ダイハツ ムーヴ (初代 ’95-’98):ワゴンRのフォロワーとして登場し、大ヒット [L600/610S]

シェアする

ダイハツ ムーヴ '95 (出典:carsensor.net)

ダイハツ ムーヴ ’95 (出典:carsensor.net)

ダイハツの軽トールワゴン「ムーヴ」は、このタイプの元祖的存在である「スズキ・ワゴンR」の登場から遅れる事約2年の、1995年8月に発売されました。「ミラ」のプラットフォームを流用し(ホイールベースも同一)、ワゴンRに類似したプロポーションを持つ背の高い1.5ボックスボディを備えていました。

トールボディながら軽量設計、エンジンは新開発

ボディサイズは、全長と全幅は当時の軽自動車規格一杯の3,295mm×1,395mmで、全高はミラなどのハッチバック車より遥かに高く、ワゴンRよりは若干低い1,620mmでした。ボディ形状は、極限まで短縮されたボンネットと大きなグラスエリアを持つ点はワゴンRと共通ながら、左側後部にもドアを備える5ドアであった事と、テールゲートが横開き式である事が相違点でした。

車両重量は、690kg~800kgで、ボディ容積の拡大に伴いミラより重くなったものの、ワゴンRよりは30kg程軽量に仕上げられていました。エンジンはミラとは異なり、新開発された直3 DOHC NAのEF-GL型とEF-ZL型、及び直4 DOHCターボのJB-JL型の3種類が用意されました。最高出力と最大トルクは、それぞれ52ps/5.8kgm、55ps/6.2kgm、64ps/10.2kgmでした。

トランスミッションは、全グレードに5速MTが用意された他、NA車には3速、ターボ車には4速のトルコン式ATが設定されました。駆動方式はFFがベースで、NA車にのみ4WDが用意されました。4WDの方式は、AT車がフルタイム式、MT車が軽乗用車では少数派となっていたパートタイム式でした。サスペンションは、前マクファーソンストラット式/後セミトレーリングアーム式(FF)・トレーリングリンク式(4WD)でした。

インテリア面では、ミラのダッシュボードが流用された他、シートポジションもミラとほぼ同一で、全高の割には低いものでした。その点、専用設計のダッシュボードを持ち、シートポシジョンも全高に合わせ高めに設定されていたワゴンRとは相違がありました。一方、後席のスライドが可能である点が、ワゴンRにはない特徴でした。

新エンジンや派生モデルを追加

1996年9月の一部改良により、全グレードに運転席SRSエアバッグシステムが装備された他、エンジンのバリエーションに新たに直3 DOHCターボのEF-RL型(最高出力64ps/最大トルク10.7kgm)が加わりました。1997年5月の一部改良の際には、フロントグリルやフロントフェンダーの形状を変更し、スポーティな雰囲気に仕上げた派生モデル「カスタム」が追加されました。

ダイハツ ムーヴ カスタム '97 (出典:carsensor.net)

ダイハツ ムーヴ カスタム ’97 (出典:carsensor.net)

初代ムーヴは、一部の評論家から、ワゴンRのコンセプトをコピーした商品であると酷評される事がありました。しかし、優れた居住性や使い勝手の良さにより消費者からの反応は上々で、発売当初からワゴンRと人気を二分するベストセラーとなりました。→ダイハツ・ムーヴの最新総合ページへ

ムーヴ/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

ムーヴ/カスタムの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます