フィアット ディーノ (’66-’73):フェラーリとの思惑一致により誕生したスポーツカー

シェアする

フィアット ディーノ スパイダー 1966

1966年秋のトリノ・ショーにおいて、フィアットはフェラーリ製のエンジンを搭載した2ドアコンバーチブル「ディーノ・スパイダー」を発表しました。フォーミュラ2のレギュレーション取得の為にV6エンジン搭載車を年間500台以上生産する必要性が生じたフェラーリと、フェラーリ製エンジン搭載車によるイメージアップを好ましく受け取ったフィアットの思惑が合致して誕生したモデルでした。

デザインはピニンファリーナが担当

フィアット ディーノ スパイダー 1966

2+2シーター仕様のオープンボディのデザインと製造は、カロッツェリア・ピニンファリーナに委託されました。うねるようなベルトラインを持つボディのサイズは、全長4,109mm×全幅1,710mm×全高1,270mmで、同時に発表された「124スポルト・スパイダー」よりも一回り大きいものでした。ホイールベースはそれと同一の2,280mmで、車両重量は1,165kgでした。

フィアット ディーノ スパイダー 1966

駆動方式は、同じエンジンを搭載するフェラーリ版の「ディーノ206GT」がMR方式であったのに対し、ディーノ・スパイダーでは手堅いFR方式が採用されました。フロントに搭載されるアルミブロック採用V6DOHC24Vエンジンは、ウェーバー3連キャブレターの装着により2Lの排気量から最高出力160ps/最大トルク17kgmのアウトプットを発生しました。

フィアット ディーノ スパイダー 1966

この数値は、ディーノ206GTの最高出力185ps/最大トルク17.9kgmよりは劣っていたものの、5速MTを介し最高速度210km/hという第一級の性能を発揮しました。このパフォーマンスを支えるサスペンションは、フロント:ダブルウィッシュボーン+コイル式/リア:半楕円リーフ+トルクリアクションアーム式というコンベンショナルな形式が採用されました。

ベルトーネ・デザインのクーペを追加

そして翌1967年に、カロッツェリア・ベルトーネがデザインと製造を手掛ける2+2シーター・フィクスドヘッドクーペ「ディーノ・クーペ」が登場しました。スパイダーとは全く異なるスタイリングが与えられたボディのサイズは、全長4,507mm×全幅1,696mm×全高1,315mmと大型化され、ホイールベースも270mm延長されて2,550mmとなりました。

フィアット ディーノ クーペ 1967

それに伴い車両重量は130kg増加し、最高速度は200km/hに低下しました。そして1969年11月、スパイダー/クーペ共にマイナーチェンジが実施され、内外装の意匠変更と共に、リアサスペンションがセミトレーリングアーム+トランバースリンク・コイル式による独立懸架に改良されました。同時に、エンジンが鋳鉄ヘッド採用の2.4L V6に置換されました。

フィアット ディーノ クーペ 1967

アウトプットは最高出力175ps/最大トルク21.5kgmで、2L時代同様にフェラーリ版「ディーノ246GT/GTS」の最高出力190ps/最大トルク23kgmからデチューンされていました。そして1972年に、ディーノ246GT/GTSより2年早く生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK