ホンダ ステップワゴン/スパーダ買取り/下取り査定価格相場-2016年版

シェアする

ホンダ ステップワゴン/スパーダ SPADA '15 (出典:honda.co.jp)

ホンダ ステップワゴン/スパーダ SPADA ’15 (出典:honda.co.jp)

ステップワゴン/スパーダの正確な買取り査定価格をすぐ知りたいなら

パソコン、スマートフォンからすぐに出来る一括査定サービスを利用しましょう。「かんたん査定ガイド」一回の入力で、ガリバーやアップルなど大手買取り専門店の査定を申し込むことができます。

btn_satei600x100

ステップワゴン/スパーダの「下取り価格」には2つの意味がある

車を買い換えようと思った時、今乗っているステップワゴン/スパーダの処分方法として一番一般的なのが、ディーラーでの「下取り」だと思います。しかし、この「下取り価格」には色々な意味があります。

1. 下取りしたステップワゴン/スパーダは業者オークションで販売し利益を得る

ディーラーは新車を販売することで利益を上げているので「下取りはお客様サービス」と思っている人が多いかもしれません。しかし、残念ながらそれは間違いで、ディーラーは下取りしたステップワゴン/スパーダでもキッチリ利益を出します

中古車販売を併設しているディーラーを除き、一般的にディーラーは下取りした車両を業者専用のオークションに出品します。そのため、下取り査定に来たステップワゴン/スパーダは業者オークションでどの程度の金額で取引されているかを調べ、オークションで売れそうな価格からディーラーの利益を引いた金額が基本的なステップワゴン/スパーダの下取り価格となります。

この時設定されるディーラーの利益はステップワゴン/スパーダの場合、約20~30万円程度で、一般的な買い取り専門店よりも利益幅が大きく設定してあります。ディーラーにとっては、新車販売での利益が本業で、下取りしたステップワゴン/スパーダの売却利益は副業のような存在で、絶対に赤字を出さないように査定しています。

2. 販売する新車の値引きをステップワゴン/スパーダの下取り査定に上乗せする

これが「下取り査定」を不透明にしている元凶と言えますが、ディーラーは新車の値引き額を大きくする事を避けたがります。(口コミで「Aさんは20万円引いてもらったらしいんだけど…」といった値引き額の一人歩きを避ける意味や、中古車市場での値崩れを避ける意味などがあります。)

そのために、「本来ならステップワゴン/スパーダの下取り査定はゼロ円ですが、10万円付けます」というように、本来のステップワゴン/スパーダの査定額よりも高い金額を提示してきます。ただし、この「本来よりも高い金額の提示」は、

  • 低めに見積もったステップワゴン/スパーダの下取り額を高くする
  • 新車の値引きを下取り額に回す

ということが合わさることで生み出されています。特に後者の「新車の値引きを下取り額に回す」事は、ステップワゴン/スパーダを下取りに出さなかった場合、新車の値引きとして受けられる金額なので、意味がありません。

「下取り査定」と「買取り査定」の違いを理解することが重要

「下取り査定」と「買取り査定」。同じ意味のように思えますが、車の乗り換えにおいては大きく意味が異なります。ディーラーにおける「下取り」は本業の新車を販売して利益を得ることに付加する利益ですが、ガリバーなど買取り専門店では買取りが本業であるため、本気度が異なります。また、買取り専門店は、ディーラーの下取りだけでなく、同業の買取り専門店もライバルであるため、買取り査定額の提示は真剣勝負です。この違いを理解することで、ステップワゴン/スパーダの買取り査定額を高くすることが出来ます。

ステップワゴン/スパーダの買取り査定を高くするポイント

気になる新車があると、すぐにディーラーに行って現物を確認したくなりますが、その気持ちをグッと抑えてまずはネットでステップワゴン/スパーダの一括査定サービスを受けましょう。ディーラーの下取り査定額が提示される前にステップワゴン/スパーダの買取り査定を知っておくことで、ディーラーがどの位本気で下取り額を提示してきているのかが判断できます。

ステップワゴン/スパーダの買取り価格は「複数社の一括査定」で高くなる

業務で他社に仕事を依頼する際には複数社に見積もりを取って、内容と価格をチェックするのが一般的ですが、プライベートになるとおろそかになる人も多いと思います。しかし、ステップワゴン/スパーダの売却においても複数社に見積もりを出すと、各社のやる気が異なるため、提示額が大きく異なります。株式会社エイチームの「かんたん査定ガイド」など、ネットの一括査定サービスを利用することで、一回の入力で、ガリバーやアップルなど大手買取り専門店の査定を申し込むことができます。

btn_satei600x100

ホンダ ステップワゴン/スパーダの下取り/買取り査定価格の相場は?

ホンダステップワゴン/スパーダは初代が1996年に登場して以来、5ナンバーサイズに収めたサイズに高い全高、3列目までゆったりと座れる広い居住空間で人気となり、現在では5代目が発売されています。各世代によって査定相場は異なりますので、それぞれのモデルについて買取り相場を調べました。

5代目ステップワゴン/スパーダ RP1/2/3/4型

ホンダ ステップワゴン/スパーダ '15 (出典:honda.co.jp)

ホンダ ステップワゴン/スパーダ ’15 (出典:honda.co.jp)

発売時期:2015年-

2015年4月、「ステップワゴン」はフルモデルチェンジされ、5代目となりました。先代よりも丸みを帯びたフォルムのボディに抑揚を強調するプレスライン処理が施され、サイドビューとリアビューは左右非対称であるなど、歴代モデル随一の個性的な雰囲気を醸しています。ボディサイズは、全長4,690mm×全幅1,695mm×全高1,840mm~1,855mmで、全幅に関しては伝統の5ナンバーサイズを維持しています。

5代目ステップワゴン/スパーダの買取り/下取り査定価格:査定例

年式 車種 グレード 走行距離、色、シフト 買取価格
H28 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RP3) スパーダアドバンスパッケージβ 走行:1千km 色:黒 シフト:AT 192万円
H28 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RP3) スパーダ 走行:2千km 色:パール シフト:AT 212万円
H28 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RP3) スパーダ 走行:2千km 色:パール シフト:AT 214万円
H28 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RP3) スパーダ・クールスピリット 走行:1千km 色:パール シフト:AT 224万円
H28 ステップワゴン 5D2WD(型式:RP1) G・EX 走行:3千km 色:パール シフト:AT 199万円
H28 ステップワゴン 5D2WD(型式:RP1) 走行:1千km 色:グレー シフト:AT 180万円
H28 ステップワゴン 5D2WD(型式:RP1) 走行:3千km 色:緑 シフト:AT 203万円
H28 ステップワゴン 5D2WD(型式:RP1) 走行:3千km 色:パール シフト:AT 185万円
H27 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RP3) スパーダ 走行:10千km 色:パール シフト:AT 221万円
H27 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RP3) スパーダ・クールスピリット 走行:10千km 色:パープル シフト:AT 230万円
H27 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RP3) スパーダ・クールスピリット 走行:12千km 色:パープル シフト:AT 229万円
H27 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RP3) スパーダ・クールスピリット 走行:15千km 色:黒 シフト:AT 215万円
H27 ステップワゴン 5D2WD(型式:RP1) 走行:7千km 色:シルバー シフト:AT 185万円
H27 ステップワゴン 5D2WD(型式:RP1)  B  走行:7千km 色:パール シフト:AT 151万円
H27 ステップワゴン 5D2WD(型式:RP1)  G・EX 走行:3千km 色:黒 シフト:AT 206万円
H27 ステップワゴン 5D2WD(型式:RP1) G・EX 走行:1千km 色:パール シフト:AT 185万円

5代目ステップワゴン/スパーダの買取り/下取り査定価格:相場150万円~230万円

現行モデルとなる5代目ステップワゴン/スパーダは、モデルも新しいですが、新車の販売がライバルに押されやや不調気味で値引きも大きくなっているので、価格が落ち気味になっています。

下取りと大きな差も!かんたん査定ガイドで一括査定!

4代目ステップワゴン/スパーダ RK1/2/3/4/5/6/7型

ホンダ ステップワゴン '09

ホンダ ステップワゴン ’09 (出典:favcars.com)

発売時期:2009年 – 2015年

2009年10月、「ステップワゴン」はフルモデルチェンジを受け、4代目となりました。3代目は、初代から続いた箱型ボディを捨て、乗用車的なシルエットをまとって登場しましたが、このモデルチェンジにより先祖返りをし、ボクシーなスタイリングが復活しました。そして、ノーズは更に短くされ、Aピラーが立てられるなどの変更も行われました。全体的に、1.5ボックス的なフォルムが特徴でした。

4代目ステップワゴン/スパーダの買取り/下取り査定価格:査定例

年式 車種 グレード 走行距離、色、シフト 買取価格
H27 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RK5) Z クールスピリット 走行:3千km 色:パープル シフト:AT 224万円
H27 ステップワゴン 5D2WD(型式:RK1) G Eセレクション 走行:9千km 色:パール シフト:AT 156万円
H26 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RK5) Z クールスピリット 走行:29千km 色:パール シフト:AT 186万円
H25 ステップワゴン 5D2WD(型式:RK1) G Eセレクション 走行:13千km 色:パール シフト:AT 137万円
H25 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RK5) 走行:29千km 色:シルバー シフト:AT 172万円
H25 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RK5) Z クールスピリット 走行:38千km 色:パール シフト:AT 166万円
H24 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RK5) Z クールスピリット 走行:30千km 色:黒 シフト:AT 145万円
H24 ステップワゴン 5D2WD(型式:RK1) G HDDナビ スマートスタイルエディション 走行:42千km 色:黒 シフト:AT 104万円
H24 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RK5) Z クールスピリット 走行:42千km 色:パール シフト:AT 163万円
H23 ステップワゴン 5D2WD(型式:RK1) G 走行:57千km 色:ベージュ シフト:AT 78万円
H23 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RK5) Z HDDナビエディション 走行:64千km 色:黒 シフト:AT 106万円
H22 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RK5) Z 走行:76千km 色:パープル シフト:AT 86万円
H22 ステップワゴン 5D2WD(型式:RK1) L 走行:63千km 色:パール シフト:AT 98万円
H21 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RK5) S 走行:26千km 色:パープル シフト:AT 107万円
H21 ステップワゴンスパーダ 5D2WD(型式:RK5) S 走行:44千km 色:黒 シフト:AT 107万円

4代目ステップワゴン/スパーダの買取り/下取り査定価格:相場70万円~220万円

まだ比較的モデルチェンジしてから年数が経っていないことや、現行モデルがあまり人気となっていない事から、4代目ステップワゴンの相場は比較的堅調で、買取り査定額が期待できます。

下取りと大きな差も!かんたん査定ガイドで一括査定!

3代目ステップワゴン/スパーダ RG1/2/3/4型

ホンダ ステップワゴン '05

ホンダ ステップワゴン ’05 (出典:favcars.com)

発売時期:2005年 – 2009年

2005年5月にフルモデルチェンジが行われ、3代目となります。これまでの箱型フォルムから脱皮し、低くスタイリッシュなフォルムへと変貌を遂げた事が最大の特徴でした。スラントしたノーズや傾斜の強いフロントウィンドウ、ウェッジシェイプを意図したウエストライン、ボディ側面のプレスラインなど、躍動感を演出したスタイリングが特徴でした。

又、Aピラーの傾斜が強くなった事による斜め前方視界対策として、三角窓が新設されました。そして、後席用スライドドアが新たに右側にも設けられ、左右対称のデザインとなった事も大きな変更点でした。先代同様、上級グレードにはパワースライドドアが採用されました。

3代目ステップワゴン/スパーダの下取り/買取査定価格:査定例

年式 車種 グレード 走行距離、色、シフト 買取価格
H21 ステップワゴン 5D2WD(型式:RG1)   スパーダS HDDナビ スマートスタイルED   走行:15千km 色:パール シフト:AT 107万円
H21 ステップワゴン 5D4WD(型式:RG2)  G   走行:49千km 色:黒 シフト:AT 93万円
H21 ステップワゴン 5D2WD(型式:RG1)  スパーダS スマートスタイルエディション  走行:35千km 色:パール シフト:AT 114万円
H20 ステップワゴン 5D4WD(型式:RG2)   スパーダS スマートスタイルエディション  走行:79千km 色:パープル シフト:AT 80万円
H20 ステップワゴン 5D4WD(型式:RG2)  スパーダS   走行:37千km 色:パール シフト:AT 116万円
H20 ステップワゴン 5D2WD(型式:RG1)  G  走行:55千km 色:パール シフト:AT 55万円
H19 ステップワゴン 5D2WD(型式:RG1)  スパーダS Zパッケージ  走行:118千km 色:パープル シフト:AT 19万円
H19 ステップワゴン 5D2WD(型式:RG1)   G スタイルエディション  走行:76千km 色:黒 シフト:AT 34万円
H19 ステップワゴン 5D4WD(型式:RG2)  スパーダS Z HDDナビパッケージ  走行:85千km 色:黒 シフト:AT 76万円
H19 ステップワゴン 5D2WD(型式:RG1)   G Lパッケージ   走行:49千km 色:シルバー シフト:AT 45万円
H18 ステップワゴン 5D4WD(型式:RG4)  24Z  走行:96千km 色:茶 シフト:AT 26万円
H18 ステップワゴン 5D2WD(型式:RG1)  G Lパッケージ  走行:62千km 色:パール シフト:AT 39万円
H17 ステップワゴン 5D2WD(型式:RG1)  G LSパッケージ  走行:133千km 色:パープル シフト:AT 5万円
H17 ステップワゴン 5D2WD(型式:RG3)   24Z  走行:89千km 色:パール シフト:AT 8万円
H17 ステップワゴン 5D4WD(型式:RG2)  G  走行:109千km 色:シルバー シフト:AT 6万円 

3代目ステップワゴン/スパーダの買取り/下取り査定価格:相場5万円~120万円

販売終了から7年が経過し、走行距離やコンディションのバラつきも大きいことから買取り価格は5~120万円と、かなりの幅があります。程度の良い個体、特にスパーダは人気があるので、買取り一括査定で高額査定を引き出しましょう。

下取り0円でも諦めない!かんたん査定ガイドで一括査定!

2代目ステップワゴン/スパーダ RF3/4/5/6/7/8型

ホンダ ステップワゴン '01

ホンダ ステップワゴン ’01 (出典:favcars.com)

発売時期:2001年 – 2005年

ステップワゴンは、2001年4月に最初のフルモデルチェンジを受け2代目となりました。キープコンセプトのモデルチェンジが行われ、エクステリアは先代の雰囲気を色濃く残したものでした。又、後席用のスライドドアを左側のみに装備する点も踏襲されました。ボディサイズは、全長4,670mm×全幅1,695mm×全高1,845mm~1,860mmで、全長と全高は先代よりも若干拡大されました。

全幅に関しては5ナンバーサイズが踏襲され、最小回転半径は先代よりも0.3m小さい5.3mとなった為、取り回し性はむしろ向上しました。

2代目ステップワゴン/スパーダの下取り/買取査定価格:相場0~5万円

販売終了から11年が経過し、下取り額は基本的に見込めない状況にあります。程度の良い個体なら買い取り一括査定で、数万円が提示される事もありますので、諦めずに買取り一括査定を試してみましょう。

下取り0円でも諦めない!かんたん査定ガイドで一括査定!

初代ステップワゴン/スパーダ RF1/2型

ホンダ ステップワゴン '96

ホンダ ステップワゴン ’96 (出典:favcars.com)

発売時期:1996年 – 2001年

初代「ステップ ワゴン」は、1996年5月に、国産車初のトール系ミニバンとして発売されました。ホンダのミニバンとしては、その2年前に発売された「オデッセイ」に次ぐ第2弾でしたが、それとは違う個性が与えられました。3ナンバーサイズで車高が比較的低く抑えられていたオデッセイと事なり、5ナンバーサイズの全幅とワンボックス車並みの全高を持つ、独特のディメンションが特徴でした。

スタイリングは、直線を基調としたボクシーなもので、加飾がなくシンプルで、実直な雰囲気を醸していました。後席にアクセスする為のドアは、左側のスライドドアのみで右側にはなく、テールゲートと併せて4ドア仕様でした。

初代ステップワゴン/スパーダの下取り/買取査定価格:相場0~3万円

販売終了から15年が経過し、下取り額は基本的に見込めない状況にあります。程度の良い個体なら買い取り一括査定で、数万円が提示される事もありますので、諦めずに買取り一括査定を試してみましょう。

下取り0円でも諦めない!かんたん査定ガイドで一括査定!

ステップワゴン/スパーダの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます