スズキ ハスラー買取り/下取り査定価格の相場-2017年版

シェアする

スズキ ハスラー JスタイルII 2015 (出典:suzuki.co.jp)

スズキ ハスラー JスタイルII 2015 (出典:suzuki.co.jp)

スズキ ハスラーの正確な買取り査定価格をすぐ知りたいなら

スズキ ハスラーの買取り価格を知りたいなら、パソコン・スマートフォンからすぐに出来る車一括査定サービスを利用しましょう。「かんたん査定ガイド」一回の入力で、ガリバーやアップルなど大手買取り専門店の査定を申し込むことができます。

btn_satei600x100

スズキ ハスラーの「下取り価格」には2つの意味がある

今乗っているハスラーを買い換えようと思った時、処分方法として一番一般的なのが、ディーラーでの「下取り」だと思います。しかし、この「下取り価格」には色々な意味があります。

1. 下取りしたハスラーは業者オークションで販売し利益を得る

スズキ ハスラー 2014

スズキ ハスラー 2014 (出典:favcars.com)

ディーラーは新車を販売することで利益を上げているので「下取りはお客様サービス」と思っている人が多いかもしれません。しかし、残念ながらそれは間違いで、ディーラーは下取りしたハスラーでもキッチリ利益を出します

中古車販売を併設しているディーラーを除き、一般的にディーラーは下取りした車両を業者専用のオークションに出品します。そのため、下取り査定に来たハスラーは業者オークションでどの程度の金額で取引されているかを調べ、オークションで売れそうな価格からディーラーの利益を引いた金額が基本的なハスラーの下取り価格となります。

この時設定されるディーラーの利益はハスラーの場合、約20~30万円程度で、一般的な買い取り専門店よりも利益幅が大きく設定してあります。ディーラーにとっては、新車販売での利益が本業で、下取りしたハスラーの売却利益は副業のような存在で、絶対に赤字を出さないように査定しています。

2. 販売する新車の値引きをハスラーの下取り査定に上乗せする

スズキ ハスラー 2015 (出典:suzuki.co.jp)

スズキ ハスラー 2015 (出典:suzuki.co.jp)

これが「下取り査定」を不透明にしている元凶と言えますが、ディーラーは新車の値引き額を大きくする事を避けたがります。(口コミで「Aさんは20万円引いてもらったらしいんだけど…」といった値引き額の一人歩きを避ける意味や、中古車市場での値崩れを避ける意味などがあります。)

そのために、「本来ならハスラーの下取り査定はゼロ円ですが、10万円付けます」というように、本来のハスラーの査定額よりも高い金額を提示してきます。ただし、この「本来よりも高い金額の提示」は、

  • 低めに見積もったハスラーの下取り額を高くする
  • 新車の値引きをハスラーの下取り額に回す

という複数の要素が組み合わさることで生み出されます。特に後者の「新車の値引きをハスラーの下取り額に回す」事は、ハスラーを下取りに出さなかった場合、新車の値引きとして受けられる金額なので、実質的には意味がありません。

「下取り査定」と「買取り査定」の違いを理解することが重要

「下取り査定」と「買取り査定」。同じ意味のように思えますが、ハスラーの買い換えにおいては大きく意味が異なります。ディーラーにおける「下取り」は本業の新車を販売して利益を得ることに付加する利益ですが、ガリバーなど買取り専門店では買取りが本業であるため、本気度が異なります。また、買取り専門店は、ディーラーの下取りだけでなく、同業の買取り専門店もライバルであるため、買取り査定額の提示は真剣勝負です。この違いを理解することで、ハスラーの買取り査定額を高くすることが出来ます。

スズキ ハスラーの買取り査定を高くするポイント

気になる新車があると、すぐにディーラーに行って現物を確認したくなりますが、その気持ちをグッと抑えてまずはネットでハスラーの一括査定サービスを受けましょう。ディーラーの下取り査定額が提示される前にハスラーの買取り査定を知っておくことで、ディーラーがどの位本気でハスラーの下取り額を提示してきているのかが判断できます。

スズキ ハスラーの買取り価格は「複数社の一括査定」で高くなる

業務で他社に仕事を依頼する際には「複数社に見積もりを取って、内容と価格をチェックする」いわゆる「相見積もり」が一般的ですが、プライベートになるとおろそかになる人も多いと思います。しかし、スズキ ハスラーの売却においても複数社に見積もりを出すと、各社のやる気が異なるため、提示額が大きく異なります。株式会社エイチームの「かんたん査定ガイド」など、ネットの一括査定サービスを利用することで、一回の入力で、ガリバーやアップルなど大手買取り専門店にハスラーの査定を申し込むことができます。

btn_satei600x100

スズキ ハスラーの下取り/買取り査定価格の相場は?

スズキ ハスラーは2014年に登場して以来、愛嬌のあるデザインとボクシーなフォルムを融合した軽SUVとして人気車となりました。年式・グレードなどによって査定相場は異なりますので、それぞれのモデルについて買取り相場を調べました。

スズキ ハスラー(MR31S/41S)の買取り/下取り査定相場

スズキ ハスラー 2015 (出典:suzuki.co.jp)

スズキ ハスラー 2015 (出典:suzuki.co.jp)

発売時期:2014年1月~

スズキの軽乗用車「ハスラー」は、軽自動車規格としては初となるクロスオーバーSUVモデルとして2013年12月に発表され、翌2014年1月に発売が開始されました。

それまでになかったレジャー志向の軽自動車だった事がユーザーから歓迎され、スズキが同年販売面で躍進し、ダイハツから軽自動車販売台数№1の座を奪還する原動力となりました。

スズキ ハスラーの買取り査定価格:査定例

年式 車種 グレード 走行距離、色、シフト 買取価格
H28  ハスラー 5D2WD(型式:MR41S)  JスタイルII  走行:2千km 年式:28年 色:黄II シフト:AT 121万円
H28  ハスラー 5D4WD(型式:MR41S)  JスタイルII  走行:2千km 年式:28年 色:緑II シフト:AT 129万円
H28  ハスラー 5D2WD(型式:MR41S)  X  走行:1千km 年式:28年 色:オレンジII シフト:AT 115万円
H28  ハスラー 5D2WD(型式:MR31S)  G  走行:1千km 年式:28年 色:緑 シフト:5MT 85万円
H28  ハスラー 5D4WD(型式:MR41S)  G  走行:3千km 年式:28年 色:黒 シフト:AT 103万円
H27  ハスラー 5D2WD(型式:MR41S)  Jスタイル  走行:4千km 年式:27年 色:赤 シフト:AT 104万円
H27  ハスラー 5D4WD(型式:MR31S)  Xターボ  走行:2千km 年式:27年 色:オレンジ シフト:AT 104万円
H27  ハスラー 5D2WD(型式:MR31S)  Gターボ  走行:1千km 年式:27年 色:ライトブルーII シフト:AT 99万円
H27  ハスラー 5D2WD(型式:MR41S)  Jスタイル  走行:1千km 年式:27年 色:赤II シフト:AT 105万円
H27  ハスラー 5D4WD(型式:MR41S)  G  走行:4千km 年式:27年 色:オレンジ シフト:AT 99万円
H26  ハスラー 5D2WD(型式:MR31S)  Gターボ  走行:1千km 年式:26年 色:赤II シフト:AT 93万円
H26  ハスラー 5D4WD(型式:MR31S)  Xターボ  走行:46千km 年式:26年 色:パールII シフト:AT 85万円
H26  ハスラー 5D2WD(型式:MR31S)  G   走行:52千km 年式:26年 色:赤II シフト:AT 76万円
H26  ハスラー 5D4WD(型式:MR31S)  X  走行:8千km 年式:26年 色:Dグリーン シフト:AT 95万円
H26  ハスラー 5D2WD(型式:MR31S)  G  走行:31千km 年式:26年 色:茶 シフト:AT 79万円

スズキ ハスラーの買取り/下取り査定価格

  • 買取り相場:75万円~130万円
  • 下取り相場:65万円~120万円

スズキ ハスラーは、モデルも新しく、人気のある軽SUVなので、しっかりした買取り査定価格となっています。追加設定されたJスタイルII、Jスタイルなどのグレードは特に高い買取り価格になっています。

下取りと大きな差も!かんたん査定ガイドで一括査定!

スズキ ハスラーの新車購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK