ホンダ アコード (6代目 ’97-’02):全車にVTECエンジンを搭載すると共に4WD車を設定 [CF3/4/5/CL1/3]

シェアする

ホンダ アコード セダン 1997

ホンダ アコード セダン 1997

1976年に初代モデルがデビューした本田技研工業の小型乗用車「アコード」は、1997年9月に5度目のフルモデルチェジを受け6代目モデルに移行しました。国内専用設計となり5ナンバー仕様車が復活した他、全車にVTECエンジンが搭載されました。又、従来からのFF車に加え、歴代モデル初のフルタイム4WD車が設定された事も特徴でした。

ボディはセダン/ワゴンの2タイプに

ボディタイプは4ドアセダンと国内生産に切り替えられた5ドアステーションワゴンの2タイプで、先代に設定のあった2ドアクーペは廃止されました。スタイリングは、先代のイメージを受け継ぎながらより引き締まったフォルムに変貌しました。ボディサイズは全長4,635~4,740mm×全幅1,695~1,730mm×全高1,420~1,445mmで、先代から全長・全幅が縮小されました。

ホンダ アコード セダン 1997

ホンダ アコード セダン 1997

又、ホイールベースも50mm短縮され2,665mmとなりました。サスペンション形式は4輪ダブルウィッシュボーン式を踏襲しつつ、リアに新開発の5リンク・ダブルウィッシュボーン式が採用されました。エンジンは先代譲りの直4ユニットF型で、セダンには当初1.8L SOHCのF18B型と、2L SOHC、同リーンバーン仕様、同DOHCの3種類のF20B型が用意されました。

ホンダ アコード ワゴン 1997

ホンダ アコード ワゴン 1997

一方ワゴンには、2.3L SOHCのF23A型が搭載されました。最高出力/最大トルクはそれぞれ140ps/17.2kgm、150ps/19kgm、145ps/18.2kgm、200ps/20kgm、160ps/21kgmとなり、トランスミッションは4速トルコン式ATの他、F20B型リーンバーン/F23A型エンジン搭載車を除き5速MTが設定されました。

ホンダ アコード セダン 1997

ホンダ アコード セダン 1997

当初のグレード体系は、セダンは下からF18B型エンジン搭載の「1.8VTS」、F20B型SOHCエンジン搭載の「2.0VTS」「2.0VTS 4WD」、同リーンバーンエンジン搭載の「2.0LEV」、同DOHCエンジン搭載の「SiR-T」「SiR」の全6タイプが、ワゴンは「2.3Vi」「2.3Vi 4WD」「2.3VTL」「2.3VTL 4WD」の4タイプがラインナップされました。

ホンダ アコードのCM

高性能グレードを追加

安全装備面では、全車にSRSデュアルエアバッグシステムやABSが、更にSiRには横滑り防止装置「VSA」が採用されました。そして1991年1月の一部改良で内外装デザインが一部変更されると共に、セダン2.0VTSシリーズのエンジンがリーンバーン仕様に置換されました。同時に、ワゴンに2.3L直4DOHCのH23A型エンジン(最高出力200ps/最大トルク22.5kgm)を搭載する「SiR」が追加されました。

ホンダ アコード セダン 1997

ホンダ アコード セダン 1997

次いで2000年6月のマイナーチェンジにより、エクステリアデザインが一部変更されました。同時に、セダンに2.2L直4DOHCのH22A型エンジン(最高出力220ps/最大トルク22.5kgm)+5速MTを搭載し、専用の内外装や足回りなどを奢ったスポーティグレード「ユーロR」が、ワゴンにH23A型エンジン(最高出力190ps/最大トルク22.5kgm)を搭載する4WDグレード「SiR 4WD」が追加されました。

ホンダ アコード セダン Euro R 2000

ホンダ アコード セダン Euro R 2000

そして2002年10月にフルモデルチェンジが実施され、7代目モデルに移行しました。

セダン・ワゴンの人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK