デ・トマソ マングスタ (’67-’71):ジウジアーロデザインのV8ミッドシップスポーツ

シェアする

デトマソ マングスタ 1967-71 (出典:carstyling.ru)

デトマソ マングスタ 1967-71 (出典:carstyling.ru)

イタリアのデ・トマソ社によるスポーツカー「マングスタ」は、1967年に同社の市販モデル第2弾として発売されました。1964年に発売された同社初の市販モデル「ヴァレルンガ」が、小排気量エンジンを搭載するライトウエイトスポーツカーであったのに対し、マングスタでは一転して大排気量のスーパースポーツ路線に方向転換しました。

ジウジアーロの手による個性的なスタイリング

ボディのデザインを手掛けたのは、当時カロッツェリア・ギアに在籍していた世界的デザイナー、ジウジアーロでした。ボディ形状は2シーターのファーストバッククーペで、流麗なプロポーションと共に、ガルウイングタイプの2分割されたテールゲートがデザイン上の特徴でした。又、低い位置に固定4灯式ヘッドランプを備えるフロントマスクも個性的なものでした。

デトマソ マングスタ 1967-71 (出典:carstyling.ru)

デトマソ マングスタ 1967-71 (出典:carstyling.ru)

ボディサイズは全長4,275mm×全幅1,830mm×全高1,100mmで、ヴァレルンガよりも二回り程大きく、同時代の代表的スーパーカー「ランボルギーニ・ミウラ」に近いサイズでした。ホイールベースは2,550mmで、最低地上高は120mm、車両重量は1,185kgでした。シャシーは、ヴァレルンガのものを改良・強化したものが使用されました。

デトマソ マングスタ 1967-71 (出典:betterparts.org)

デトマソ マングスタ(ポップアップ式の2灯仕様もあった) 1967-71 (出典:betterparts.org)

大排気量V8エンジンを搭載

サスペンション形式はヴァレルンガとは全く異なり、フロントがマクファーソンストラット式、リアが4リンク/コイル式でした。ブレーキは4輪ディスク式で、駆動方式はヴァレルンガ同様MR方式が採用されました。エンジンは、1.5Lという小排気量ユニットを搭載したヴァレルンガから一転し、フォード製4.7L(北米仕様は4.9L) V8 OHVの大排気量ユニットが選択されました。

デトマソ マングスタ 1967-71 (出典:carstyling.ru)

デトマソ マングスタ 1967-71 (出典:carstyling.ru)

4.7L版のスペックは最高出力305ps/5,000rpm、最大トルク56.8kgmで、自社製3.9L V12エンジンを搭載するランボルギーニ・ミウラと比較すると、最高出力で劣り最大トルクで勝るスペックでした。5速MTを介しての最高速度は250km/hで、絶対的には十分に高性能であったものの、300km/hを公称するミウラには及びませんでした。

デトマソ マングスタ 1967-71 (出典:carstyling.ru)

デトマソ マングスタ 1967-71 (出典:carstyling.ru)

操縦安定性に難があり、販売は400台程度

操縦安定性や直進性の面では、前後重量配分が32:68でフロント荷重が極めて低かった事が影響し、難がありました。テールヘビーが問題視された後年のMR車「ランボルギーニ・カウンタック」でさえも40:60の前後重量配分であった事を考えると、如何に極端なテールヘビーであったかが分かります。

デトマソ マングスタ 1967-71 (出典:sciposts.com)

デトマソ マングスタ 1967-71 (出典:sciposts.com)

1970年に、より万人受けするスタイリングと優れたトータルバランスを持つ「パンテーラ」が登場した事により、翌1971年にマングスタは生産終了となりました。4年間における生産台数は400台程に留まり、成功作とは言えませんでした。しかしながら、現在は独創的なスタイリングや稀少性などから、愛好家の間で高い人気を得ています。

人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK