トヨタ プリウス (初代 ’97-’03):カーオブザイヤーに輝いた世界初のハイブリッド車 [NHW10/11]

シェアする

トヨタ プリウス '97

トヨタ プリウス ’97 (出典:favcars.com)

トヨタ「プリウス」は、世界で初めてのハイブリッド量販車として、1997年12月に発売されました。ハイブリッドシステムのみならず、ボディやプラットフォームはプリウス専用に新設計されたものでした。ボディは4ドアセダンのみが用意され、スタイリングは空気抵抗軽減を配慮した流麗なボディラインが特徴でした。

カローラクラスのボディにスプリット方式のハイブリッドシステムを搭載

ボディサイズは、全長4,275mm×全幅1,695mm×全高1,490mmで、全長と全幅の数値は同社の小型車「カローラ」に近く、居住性を重視した為全高が10cm程高く設定されていました。車両重量は、ハイブリッドユニットの重量が嵩む為、カローラよりも300kg近く重い1,240kgでした。サスペンションは、前ストラット式/後トーションビーム式の手堅い方式が採用されていました。

パワートレインは、スプリット型のハイブリッドシステムが搭載されました。この方式は、他の方式よりも構造が複雑で高度な制御を要する一方、総合効率に優れるメリットがあります。トランスミッションは、システムの方式上通常のCVTではなく、電子式の無段変速機が組み合わせられました。トヨタではこの方式を「トヨタ・ハイブリッド・システム(THS)」と称し、他のハイブリッドモデルにも受け継がれました。

トヨタ プリウス '97

トヨタ プリウス ’97 (出典:favcars.com)

THSは、アトキンソンサイクルを採用した1NZ-FX型1.5L直4エンジンと交流同期型モーターで構成され、エンジンの最高出力と最大トルクは58ps/10.4kgmで、モーターの最高出力は30kwでした。駆動方式は、このクラスの小型車として一般的なFF方式が採用されました。

低燃費を実現し、各方面で高評価

バッテリーはニッケル水素型が採用され、エンジンで駆動する発電機により充電され、減速時にはエネルギー回生によっても充電されました。燃費は28km/Lと当時としては大変優秀で、20km/Lを超えれば低燃費車と言われた時代に、この数値は傑出したものでした。

インテリア面では、デジタル式メーターを備えるセンターメーター方式が採用され、アバンギャルドな雰囲気を醸していました。センターメーターの採用は、メーター確認時の視線移動を少なくする為のアイデアでしたが、結果的に新世代の乗用車に相応しいデザインとなりました。

トヨタ プリウス '97

トヨタ プリウス ’97 (出典:favcars.com)

初代プリウスは、その先進性と環境性能の高さが専門家筋から高く評価され、1997年の日本カーオブザイヤーと1998年のRCJカーオブザイヤーに輝きました。又、スタイリング面の評価も高く、1998年度のグッドデザイン賞に選定されるなど、各方面から賞賛を受けました。

マイナーチェンジで加速性能と燃費が向上

2000年5月にマイナーチェンジを受けて型式が変わり、パワートレインが改良されました。エンジンの最高出力と最大トルクが72ps/11.7kgmに、モーターの最高出力が33kwに向上し、加速性能が改善されると共に、燃費も向上し29km/Lとなりました。又、北米への輸出開始に伴い、現地の安全基準をクリアする為前後のバンパー形状が変更され、全長が35mm延長されると共に、リアスポイラーが新設されました。

そして、バッテリーが小型化された事に伴いトランクルームのスペースが拡大すると共に、リアシートが4:6の分割式となるなど、使い勝手も更に向上しました。次いで2002年8月には、ハイブリッドシステムの制御が改善され、燃費が31km/Lまで向上しました。そして、2003年9月を持って販売が終了し、2代目モデルへとバトンタッチされました。→トヨタ・プリウスの総合情報ページへ

プリウスの購入を検討中なら、こちらもチェック!

プリウスの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK