アウディ スポーツクワトロ (’83-’84):クワトロがベースのグループBホモロゲーションモデル

シェアする

アウディAGは、アウディNSUアウトウニオンAGを名乗っていた1983年9月、グループBホモロゲーションモデルとなる「スポーツ・クワトロ」を発表しました。それまでは、1980年に世界初の市販フルタイム4WD車としてリリースした「クワトロ(Ur-クワトロ)」がベースの競技仕様車でWRCに参戦していた同社が、戦績の優位を確実にする為に開発したモデルでした。

クワトロから全長とホイールベースを短縮

ベースモデルとなったのはそのクワトロで、前後トルク配分50:50の「クワトロ・システム」は勿論の事、4輪ストラット式のサスペンションなど基本的なメカニズムが踏襲されました。又、2ドアクーペのボディタイプや直線基調のフォルムも受け継がれた一方、ボディサイズは約240mm短く80mm程広い全長4,160mm×全幅1,800mm×全高1,340mmとなっていました。

更に、運動性能を高める為ホイールベースは320mm程短い2,200mmに設定されました。その為前後のオーバーハングが長くなり、視界改善の為クワトロよりも角度の立てられたAピラーと相まって独特なプロポーションを形成していました。車両重量は、ボディ素材に樹脂系の複合素材を用いた為1,000kgと極めて軽く、クワトロに対しては300kg程軽量化されていました。

300psオーバーのエンジンを搭載

エンジンは、クワトロが2,144cc直5DOHC10Vターボを搭載するのに対し、僅かにボアの小さい2,133cc直5DOHC20Vターボが搭載されました。混合気を供給するボッシュ製燃料噴射装置は、K-ジェトロニックに代わりHi-ジェトロニックが採用され、7:1から8:1まで高められた圧縮比から最高出力306ps/6,500rpm・最大トルク33.7kgm/4,500rpmのアウトプットを発生しました。

このスペックは、クワトロの最高出力200ps/5,500rpm・最大トルク29.1kgm/3,500rpmを遥かに凌ぐものでした。トランスミッションは、クワトロとはファイナルレシオなどが僅かに異なる5速MTが組み合わせられ、最高速度はそれよりも30km/h高い250km/hに達しました。ブレーキはクワトロ同様、フロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式が採用されました。

一方室内は、クワトロがフル4シーター仕様であったのに対し、ボディの短縮により後席スペースが縮小され2+2仕様となりました。仕様面では、フロントにはレカロシートが装着された他、クワトロとはデザインの異なる6連メーター装備のインパネが採用されました。その他、軽量化対策としてパワーウィンドゥが廃止された事も特徴でした。

WRCへの参戦は、ホモロゲーション取得に必要な販売台数200台を達成した翌1984年から開始されました。しかし、戦績はさほど芳しいものではなく、翌1985年には競技専用に開発された後継モデル「スポーツ・クワトロS1」にバトンタッチされました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK