トヨタ プリウスPHV (2代目 ’17-):先代から性能向上を図るとともにHV版との差別化を明確に [ZVW52]

シェアする

トヨタ プリウスPHV 2016

トヨタ自動車は2017年2月15日、ハイブリッド車「プリウス」をベースとしたPHV(プラグインハイブリッド車)、新型「プリウスPHV」を発表、同日販売を開始しました。先代モデルが発売されてから5年ぶりの全面改良で、性能や利便性の向上とともにハイブリッド版プリウスとの明確な差別化が図られたことが特徴となっています。

プリウスとエクステリアを差別化

プラットフォームはプリウスと共通で、ボディタイプも同様に5ドアハッチバックセダンのみが設定されます。スタイリングは、先代に対してはアグレッシブなイメージに変貌するとともに、燃料電池車「ミライ」を彷彿とさせるLED4連ヘッドランプ採用のフロントマスクや、中央部分がくぼんだダブルバブルのリアウィンドウなどにより、現行プリウスからも大幅なイメージチェンジが図られました。

トヨタ プリウスPHV 2016

ボディサイズは全長4,645mm×全幅1,760mm×全高1,470mmで、先代との比較では全長が165mm、全幅が15mm拡大され、全高は20mm低められました。また、現行プリウスに対しても全長が105mm延長されました。ホイールベースは、それらと同一の2,700mmとなっています。サスペンション形式は、現行プリウス同様のフロント:ストラット式/リア:ダブルウィッシュボーン式が踏襲されました。

燃費性能や充電の利便性が向上

プラグイン・ハイブリッドシステムは、1.8L直4ガソリンエンジン(最高出力98ps/最大トルク14.5kgm)+交流同期電動機(最高出力72ps/最大トルク16.6kgm)+電気式無段変速機+リチウムイオンバッテリー(総電力量8.8kWh)の組み合わせが採用されました。JC08モード燃費は先代を5.6km/Lしのぐ37.2km/Lを実現したほか、EVモードでの走行距離が26.4kmから68.2kmまで延長されました。

トヨタ プリウスPHV 2016

さらに、EV走行時の最高速度も従来よりも35km/h高い135km/hを実現したことも特徴となっています。また、充電システムが従来の200Vから100Vに変更されるとともに、急速充電システムの付加により汎用性・利便性が大きく向上しました。そのほか、オプションで用意されるソーラーパネルを装着した場合、最大で6.1km分のEV走行をまかなうことが可能となります。

安全運転支援システムを全車に装備

一方インテリア面は、プリウスには備わらない11.6インチの縦型タッチパネルを採用したことが特徴となります。また、乗車定員は先代プリウスPHVおよび現行プリウスが5人乗りであるのに対し、4人乗りとなったことも相違点となります。安全装備面では、単眼カメラとミリ波レーダーによる安全運転支援システム「Toyota Safety Sense P」が全車に標準装備されるなど、先代から大幅な強化が図られました。

トヨタ プリウスPHV 2016

グレード体系は、下から「S」「Sナビパッケージ」「A」「Aレザーパッケージ」「Aプレミアム」の5タイプのラインナップとなっています。

プリウスの購入を検討中なら、こちらもチェック!

プリウスの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます