アウディA1 (DBA-8 2010-):アウディ初のBセグメントコンパクトカー

シェアする

アウディ A1 2015 (出典:audi.co.jp)

アウディ A1 2015 (出典:audi.co.jp)

アウディの「A1」は、同社として初のBセグメントコンパクトカーとして2010年5月に欧州で発売が開始され、翌2011年1月に日本で発売が開始になりました。「A3」の弟分にあたり、グループ内の「フォルクスワーゲン・ポロ」とはプラットフォームを共用する姉妹車種となるものの、如何にもアウディらしいプレミアム感溢れる仕上がりになっている事が特徴となっています。

スタイリッシュなボディが特徴

ボディ形状は3ドアハッチバックで、同社独自のアイデンティティーを備えるフロントマスクと、塊感のあるプロポーションを特徴とします。又、ポロが直線的なボディラインによる機能性優先のデザインであるのに対し、A1は曲線を多用し美観を優先したデザインとなっている事が相違点になっています。乗車定員も異なり、ポロの5人に対しA1は4人になっています。

アウディ A1 2015 (出典:audi.co.jp)

アウディ A1 2015 (出典:audi.co.jp)

ボディサイズは全長3,970mm×全幅1,740mm×全高1,440mmで、ポロよりもワイド&ローなディメンションを持ち、ホイールベースは2,470mmで同一となっています。日本仕様の車両重量は1,190kgで、ポロよりもやや重くなっています。サスペンションはフロント:マクファーソンストラット式/リア:トーションビーム式で、ブレーキはフロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式となっています。

日本仕様はモノグレードでスタート

エンジンは、欧州仕様は1.2L及び1.4Lの直4ガソリン直噴ターボ「TFSI」と1.6L直4ディーゼルターボの3種類が用意され、トランスミッションは5速MTと7速DCT「Sトロニック」(1.4L車のみ)が設定されます。日本仕様は、1.4Lガソリン直噴ターボエンジン+Sトロニックのパワートレインを搭載する「1.4TFSI」のモノグレードでスタートしました。

アウディ A1 2015 (出典:audi.co.jp)

アウディ A1 2015 (出典:audi.co.jp)

エンジンのスペックは最高出力122ps/5,000rpm、最大トルク20.4kgm/1,500~4,000rpmで、アイドリングストップ機構とエネルギー回生システムを搭載し、JC08モード燃費は17.8km/Lとなっています。右ハンドル仕様のみの設定で、インテリアは黒を基調とした精悍な雰囲気でまとめられ、インパネはアウディ車ならではの機能的かつスポーティなデザインとなっています。

5ドア版を追加し、エンジンを変更

そして翌2012年6月に、5ドア版の「A1スポーツバック」が日本において発売開始になりました。A1に対しメカニズムに変更はなく、全幅が5mm広く車両重量が30kg増加する事と、乗車定員が5人となる事が相違点になっています。次いで2014年6月に、A1、A1スポーツバック共に気筒休止システム採用の1.4L TFSIエンジンを搭載するグレード「TFSIシリンダーオンデマンド」が追加されました。

アウディ A1 Sportback 2015 (出典:audi.co.jp)

アウディ A1 Sportback 2015 (出典:audi.co.jp)

スペックは最高出力140ps/4,500~6,000rpm、最大トルク25.5kgm/1,500rpm~3,500rpm、燃費20.4km/Lとなり、パワー・燃費共に向上を果たしました。そして2015年6月、A1/A1スポーツバック共にマイナーチェンジを実施し、フェスリフトにより全長が15mm拡大された他、内装が一部変更になりました。同時に電動パワーステアリングを採用すると共に、エンジン及びグレード体系が変更されました。

アウディ A1 Sportback 2015 (出典:audi.co.jp)

アウディ A1 Sportback 2015 (出典:audi.co.jp)

グレードは、1L直3ターボエンジン搭載の「1.0TFSI」及び「1.0TFSIスポーツ」(最高出力95ps/5,000~5,500rpm、最大トルク16.3kgm/1,500~3,500rpm、燃費22.9km/L)と、パワーアップを図った気筒休止システム付1.4L直4ターボエンジン搭載の「1.4TFSIシリンダーオンデマンドスポーツ」(最高出力150ps/5,000~6,000rpm、最大トルク25.4kgm/1,500~3,500rpm)の3種類となりました。

アウディ A1 2015 (出典:audi.co.jp)

アウディ A1 2015 (出典:audi.co.jp)

A1は、スタイリングや走行性能、環境性能などが高次元でバランスした、如何にもアウディ車らしい完成度の高いコンパクトカーとなっています。又、コンパクトカーとしては稀少なプレミアムモデルである事が最大の持ち味であり、セカンドカーを導入するにあたり通常のコンパクトカーでは飽き足らない都市部の富裕層を主な購買層として、堅実な人気を獲得しています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます