ポンティアック グランダム (2代目 ’77-’80):プラットフォームを一新して2年ぶりに復活

シェアする

ゼネラルモーターズ(GM)のポンティアック・ブランドから1972年に発売された小型車「グランダム」は、1975年に一旦生産終了となったものの、1977年に全面的にリニューアルされた2代目モデルとなって復活を果たしました。プラットフォームが先代の「Aプラットフォーム」から「Gプラットフォーム」に変更されたほか、ボディサイズとエンジンがダウンサイジングされました。

当初は4.9L V8エンジンを搭載

ボディタイプは、先代同様2ドアクーペと4ドアセダンがラインナップされました。エクステリア・デザインは先代から一転し、直線基調のスクエアなフォルムに変貌しました。また、フロントマスクは中央部分が突き出た2分割タイプが継承されたものの、先代よりも大人しい造形となったほか、ヘッドランプが丸型2灯式から角型2灯式に変更されました。

ボディサイズは全長5,044mm×全幅1,834mmで、先代から一回り以上縮小されました。同時にホイールベースも100~200mmほど短縮され、2,746mmとなりました。駆動方式はコンベンショナルなFRを踏襲し、エンジンは当初先代の6.6L V8OHVに代わり、4.9L V8OHV2バレル・キャブレター仕様の「ポンティアックV8」(最高出力142ps)が標準となりました。

そのほかに、オプションで同じ排気量の4バレル・キャブレター仕様(最高出力157ps)が用意されました。トランスミッションは先代同様3速トルコン式AT「ターボハイドロマチック」が標準で、オプションで4速MTが設定されました。また、ブレーキも先代同様フロントにディスク式、リアにドラム式が装備されました。

エンジンを置換

室内は、ベンチタイプのフロントシートが標準となり、バケットシートはオプション扱いとなりました。装備面では、オプションでパワーウィンドウやチルトステアリングホイール、タコメーター、クルーズコントロール、サンルーフなどが用意されました。その後同じモデルイヤーに、エンジンが排出ガス規制に対応した5L V8OHV「シボレーV8」(最高出力137psまたは147ps)に置換されました。

次いで1979年モデルでメーターパネルが変更されると同時に、パワートレインが3.8L V6OHVの「ビュイックV6」エンジン(最高出力137psまたは152ps)と3速MTの組み合わせが標準となり、5L V8はオプション扱いとなりました。続く1980年モデルでは、4ドアセダンが廃止され2ドアクーペに一本化されました。同時に、標準のフロントシートがベンチタイプからバケットタイプに変更されました。

2代目グランダムの人気は下降線をたどったため、このモデルイヤーの翌年に早くも生産が打ち切られました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK