ランボルギーニ カウンタック LP500S (’82-’85):LP500の発表から11年、ついに”500″を冠したカウンタック

シェアする

ランボルギーニ カウンタック LP500S 1982-'85

ランボルギーニ カウンタック LP500S 1982-’85 (出典:favcars.com)

1971年に発表されたカウンタック LP500は、エンジンの冷却不足の問題は解決出来ず、1974年のジュネーブショーで市販バージョンとしてベールを脱いだのは、「ミウラ」と同形式の4L V12エンジンを搭載する「LP400」でした。

LP500の登場から11年の時を経て

その後、”LP500”の名を冠するモデルが登場するまでには、1982年まで待たなければなりませんでした。それが同年のジュネーブショーで発表された「LP500S」で、LP400の発展型LP400Sの排気量を拡大したものでした。

ランボルギーニ カウンタック LP500S 1982-'85

ランボルギーニ カウンタック LP500S 1982-’85 (出典:favcars.com)

LP500に対しては、LP400の段階で既にフレーム構造に変更が加えられていた他、ダクトやルーバーを新設しエンジンの冷却対策が行われ、スタイリングも少なからず変更されていました。

ランボルギーニ カウンタック LP500S 1982-'85

ランボルギーニ カウンタック LP500S 1982-’85 (出典:favcars.com)

インテリアもLP500のアバンギャルドなデザインから一転し、7連メーター採用のインパネと3本スポーク式ステアリングに変更。同時に、足回りやブレーキにも強化が加えられていました。

ランボルギーニ カウンタック LP500S 1982-'85

ランボルギーニ カウンタック LP500S 1982-’85 (出典:favcars.com)

エンジンはLP500よりもやや排気量の小さい4,754 ccで、スペックが最高出力375hp/7,000rpm・最大トルク41.7kgm/4,500rpmで、最高速度は287km/hと発表されました。

ランボルギーニ カウンタック LP500S 1982-'85

ランボルギーニ カウンタック LP500S 1982-’85 (出典:favcars.com)

ボディサイズは、LP400S以降オーバーフェンダーの装備により全幅が拡大されており、LP500より100mm以上広い1,995mmになった一方、車両重量は1,100kgと若干ながら軽量化されていました。

ランボルギーニ カウンタック LP500S 1982-'85

ランボルギーニ カウンタック LP500S 1982-’85 (出典:favcars.com)

その後1985年に、排気量を5,167 ccに拡大すると共に48バルブ仕様とし、最高出力455hp/7,000rpm・最大トルク51kgm/5,200rpmまでアウトプットを向上させた「LP5000QV(クワトロ・バルボーレ)」が発売されました。

人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます