トヨタ カムリ (7代目 ’01-’06):プラットフォームを刷新しボディサイズを拡大 [XV30]

シェアする

トヨタ カムリ 2004 XV30

トヨタ自動車は2001年9月、1980年にリリースした「セリカ・カムリ」から通算して7代目モデルとなる新型「カムリ」(XV30型)を発売しました。先代XV20型からプラットフォームを刷新し3代目「ウィンダム」がベースとなり、ボディサイズやホイールベースの拡大により居住性が更に向上した事が特徴でした。同時に最小回転半径が0.2m縮小され、取り回し性も向上しました。

4ドアセダンに一本化

ボディタイプは、先代に設定されていたステーションワゴンとクーペ(北米仕様のみ)が廃止され、4ドアセダンに一本化されました。ボディサイズは全長4,815mm×全幅1,795mm×全高1,490~1,500mmで、特に全高が先代から大幅に拡大されました。ホイールベースは50mm延長され2,720mmとなり、車両重量も先代セダンから若干増加し初期型で1,420~1,530kgとなりました。

トヨタ カムリ 2004 XV30

サスペション形式は4輪ストラット式を踏襲する他、一部グレードに電子制御サスペンション「H∞(インフィニティ)-TEMS」が採用されました。駆動方式は、先代同様にFFとフルタイム4WDが設定されました。エンジンは2.4L直4DOHCの2AZ-FE型(最高出力159ps/最大トルク22.4kgm)に変更・一本化され、トランスミッションは先代同様全車4速トルコン式ATが組み合わせられました。

グレード体系は2タイプが基本

安全装備面では、全車にSRSデュアルエアバッグシステムやEBD付きABS、ブレーキアシスト、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトが採用されました。グレード体系はフルタイム4WDも選べる標準グレード「2.4G」と、H∞-TEMSが備わるスポーティグレード「ツーリング」の2タイプが基本でした。

トヨタ カムリ 2004 XV30

更に、2.4GにはアルミホイールやSRSサイド&カーテンエアバッグシステムなどが装備される(FF車はH∞-TEMSも採用)「リミテッドエディション」と、それらに加えDVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーションが装備される「リミテッドエディションナビパッケージ」が、ツーリングにはDVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーションが装備される「ナビパッケージ」が設定されました。

トヨタ カムリ 2004 XV30

そして2003年7月の一部改良で、DVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーションが最新型にリニューアルされ、情報ネットワークサービス「G-BOOK」に対応すると共にMDが装備されました。次いで2004年7月のマイナーチェンジで、フェイスリフトやリアコンビネーションランプの意匠変更が実施され、それに伴い車両重量が10kg増加しました。

トヨタ カムリ 2004 XV30

そして2006年1月にフルモデルチェンジが実施され、XV40型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK