メルセデス・ベンツ Cクラス (3代目 ’07-’15):アジリティを追及すると共に2種類のマスクを用意 [W204]

シェアする

2007年1月のジュネーブショーにおいて、ダイムラー・クライスラー(現ダイムラーAG)は7年ぶりにリニューアルした新型「Cクラス」(3代目W204型)を出展、同年3月に欧州での販売を開始しました。同社の伝統であった走行安定性最重視からアジリティ=俊敏性の両立へと方向転換が図られた他、「エレガンス」「アヴァンギャド」の2種類のフロントマスクが設定された事が特徴でした。

ボディサイズを拡大

ボディタイプは当初、4ドアセダンと5ドアステーションワゴン「エステート」が用意され、スタイリングはヘッドランプの形状変更やウェッジシェイプの採用により、躍動的なイメージに変貌しました。又、エレガンス系には伝統的なフロントグリルが、アヴァンギャルド系には「クーペグリル」と称する精悍なフロントグリルが与えられました。

セダンのボディサイズは全長4,582mm×全幅1,770mm×全高1,447mmで、先代から若干拡大されると共に、ホイールベースも45mm延長され2,760mmとなりました。サスペンション形式は、フロントはストラット式から3リンク式に変更され、リアはマルチリンク式が踏襲されました。駆動方式は先代同様、FRとフルタイム4WDの「4MATIC」が設定されました。

当初の搭載エンジン及びグレード体系は、ガソリンは1.8L直4スーパーチャージド(最高出力156ps)の「C180コンプレッサー」、同ハイチューン版(最高出力184ps)の「C200コンプレッサー」、2.5L V6 NA(最高出力204ps)の「C230」、3L V6 NA(最高出力231ps)の「C280」、3.5L V6(最高出力272ps)の「C350」、6.2L V8NA(最高出力457ps)の「C63AMG」がラインナップされました。

一方ディーゼルは、2.2L直4ターボ(最高出力136ps)の「C200CDI」、同ハイチューン版(最高出力170ps)の「C220CDI」、3L V6ターボ(最高出力224ps)の「C320CDI」のラインナップでした。トランスミッションは、直4モデルには6速MT又は5速トルコン式ATが、V6モデルには6速MT又は7速トルコン式「7G-トロニック」が、C63AMGには7速トルコン式AT「AMGスピードシフト」が組み合わせられました。

ブルーエフィシェンシー・シリーズが登場

そして2008年から2009年にかけ、燃費・環境性能を改善した「ブルーエフィシェンシー」シリーズが登場しました。ラインナップは、ガソリンモデルはC180/C200コンプレッサーに代わりエンジンを1.8L直4ターボに置換した「C180/C200CGIブルーエフィシェンシー」が、C350に代わり「C350CGIブルーエフィシェンシー」が用意されました。又、C280はグレード名が「C300」に変更されました。

一方ディーゼルモデルは、C200/C220/C320CDIに代わり「C200/C220/C350CDIブルーエフィシェンシー」がラインナップされました。又、C63AMGの新たなバリエーションとして、チューニングによりエンジンの最高出力を487psに高めると共に、強化された足回りが備わる「C63AMGパフォーマンスパッケージ」が追加されました。

クーペを追加

次いで2011年にマイナーチェンジが実施され、内外装の変更と共に総合的な完成度の向上が図られました。更に同年、先代に設定のあった2ドアクーペが全面的にリニューアルされ「Cクラスクーペ」の名で復活を遂げました。グレードは、C180ブルーエフィシェンシー/C220CDIブルーエフィシェンシー/C250ブルーエフィシェンシー/C63AMGクーペがラインナップされました。

そして2014年にセダンが、2015年にクーペがフルモデルチェンジを受け、現行W205型に移行しました。日本市場における3代目Cクラスは、ガソリンエンジン+AT仕様車のみが導入されました。まず2007年にセダンC200コンプレッサー/C250/C300/C63AMGが上陸し、翌2008年にワゴンC200コンプレッサー/C250/C63AMGが追加されました。

次いで2009年にセダン/ワゴンC250がC250CGIブルーエフィシェンシーに、翌2010年にセダン/ワゴンC200コンプレッサーがC200CGIブルーエフィシェンシーに置き換えられました。続いて2011年、C180ブルーエフィシェンシー/C250ブルーエフィシェンシー/C63AMGクーペの販売が開始されました。そして2014年7月にセダンが、2016年3月にクーペが現行型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます