シトロエン サクソ (’96-’03):プジョー・106の姉妹車種となったAXの後継モデル [S8N]

シェアする

シトロエン サクソ3Dr 1996

シトロエン サクソ3Dr 1996 (出典:favcars.com)

シトロエンは1996年、1986年のデビュー以来すでに10年が経過していた「AX」に代わるエントリーモデルとして、「サクソ」を発売しました。AXが「プジョー・205」のプラットフォームをベースにホイールベースを短縮し、全く別物のボディを架装したのに対し、サクソでは「プジョー・106」のプラットフォームやボディシェルをそのまま流用する手法が取られました。

ボディサイズをAXから一回り拡大

ボディバリエーションは、AXと同様3ドアと5ドアのハッチバックが用意され、スタイリングは直線基調のAXに対し丸みを帯びたフォルムへと大きく変化しました。又、前述の通りプジョー・106とは基本的に共通のプロポーションを持つものの、フロント廻りとリア廻りのデザインや、サイドウィンドウのグラフィックが異なっていました。

シトロエン サクソ3Dr 1996

シトロエン サクソ3Dr 1996 (出典:favcars.com)

ボディサイズは全長3,720~3,735mm×全幅1,595~1,620mm×全高1,360~1,380mmで、プジョー・106に近いディメンションとなり、AXと比較すると一回り拡大されていました。ホイールベースはプジョー・106と同一の2,385mmで、AXからは100mm程延長されました。車両重量は日本仕様で940~970kgとなり、同じく日本仕様のAXよりも100kg以上重くなりました。

シトロエン サクソ3Dr 1996

シトロエン サクソ3Dr 1996 (出典:favcars.com)

サスペンション形式もプジョー・106と共通で、フロントはAXとも同一となるマクファーソンストラット/コイル式、リアはトレーリングアーム式である点はAXと同一ながら、スプリングがトーションバーからコイルとなった事が相違点でした。ブレーキは、標準的なグレードがフロント:ディスク式/リア:ドラム式、高性能グレードがフロント:ベンチレーテッドディスク式/リア:ディスク式でした。

シトロエン サクソ5Dr 1999

シトロエン サクソ5Dr 1999 (出典:favcars.com)

駆動方式はFFを踏襲し、本国仕様のエンジンは1.1L、1.4L、1.6L及び1.6L16バルブのガソリンユニットと、1.5Lのディーゼルユニットが用意されました。一方インテリアは、プジョー・106とは全く異なるデザインのインパネやシートが採用されました。又、安全装備として4W-ABSやSRSデュアルエアバッグシステム、プリテンショナー付きシートベルトが標準装備されました。

日本には1.6L車のみ導入

そして1997年と2000年の2度のマイナーチェンジを経た後、2003年に後継モデル「C3」にバトンを渡し生産終了となりました。日本では1997年2月に、商標の関係で車名が「シャンソン」に変更された上で販売が開始されました。導入されたグレードは3ドアの「SX」と5ドアの「V-SX」で、パワートレインは共に1.6L直4SOHCエンジン(最高出力90ps/最大トルク14kgm)と3速トルコン式ATの組み合わせでした。

シトロエン サクソ Electrique 1999

シトロエン サクソ Electrique 1999 (出典:favcars.com)

そして、1999年4月からは車名が本国と同一のサクソに変更されると同時に、導入されるグレードが1.6L 直4DOHCエンジン(最高出120ps/最大トルク14.7kgm)+5速MT搭載の3ドアモデル「VTS」に切り替えられました。又、装備面ではアルミホイールやパワーウィンドウなどが追加されました。そして2003年4月に60台限定で発売された「スーパー1600」が、日本におけるラストモデルとなりました。

トヨタ車の買取り・下取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます