日産 マキシマ (2代目 ’84-’88):駆動方式をFFに変更して日米同時に発売 [PU11]

シェアする

日産 マキシマ ハードトップ 1986

1981年に初代モデルが「ダットサン・810マキシマ」の車名でデビューした日産自動車の北米市場向け小型乗用車「マキシマ」は、1984年10月のフルモデルチェンジにより2代目モデルに移行しました。日米同時に発売され、日本市場においては「ブルーバードマキシマ」の車名でリリースされました。先代との最大の相違点は、駆動方式がFRからFFに変更された事でした。

ボディはセダンと4ドアハードトップ

生産は、先代G910型同様に日本国内の工場で行われました。ボディタイプはセダンと4ドアハードトップがラインナップ。スタイリングは、先代の流れをくむ直線基調のボクシーなフォルムを備えていました。

日産 マキシマ セダン 1984

ボディサイズは全長4,610mm×全幅1,689mm×全高1,389mmで、ブルーバードマキシマとの比較では全長が90mm長く設定されていました。ホイールベースはブルーバードマキシマと共通の2,550mmで、サスペンション形式もブルーバードマキシマ同様の4輪ストラット式が採用されました。

FFで日本車初のV6エンジンを搭載

エンジンは、先代の2.4L直6ガソリンのL24E型および2.8L直6ディーゼルのLD28型に代わり、FFの日本車として初のV6エンジンとなる3L V6SOHCのVG30E型(最高出力160ps/最大トルク25.2kgm)が採用されました。一方、ブルーバードマキシマに設定のあった2L V6SOHCのVG20E型およびVG20ET型は、北米向けマキシマには最後まで用意されませんでした。

日産 マキシマ ハードトップ 1984

トランスミッションは、先代同様5速MTと4速トルコン式ATが設定されました。グレード体系は、当初下からベースグレード、「GL」、「GXE」がラインナップされました。装備面では、GL/GXEには15インチアルミホイール、パワーウィンドウ、パワーシート、リモートトランクオープナーなどが標準装備された他、オプションで電動サンルーフが用意されました。

日産 マキシマ ハードトップ 1984

ステーションワゴンを追加

その後1986年末にマイナーチェンジが実施され、スラントノーズの採用など内外装デザインが変更されました。追って翌1987年2月には、5ドアステーションワゴンがラインナップに加わりました。ボディサイズは全長4,694mm×全幅1,689mm×全高1,415mmで、セダンとの比較では全長が84mm、全高が26mm拡大されていました。

日産 マキシマ ハードトップ 1984

次いで1988年、前方の路面状況を監視し、最適な乗り心地を提供する電子制御式サスペンションが設定されました。また、リアスポイラーや4輪ディスクブレーキ、減衰力可変式サスペンションなどが装備される新グレード「SE」が追加されました。そして1988年にフルモデルチェンジが実施され、3代目J30型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK