ホンダ フィット (初代 ’01-’07):優れたスペースユーティリティーを実現し大ヒット [GD1-4]

シェアする

ホンダ フィット '06

ホンダ フィット ’06 (出典:favcars.com)

ホンダのコンパクトカー「フィット」の初代モデルは、2001年6月に「ロゴ」の後継モデルとして発売されました。ロゴは、スタイリングやパッケージングが平凡で、「トヨタ・ヴィッツ」や「日産マーチ」等の競合車種に太刀打ち出来ず、販売が低迷していました。その反省もあり、フィットでは車名の変更と共に他車と差別化する対策が取られました。

センタータンクレイアウトでライバルと差別化

5ドアハッチバックのボディは、ワンモーションフォルムの個性的なスタイリングとCピラーにウィンドウを備える点が、他のコンパクトカーとは異なっていました。ボディサイズは、全長3,830mm×全幅1,675mm×全高1,525mm~1,550mmで、ロゴよりも一回り大きく、居住性を重視した為全高が高く設定されていました。

ホイールベースはロゴよりも90mm長い2,450mmで、このクラスとしては長大なものでした。車両重量は980kg~1,070kgで、ライバル車とほぼ同等に抑えられていました。そして、最大の特徴は、燃料タンクをフロントシートの下に配置した新しいプラットフォーム「グローバル・スモールプラットフォーム」を採用した事でした。

ホンダ フィット '06

ホンダ フィット ’06 (出典:favcars.com)

これにより、従来のコンパクトカーよりも広い室内スペースと、リアシートを床下に格納する事でフルフラットになるカーゴスペースが実現し、ライバルに対する大きな武器になりました。又、シートの高さが巧妙に設定された為、乗降性は極めて良好で、街中での利用が多いコンパクトカーとして大きなメリットになりました。

新設計のエンジンを搭載、ハンドリングを重視

エンジンもロゴから刷新され、2本のプラグによる位相差点火方式「i-DSI」を採用する、1.3L直4SOHCユニット「L13A型」が搭載されました。最高出力と最大トルクは、86ps/12.1kgmでした。トランスミッションはCVTで、駆動方式はFFの他にデュアルポンプ式フルタイム4WDが用意されました。

サスペンションは、前ストラット式/後リジッドアクスル式(FF)・ドディオンアクスル式(4WD)の手堅い方式が採用されました。操縦安定性を重視した足回りのセッティングにより、運転を積極的に楽しめる機敏なハンドリングを備えていた反面、乗り心地はファミリーカーとしては硬めでした。

マイナーチェンジで様々な改良を受け完成度がアップ

2002年9月に、1.5Lモデルが追加されました。エンジンは、L13A型をベースに排気量を拡大しVTECを搭載した「L15A型」で、最高出力と最大トルクは110ps/14.6kgmでした。トランスミッションは7速マニュアルモード付CVTで、1.3Lモデル同様FFと4WDが用意されました。車両重量は若干増加し、1,010kg~1,090kgとなりました。

2003年10月にマイナーチェンジが実施され、サスペンションのチューニングとフロントスタビライザーの大径化、フロアの改良等により、操縦安定性を向上させると共に、課題だった乗り心地の改善が図られました。又、ステアリングフィールを向上させる為のリファインも行われ、持ち味のファン・トゥ・ドライブに一段と磨きが掛かりました。

2004年6月のマイナーチェンジでは、内外装の仕様が一部変更されると共に、エンジンが高効率化され燃費が向上しました。又、1.5LのFFモデルに5速MT仕様が追加されました。更に、2005年12月のマイナーチェンジの際に、エクステリアデザインの一部変更と共に装備の充実が図られました。→ホンダ・フィットの総合情報ページへ

フィット/ハイブリッドの購入を検討中なら、こちらもチェック!

フィット/ハイブリッドの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK