ポルシェ 356 (’48-’65):ポルシェの名が付いた記念すべき第一号モデル

シェアする

ポルシェ 356 1300クーペ 1950-52 (出典:favcars.com)

1948年にデビューしたポルシェ製スポーツカー「356」は、ポルシェの名が付いた初めての市販車となりました。「フォルクスワーゲン・タイプⅠ」の開発者として知られるフェルディナント・ポルシェの息子を中心とするスタッフにより開発が進められ、まず2シーターのロードスターボディを持つMR方式のプロトタイプが試作され、その後RR方式に改められ2+2のロードスター/クーペの2本立てとなった「356/2」の生産が開始されました。

アルミボディにVWエンジンの組み合わせでスタート

ボディ形状はタイプⅠの流れを汲む丸みを帯びた流麗なもので、初期型はアルミ製ボディと2分割式のフロントウィンドウが特徴でした。ボディサイズは全長3,870mm×全幅1,660mm×全高1,300mm、ホイールベースは2,000mmで、初期型の車両重量は585kg~680kgと軽量でした。サスペンションはタイプⅠと共通の4輪トレーリングアーム/トーションバー式による4輪独立懸架で、ブレーキは4輪ドラム式でした。

ポルシェ 356 1600 S スピードスター 1956-58 (出典:favcars.com)

発売当初搭載されたエンジンは、タイプⅠと共通の1,131cc空冷フラット4 OHVをチューンナップしたもので、最高出力39.5ps/最大トルク7kgmのスペックを持ち、4速MTとの組み合わせにより最高速度140km/hの性能を発揮しました。翌1949年にレースのレギュレーション取得の関係で排気量が1,086ccに縮小され、最大トルクが若干低下し6.5kgmになりました。

量産モデルはスチールボディとなり排気量を拡大

1950年に生産拠点がオーストリアからドイツに移され、量産モデルの生産が本格的に立ち上がりました。ボディ形状が若干変更されると共に素材がスチール製となり、車両重量がクーペの場合で770kgまで増加しました。エンジンはキャブレターが変更され、最大トルクが7.1kgmに向上しました。次いで1951年に、フラット4の排気量を拡大した1.3Lエンジン搭載の「1300」及び1.5Lエンジン搭載の「1500」が追加されました。

ポルシェ 356 1600 S スピードスター 1956-58 (出典:favcars.com)

スペックは、前者が最高出力43ps/最大トルク8.3kgmで最高速度145km/h、後者が最高出力59ps/最大トルク10.4kgmで最高速度170km/hでした。翌1952年には、フロントウィンドウが一体型になるなど内外装が変更されると同時に、最高出力70ps/最大トルク11kgm、最高速度175km/hの性能を持つ高性能版の「1500スーパー」と、カブリオレのフロントウィンドウをカットして全高を80mm下げた「スピードスター」が追加されました。

マイナーチェンジを重ね性能が向上

356A

ポルシェ 356A (出典:favcars.com)

ポルシェ 356A (出典:favcars.com)

そして1956年にマイナーチェンジを実施して車名が「356A」となり、フロントウィンドウが丸みを帯びた形状になるなど内外装の変更が行われると共に、全長が3,950mmに拡大されました。同時に、最高出力100ps/最大トルク12.1kgm、最高速度201km/hの「1500GSカレラ」、最高出力60ps/最大トルク11.2kgm、最高速度160km/hの「1600」及び最高出力75ps/最大トルク11.9kgm、最高速度175km/hの「1600スーパー」が追加されました。

356B

ポルシェ 356B 1600 S ロードスター 1962-63 (出典:favcars.com)

次いで1959年に実施された2度目のマイナーチェンジで「356B」となり、ボディが全面的にリニューアルされ形状が微妙に変化した他、各部のディテールも変更されました。同時に、ボディサイズが全長4,010mm×全幅1,670mm×全高1,314mmに拡大されました。又、最高出力90ps/最大トルク12.3kgm、最高速度180km/hの性能を持つ「1600スーパー90」が追加されました。

356C

ポルシェ 356C 1600 カブリオレ 1963-65 (出典:favcars.com)

続いて1961年、排気量を2Lに拡大し、最高出力130ps/最大トルク16.4kgm、最高速度200km/hの性能と、4輪ディスクブレーキを備える高性能モデル「カレラ2」が追加されました。そして1963年に最後のマイナーチェンジを実施し、車名が「356C」となり、全車に4輪ディスクブレーキが装備されました。その翌年の1964年に後継モデル「911」がデビューした事に伴い、翌1965年に生産を終了し、17年に及ぶキャリアに終止符を打ちました。

356は、戦後のスポーツカーを代表する1台であり、当時世界中のメーカーの指標となりました。生産終了後も、数多くのレプリカが制作されるなど高い人気を維持し、現在でも多くの熱烈なファンが存在します。

人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます