ホンダのディーラーで試乗車のライフを安く購入。サービスにも満足

シェアする

ホンダ ライフ 2008

ホンダ ライフ 2008 (出典:favcars.com)

予算は100万円。それ以上は出したくない

公共交通機関が発達していない地域(鉄道、バス)に引っ越しをした関係で、どうしても車が必要になりました。それまで乗っていた車はスバルのレガシィですが、実家暮らしをしていた際に父親の所有している車に数回ほど乗る程度でした。最後に乗ってから10年ほどブランクが空いていたこともあり、軽自動車かスモールカーを考えていました。その土地に5年くらいはいる予定でしたが、予算は100万以上は出したくないなと思っていました。

しかし中古車となると50万クラスでも年式が古かったり、走行距離が10万キロ以上走っているものだったり・・・新車で100万を切るというのも、なかなかありません。新車の軽自動車でも120万とか130万でした。そんなこんなで、いろいろなディーラーを回っていたところ、やっと自分の見合うものを見つけました。

ホンダのディーラーで試乗車のライフを発見

ホンダ ライフ 2012年式。走行距離は購入時点で8000キロ、90万で、専らディーラー内で試乗車扱いでしか使われていないもの。ユーザーの手には一度も渡ったことのないものだったので、事実上は新古車に近いものでした。イモビライザー搭載、バックカメラで運転馴れしていない駐車にも安心感があったのでこれにしました。

軽自動車ですから負担するべき税金も格段に安いし、一人で乗る分については申し分のないスペックです。情報収集については、まずは自宅周辺のディーラーを片っ端から自転車をこいで営業マンの話を聞くというところから始まりました。

中古車専門サイトを見て、やっとたどり着いた

しかし、思うようなものが見つからずネットでホンダ公式の中古車専門サイトを見て、自分の希望条件で検索して・・・今の車に行きついた次第です。営業マンの印象としては、とても紳士的な方でした。初めての車購入ですが、こちらの足元を見るというようなことはありませんでしたし、むしろこちらの条件を聞いてくれる方でした。

あと2万くらい引いてくれませんかね?という値切り交渉も、素直に受けてくれました。(ひいてくれたら、即決めますという言い方はしましたが・・・)。なんだかんだ話をしていった結果、一年分のJAFの会費まで負担してくれました。

店舗から100キロ離れた自宅まで納車してくれた

更にわがままを言って、車はこちらが引き取りに行くのではなく、そちらの営業マンの方が運転して自宅まで来てほしいという願いまで叶えてくれました。距離が100キロ近く離れていたのですが・・・。ガソリン代も1000円分は負担してくれました。それまで乗っていた車は、父親所有のものですので、自分では売却や処分はしていません。

購入後に気付いた良かった点としては、やはり思っていた以上に運転がしやすいことです。車体が小さいので車両感覚も掴みやすいです。小回りもききます。燃費についても、カタログ値に近い値だと感じています。悪い点としては、軽自動車特有の馬力の無さでしょうか。特に上り坂になると加速性能は落ちます。山道なんかはアクセル全開でも時速30キロでるかどうか、といった感じです。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK