ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー(’88-’90):創立25周年を記念して発売されたラストモデル

シェアする

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-'90 (出典:favcars.com)

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-’90 (出典:favcars.com)

ランボルギーニは、1971年に「ミウラ」の後継モデルとなるスーパースポーツ「カウンタック」のプロトタイプ「LP500」を発表し、1974年に市販バージョンとなる「LP400」を発売しました。その後、1978年発売の「LP400S」、1982年発売の「LP500S」、1985年発売の「LP5000QV」とバージョンアップを重ね、内外装デザインや走行性能の改善を図り熟成の域に到達しました。

そして1988年、ランボルギーニ創業25周年を記念した新バージョンとして、「25thアニバーサリー」がリリースされました。ベースモデルとなったのは「LP5000QV」で、主にエクステリアデザインの変更と装備の充実が図られました。車体の基本的な構造やメカニズムに大きな変更はなく、マルチチューブラフレーム採用のシャシーやエンジン縦置き式のMR方式などが受け継がれました。

カーボン製エアロパーツなどを装備

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-'90 (出典:favcars.com)

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-’90 (出典:favcars.com)

サスペンションは4輪ダブルウィッシュボーン式を踏襲しつつセッティングが変更され、ブレーキは4輪ベンチレーテッド型ディスクがそのまま踏襲されました。一方、スタイリングには大幅に手が加えられ、まずフロンバンパーとフロントスポイラーの形状が変更されると共に、素材がカーボンファイバー製に変更されました。

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-'90 (出典:favcars.com)

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-’90 (出典:favcars.com)

同時に、エンジンリッドやエアダクト、リアエンドパネルの形状が変更された他、これもカーボンファイバー製のリアバンパーとサイドスカートが追加されました。そしてアロイホイールはデザインこそ同一であったものの、メーカーがOZ製に変更されました。又、リアエンドなどに25周年記念車の証となるエンブレムが装着されました。

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-'90 (出典:favcars.com)

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-’90 (出典:favcars.com)

パワーウィンドウ・パワーシートを装備

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-'90 (出典:favcars.com)

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-’90 (出典:favcars.com)

その一方で、それまで選択する事が出来たリアウイングはオプションから外されました。そしてインテリアは、基本的なデザインこそ踏襲されたもののスイッチ類が変更されると共に、新たにパワーウィンドウやパワーリクライニングシート、サンバイザーが装備されました。ボディサイズは全長4,200mm×全幅2,000mm×全高1,070mm、ホイールベースは2,500mmで、LP5000QVから全長が60mm拡大されました。

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-'90 (出典:favcars.com)

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-’90 (出典:favcars.com)

又、車両重量は160kg増加し1,650kgとなりました。搭載されたエンジンは、LP5000QVと同一の5.2L V12DOHC 48バルブ・ウェーバー6連キャブレター仕様ながら、ラジエーターやウォーターポンプの変更により冷却性能向上が図られました。スペックそのものは最高出力455hp/7,000rpm・最大トルク51kgm/5,200rpmで変更はなく、トランスミッションも同様に5速MTが組み合わせられました。

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-'90 (出典:favcars.com)

ランボルギーニ カウンタック25thアニバーサリー 1988-’90 (出典:favcars.com)

25thアニバーサリーは、結果的にカウンタック最後のモデルとなり、「ディアブロ」に後を譲り生産終了となる1990年までの約2年間で、それまでのバージョンで最も多い657台が生産されました。

人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます