マセラティ 3200GT (’98-’01):フェラーリ傘下で開発された新世代グランツーリスモ

シェアする

マセラティ 3200GT 1998 (出典:favcars.com)

マセラティ 3200GT 1998 (出典:favcars.com)

フィアット傘下において設計開発を行っていたマセラティは、1997年にフィアットの意向により同じグループ企業であるフェラーリの指揮下に置かれる事となりました。そうした新体制の元で初めて開発されたモデルが、1998年のパリ・サロンで発表された高級2ドアクーペ「3200GT」でした。それまでのモデルからプラットフォームやスタイリングが一新された、新生マセラティに相応しいモデルでした。

デザインはジウジアーロが担当

マセラティ 3200GT 1998 (出典:favcars.com)

マセラティ 3200GT 1998 (出典:favcars.com)

エクステリア・デザインは、ジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタルデザインにより行われ、流麗かつクラシカルな雰囲気を醸すスタイリングは、それまでのマセラティ製グランツーリスモとは全く異なるものでした。殊にLEDランプを用いたリアコンビネーションランプは、ブーメラン形のユニークな意匠を持っていました。又、空力特性にも配慮され、Cd値は0.34を実現していました。

マセラティ 3200GT 1998 (出典:favcars.com)

マセラティ 3200GT 1998 (出典:favcars.com)

ボディサイズは全長4,510mm×全幅1,820mm×全高1,305mmで、2年前に生産終了となったスポーツクーペ「シャマル」よりも全長が400mm以上拡大されていました。ホイールベースは2,660mmでシャマルよりも260mm長く、車両重量も大幅に増加し1,590kgとなっていました。サスペンション形式は、1990年に生産を終了した「ロワイヤル」以来となる4輪ダブルウィッシュボーン式が採用されました。

エンジンはシャマル用をキャリオーバー

マセラティ 3200GT 1998 (出典:favcars.com)

マセラティ 3200GT 1998 (出典:favcars.com)

駆動方式はマセラティ伝統ともいえるFRが踏襲され、エンジンはシャマルからキャリオーバーされた空冷インタークーラー付きツインターボチャージャー仕様の3.2L V8DOHC32バルブが搭載されました。但し、圧縮比を7.5:1から8.0:1に高めるなどの改良が行われ、最高出力は45psアップの370ps/6,250rpm、最大トルクは5.5kgmアップの50kgm/4,500rpmを発生しました。

マセラティ 3200GT 1998 (出典:favcars.com)

マセラティ 3200GT 1998 (出典:favcars.com)

トランスミッションはシャマルと同様6速MTが組み合わせられ、最高速度はシャマルの10km/h増しとなる280km/hに向上した他、0-100km/h加速は0.2s短縮され5.1sとなりました。又、ホイール&タイヤは、フロント:8.0J×18+235/40ZR18/リア:9.5J×18+265/35ZR18という大径かつワイドなサイズが装着されました。そして翌1999年には、電子制御4速トルコン式ATが選択出来るようになりました。

マセラティ 3200GT 1998 (出典:favcars.com)

マセラティ 3200GT 1998 (出典:favcars.com)

日本市場には1998年11月からベースグレードの販売が開始され、2001年8月にドライビング・プレジャーを高めた上級グレード「アセットコルサ」が導入されました。3200GTは意欲作であったものの、LEDリアコンビネーションランプの光量不足から北米市場への投入が出来ない問題があった為、2001年中に早くも後継モデル「マセラティ・クーペ」にバトンタッチして生産終了となりました。

中古車の買取り/下取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます