トヨタ アベンシス (3代目 T270 ’09-):欧州を主戦場とし、国内ではワゴンのみを販売

シェアする

トヨタ アベンシス 2015

トヨタ アベンシス 2015

1997年に欧州市場向けモデルとしてデビューを果たしたトヨタのミディアムクラス・セダン/ステーションワゴン「アベンシス」は、2009年1月に3代目となる現行型が欧州でリリースされ、2011年9月にステーションワゴンのみが日本国内で発売されました。英国のファクトリーで生産され、トヨタ車でありながら欧州車的な味わいを備えるモデルとなっています。

ワンモーションフォルムが特徴のボディ

フランスのデザイン拠点で設計されたボディは、Aピラーが前方に位置するワンモーション風のフォルムを備え、オーソドックスなプロポーションだった先代からイメージを刷新しています。ボディサイズは全長4,780mm×全幅1,810mm×全高1,480mm、ホイールベースは2,700mmで、ホイールベースは不変ながらも先代よりも長くワイドで低いディメンションに変化しています。

トヨタ アベンシス 2015

トヨタ アベンシス 2015

車両重量はやや増加し、国内仕様で1,470~1,480kgとなっています。サスペンション形式は先代同様の前:マクファーソンストラット式/後:ダブルウィッシュボーン式を踏襲し、駆動方式はフルタイム4WDが廃止されFFのみが設定されます。国内仕様のエンジンは、2L直4ガソリンNAの3ZR-FAE型(最高出力152ps/最大トルク20kgm)のみのラインナップで、先代に設定のあった2.4L直4は廃止されました。

トヨタ アベンシス 2015

トヨタ アベンシス 2015

トランスミッションは先代のトルコン式に代わり、7速マニュアルモード付のCVTが組み合わせられます。室内は質感を向上させプレミアム感の演出を図った他、クラストップレベルの荷室スペースを実現した事が特徴となっています。グレード体系は、発売当初は「Xi」のみのモノグレードでした。そして2012年4月にマイナーチェンジを実施し、内外装のデザイン変更などが行わました。

M/Cで内外装のイメージを一新

エクステリア面では、LEDクリアランスランプが追加されたヘッドランプや押し出しの効いたアッパーグリル、開口部の大きなロワーグリルを採用した事で、フロントマスクのイメージが一新されました。一方インテリア面の変更は、シート表皮柄を変更した他、ドアグリップやドアスイッチベース、センタークラスターなどに加飾の追加や変更が行われました。

トヨタ アベンシス 2015

トヨタ アベンシス 2015

それと同時に、上級グレードの「Li」が追加されました。エクステリア面ではフロントフォグランプが追加された他、1インチアップの17インチアルミホイール&タイヤの装備により「Xi」との差別化が図られました。又、インテリア面でも仕様に変更が加えられ、アルカンターラ+本革のシート表皮が採用される他、センタークラスターやドアスイッチベースに木目調の加飾が施されます。

トヨタ アベンシス 2015

トヨタ アベンシス 2015

同時に、運転席電動ランバーサポートやクルーズコントロールが標準装備されるなど、快適装備の面でもアップグレードが図られています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます