ヤフオクでロータス・エクセルという聞いたことない過走行の不動車を買ってみた。

シェアする

lotus_excel

中古車の購入マニア(自分だけか??)なら、気にはなるけどなかなか踏み出せない買い方。

ヤフオク。

カーセンサーの情報と見比べると、どう考えても安い価格。それに諸経費が殆ど掛からないかも・・・という誘惑。そして「オークション」という危険な香り。

一度は「買ったろか」と思っている人も少なくないと思いますが、実際に買っちゃう人は少ないと思います。

私の場合は、「バカ」がつくほどの中古車マニア。さらに危険な香りに弱いアホなので、これまでヤフオクで4台落札し、3台ほど買っちゃってます(笑)

そんな貴重な体験談をシリーズでお送りします。

最初に手を出したのは、ロータス エクセル

ロータス・エクセル。知ってます?そんな車?当時の私は知りませんでした(笑)

当時、地方都市(香川県高松市)在住で、仕事やプライベートに落ち着きが出てきたので、「そろそろポルシェ911を買ったろか!」とか思いつつ、ヤフオクサーフィンしていました。

本命は「ポルシェ911」だったんですが、なんとなく「ロータス」のカテゴリを見ていると、そこに「エクセル」は居ました。

「ロータス・エクセル?」

なんじゃそりゃ?カルトカー大好きな大好きな私は一発で引き寄せられました。そんな訳で、よくわからないまま、突発で休みを取り、出品先である岡山へGo!です(笑)

簡単なスペックとしては

  • 86年式(当時は確か2001年頃なので15年落ち)
  • 走行9.5万キロ
  • AT
  • 革シート

とかです。車名すら知らないくらいなので、スペックなんでどうでもよい気分でした(笑)出品者は怪しい自動車整備業者。山奥のボロイ倉庫でホコリまみれの物体とご対面。店主は中年太りでハゲの怪しいおっさん。

「今はエンジン掛からないけど、ちゃんと整備しておくよ」

という普通の人間じゃ納得しないハズのセリフも、得体の知れない「エクセル」という車の魔力に勝てず、その場で手付を打って決めちゃいました(笑)

気になるお値段は50万円

あとから調べたら、この車、新車価格は1千万円以上してました。

かくして約2週間後、トランポに乗って「エクセル」がやってきました(笑)「整備する」と言われていたものの、どの程度整備してくれたのかは不明。トランポから駐車場までエンストしまくり。

取りあえず駐車場には収まったものの、おっちゃんが帰った後、近所を一周するのもエンストしまくりで一苦労。まともに走れません(笑)

文句言ってもヤフオク経由なのでどうにもならんか…。と勝手に納得し、すぐさま近所の整備工場へ。そこそこまともに走るようになって帰ってきましたが整備費用は80万円くらい。

その後1年ちょっと保有しました。整備した後は路上で立ち往生するなどのトラブルもなく、高速道路走行などもこなしました。

ボロボロだった内外装もプラモデル感覚で手直しし、楽しい珍車ライフを送りました。

「新車/中古車の買換え:失敗談」というカテゴリーに入れていますが、車名を知りもしない状態で勝手に一目ぼれして不動の過走行車を買う、という行為は大人としては失敗だったものの、レアな体験を比較的安い勉強料で出来たという点では成功だったかもしれません。

ヤフオクでの中古車購入体験記事

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK