フェラーリ 308GTB/GTS (’75-’85):2+2の308GT4がベースの2シーター・ピュアスポーツ

シェアする

フェラーリ 308GTS

フェラーリ 308GTS (出典:favcars.com)

フェラーリは1975年のパリサロンで、2+2仕様のV8エンジン搭載GT「ディーノ・308GT4」をベースとした2シーター・ピュアスポーツカー「308GTB」を発表しました。ブランド名はディーノからフェラーリに変更されたものの、パワートレインや基本メカニズムは308GT4から踏襲されました。一方、リアシートの廃止に伴いボディサイズやホイールベースは縮小されました。

デザインは再びピニンファリーナに

ボディタイプはまずフィクスドヘッドのクーペからリリースされ、初期のモデルは素材にFRPが使用されていた事が特徴でした。デザインの委託先は、308GT4のベルトーネから再びフェラーリ御用達だったピニンファリーナに戻されました。ボディサイズは全長4,230mm×全幅1,720mm×全高1,120mmで、308GT4からそれぞれ70mm×70mm×90mm縮小されました。

フェラーリ 308GTS

フェラーリ 308GTS (出典:favcars.com)

又、ホイールベースは210mm短縮され、かつての「ディーノ246」と同一の2,340mmとなりました。車両重量は初期型で1,265kgでした。従来通りミッドシップマウントされる3L V8DOHCエンジンは、308GT4同様4基のウェーバーDCNFキャブレター装備により、僅かにパワーアップした最高出力251.5HP/7,600rpm・最大トルク29kgm/5,000rpmのアウトプットを発生しました。

デタッチャブルトップの追加とボディ素材の変更

フェラーリ 308GTS

フェラーリ 308GTS (出典:favcars.com)

5速MTを介しての最高速度は、249km/hでした。その他、4輪ダブルウィッシュボーン式のサスペンション形式や、ベンチレーテッドタイプの4輪ディスクブレーキ、ラック&ピニオン式のステアリング形式などは308GT4から受け継がれました。そして1977年に、デタッチャブルトップを採用した「308GTS」が追加されました。

フェラーリ 308GTS

フェラーリ 308GTS (出典:favcars.com)

それと同時にボディ素材がスチールに変更され、車両重量が308GTBで1,330kg(308GTSは1,360kg)に増加しました。次いで1980年に、2Lを超える排気量に多額の税金が課せられるイタリア国内専用モデルとして、排気量を2L(1991cc)に縮小した「208GTB/GTS」が発売されました。スペックは最高出力153HP/7,600rpm・最大トルク17.3kgm/5,000rpmで、最高速度は215km/hとフェラーリ車としては物足りない性能でした。

キャブレター仕様から燃料噴射仕様に

フェラーリ 308GTS

フェラーリ 308GTS (出典:favcars.com)

続いて翌1981年に、排出ガス規制に対応する為ボッシュKジェトロニック燃料噴射装置を採用した「308GTBi/GTSi」が登場しました。スペックは最高出力205HP/6,600rpm・最大トルク25kgm/5,000rpmにダウンし、最高速度も236km/hに低下しました。しかし翌1982年に、4バルブ化された新ユニットを搭載する「308GTB QV/GTS QV」に置換されました。

フェラーリ 308GTS

フェラーリ 308GTS (出典:favcars.com)

アウトプットが最高出力237HP/7,000rpm・最大トルク26.5kgm/5,000rpmまで回復し、最高速度は251km/hに向上しました。又、同年と翌年に掛けて208GTB/GTSがターボエンジン搭載の「208GTBターボ/GTSターボ」となり、スペックが最高出力215HP/7,000rpm・最大トルク24.5kgm/4,800rpmに大きく向上、最高速度も240km/hまで向上しました。

そして1985年、フランクフルトモーターショーで後継モデル「328」が発表された事に伴い、生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます