スバル レガシィアウトバック (3代目 BS ’14-):キープコンセプトながら改良により基本性能が向上

シェアする

スバル レガシィ アウトバック 2015 (出典:subaru.jp)

スバル レガシィ アウトバック 2015 (出典:subaru.jp)

スバルのステーションワゴン型クロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」は、2003年に国内向け初代モデルが発売され、2014年10月に「レガシィB4」と共に行われたフルモデルチェンジにより3代目(北米向けは5代目)となりました。先代からのキープコンセプトにより内外装の雰囲気や基本的なメカニズムを踏襲しながら、地道な改良により基本性能の向上が図られています。

ボディが拡大され居住性も向上

スタイリングは先代からプロポーションに大きな相違はないものの、近年のスバル車のアイデンティティとなっているヘキサゴングリルやホークアイヘッドランプの採用により、フロントマスクのイメージを刷新しています。ボディサイズは全長4,815mm×全幅1,840mm×全高1,605mmで、先代から全長と全幅が若干拡大され、ホイールベースは同一の2,745mm、車両重量は若干重くなり1,570~1,580kgとなっています。

スバル レガシィ アウトバック 2015 (出典:subaru.jp)

スバル レガシィ アウトバック 2015 (出典:subaru.jp)

ボディは剛性を大幅にアップした他、Aピラーの付け根を前方に移動した事で居住性と視界が改善されました。サスペンションは、形式こそ先代同様の前:ストラット式/後:ダブルウィッシュボーン式を踏襲するものの、設計の見直しにより剛性強化が図られています。駆動方式はスバル独自のフルタイム4WDシステム「シンメトリカルAWD」を踏襲し、エンジンは3.6Lフラット6が廃止され2.5Lフラット4のみとなりました。

スバル レガシィ アウトバック 2015 (出典:subaru.jp)

スバル レガシィ アウトバック 2015 (出典:subaru.jp)

パワートレインの改良で燃費が向上

搭載されるのは先代譲りの自然吸気ユニットFB25型で、大幅な改良により出力が若干向上し最高出力175ps/5,800rpm・最大トルク24kgm/4,000rpmのスペックとなりました。トランスミッションは先代2.5L車同様のCVT「リニアトロニック」と踏襲しつつ、こちらもフリクション低減や6速マニュアルモードの付加などの改良が施され、燃費は従来の12.4~13.6kmLから14.6km/Lに向上を果たしました。

スバル レガシィ アウトバック 2015 (出典:subaru.jp)

スバル レガシィ アウトバック 2015 (出典:subaru.jp)

グレード体系は先代から大幅に整理され、ベースモデルと上級モデル「リミテッド」の2種類のみとなり、両グレードに運転席10Way/助手席8Wayパワーシートや4席分のシートヒーターなどの快適装備が備わる他、リミテッドには18インチアルミホイール(ベースモデルは17インチ)やパワーリアゲート、本革シート、ブルー基調のメーターリング照明などが標準装備されます。

スバル レガシィ アウトバック 2015 (出典:subaru.jp)

スバル レガシィ アウトバック 2015 (出典:subaru.jp)

アイサイトは最新バージョンを装備

安全装備面では、スバル独自のステレオカメラ方式による安全運転支援システム「EyeSight」が勿論備わります。搭載されるのはカラー画像化を行った最新バージョンの「ver.3」で、衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュブレーキ」や全車速追従機能付クルーズコントロールに加え、ステアリング制御機能付の「アクティブレーンキープ」や誤発進抑制機能、ブレーキランプ認識制御が備わる盤石なものとなっています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます