フォルクスワーゲン up! (’11-):Aセグメントの枠を超えたトータルバランス

シェアする

フォルクスワーゲン up! 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

フォルクスワーゲン up! 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

フォルクスワーゲンのAセグメントハッチバック車「up!」は、2007年9月にフランクフルトモーターショーに出展されたコンセプトカーをベースに市販化に向けた改良を加え、2011年8月にまず欧州で、翌2012年10月に日本で発売が開始されました。コンセプトカーのRR方式からFF方式に変更された以外は基本コンセプトを踏襲し、このセグメントの枠を超えた優れたトータルバランスが特徴となっています。

フレンドリーなデザインのボディ

ボディは3ドアと5ドアがラインナップされ、共に日本にも導入されます。スタイリングは、微笑んだようなデザインのフロントバンパーがフレンドリーな印象を与えると共に、ダークガラスパネルを備えたテールゲートがリアビューのアクセントになっています。ボディサイズは全長3,545mm×全幅1,650mm×全高1,495mmで、全高を除き兄貴分の「ポロ」より一回り小さく、かつて販売されていた「ルポ」とほぼ同等のサイズとなっています。

フォルクスワーゲン up! 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

フォルクスワーゲン up! 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

ホイールベースはルポよりも長い2,420mmで、車両重量は900~920kgと軽量に抑えられています。エンジンは、欧州仕様は2種類のガソリン1L直3及び同排気量の天然ガス仕様がラインナップされたものの、日本仕様は出力が高い方のガソリン仕様(最高出力75ps/6,200rpm・最大トルク9.7kgm/3,000~4,300rpm)のみが導入されました。トランスミッションは、シングルクラッチ式AMT「ASG」が組み合わせられます。

フォルクスワーゲン up! 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

フォルクスワーゲン up! 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

輸入車トップの燃費を実現

JC08モード燃費は23.1km/Lで輸入車としてトップとなる他、CO2排出量も極めて少ない数値となっています。サスペンション形式は、ポロなどと同様の前:マクファーソンストラット式/後:トレーリングアーム式を採用します。インテリアは、ポップなデザインとカラーを持つインパネが特徴で、機能性重視のポロとは大きく異なるイメージに纏められる他、乗車定員は1人少ない4人となっています。

フォルクスワーゲン up! 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

フォルクスワーゲン up! 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

グレードは3ドア車がベースグレードの「move up!」のみ、5ドア車は「move up!」と上級グレードの「hi up!」の2種類が設定され、全車にこのクラス初となる衝突被害軽減ブレーキ「シティエマージェンシーブレーキ」が標準装備されます。一方で、給油キャップの開閉にキーが必要であったり、ドアミラーが手動式、5ドア車もリアクォーターウィンドウがポップアップ式であるなど、コストダウンの為割り切った仕様が特徴となっています。

フォルクスワーゲン cross up! 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

フォルクスワーゲン cross up! 2015 (出典:volkswagen.co.jp)

そして2015年6月、アイドリングストップ機構と減速エネルギー回生システムから構成される「BlueMotion Technology」を全車に採用し、燃費が25.9km/Lまで向上しました。次いで8月には、専用エクステリアによりクロスオーバー風に仕立てた「cross up!」が追加されました。駆動方式はFFを踏襲し、全長と全高がそれぞれ25mm拡大される他車両重量が950kgと若干重くなり、燃費はベースモデルから僅かに劣る25.2km/Lとなります。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます