ダイハツ エッセ (2005-2011):カジュアルな軽エントリーモデルとして誕生 [L235S/245S]

シェアする

ダイハツ工業は2005年12月、「シンプルでおしゃれなカジュアルミニ」をコンセプトとするエントリークラスの軽乗用車「エッセ」を発売しました。プラットフォームは6代目「ミラ」と共通で、個性的な内外装デザインや軽量設計による燃費性能の高さ、低廉な価格設定などがセリングポイントでした。

ラインナップは5ドア+NAエンジンのみ

ボディタイプは5ドアハッチバックのみの設定で、スタイリングは曲線基調の台形フォルムが特徴でした。ボディサイズは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,470mmで、ミラよりも全高が30mm低く、ホイールベースは共通の2,390mmでした。車両重量はミラと同等の700~770kgで、トールワゴンタイプと比較すると軽量に抑えられていました。

駆動方式はミラと同様にFFとフルタイム4WDが設定され、サスペンション型式もフロント:ストラット式/リア:トーションビーム式(FF)・3リンク式(4WD)が踏襲されました。エンジンは、新開発された660cc直3DOHC NA DVVT仕様のKF-VE型(最高出力58ps/最大トルク6.6kgm)のみが用意され、他の同社製軽自動車と異なりターボエンジンの設定はありませんでした。

トランスミッションは、3速及び4速トルコン式ATと5速MTが設定されました。室内は、センターメーター採用のインパネや、一部が鉄板剥き出しとなるドアパネルの採用などが特徴でした。安全装備面では、全車にSRSデュアルエアバッグシステムが採用された一方で、ABSは全車オプション扱いでした。

当初のグレード体系は、下から「エコ」「D」「L」「X」の4タイプがラインナップされ、L/Xにパワードアロックやキーレスエントリーなどが、更にXにはオートエアコンや電動格納式ミラーなどが標準装備されました。そして2006年9月にDが仕様変更を受け、インパネがモノトーンからツートーンに変更されました。

エアロパーツ装着グレードを追加

追って同年12月の一部改良で静粛性の改善が図られると共に、エアロパーツやアルミホイールなどが装着される新グレード「カスタム」が追加されました。次いで2007年9月、ダイハツ創立100周年記念特別仕様車として、専用の内装色を採用すると共に装備の充実化を図った「VSメモリアルエディション」が設定されました。

追って同年11月には、Dをベースにブラック基調のインテリアを採用し、装備を追加した特別仕様車「Dセレクション」が設定されました。次いで2009年4月の仕様変更で装備の充実化が図られると共に、エコとLが廃止されました。続いて同年9月、Xに仕様変更を施し「環境対応車普及促進税制」及び「環境対応車普及促進対策補助金」に適合した「Xスペシャル」が追加されました。

続いて2010年4月の一部改良で、Dのホイールが12インチからX/カスタムと同様の13インチに変更されました。そして2011年9月、究極のエコカーとしてデビューを飾った「ミライース」に後を譲り、生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK