323i」が2.5L(最高出力192ps/最大トルク23.5kgm)、「325i」が2.5L(最高出力218ps/最大トルク25.5kgm)、「330i」が3L(最高出力258ps/最大トルク30.6kgm)、「335i」が3Lターボ(最高出力306ps/最大トルク40.8kgm)でした。日本仕様のトランスミッションは全車6速トルコン式ATで、「320i」のみ6速MTも用意されました。

各種装備が充実

BMW 320d touring 2006

BMW 320d touring 2006 (出典:favcars.com)

装備面では、前者にオートライトやオートワイパー、メモリー機能付き電動シートが備わる他、ランフラットタイヤが採用された事もトピックでした。更に上級グレードには電子制御式のアクティブステアリング、曲がる方向を照射するアダブティブヘッドランプ、ETC内蔵ルームミラー、HDDナビゲーションシステム、新インフォテインメントシステム「iDrive」などが装備されました。

BMW 328i cabrio 2007

BMW 328i cabrio 2007 (出典:favcars.com)

そして2008年に「320i」用エンジンの最高出力が156psに向上、追って同年秋のマイナーチェンジの際にはセダン/ツーリングにフェイスリフトが実施されると同時に、日本の立体駐車場への入庫に配慮しドアノブが変更され、全幅が15mm狭い1,800mmとなりました。次いで2010年には、クーペ/カブリオレにもフェイスリフトが行われました。

BMW 328i coupe 2006

BMW 328i coupe 2006 (出典:favcars.com)

同時に「320i」のエンジンが直噴化され、アウトプットが最高出力170ps/最大トルク21.4kgmに向上した他、全グレードにおいて燃費が大幅に改善されました。そして2012年にフルモデルチェンジが行われ、現行型となるF30型にバトンタッチされました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます