ホンダ クラリティPHEV発売 1.5Lエンジンと高出力モーターでEV走行距離114.6km

シェアする

ホンダ クラリティPHEV(プレミアムディープロッソ・パール)

ホンダは「CLARITY(クラリティ)」シリーズにプラグイン・ハイブリッドモデル「CLARITY PHEV(クラリティ ピーエイチイーブイ)」を追加し、2018年7月20日(金)に発売を開始した。

2030年めどに四輪車の3分の2を電動化に

ホンダは、2030年をめどに四輪車グローバル販売台数の3分の2を電動化することを目指し、電動車両の開発を進めている。クラリティ PHEVは高い環境性能に加え、力強いEV走行性能、大人5人がゆったり座れる上質な居住空間や広い荷室スペースといった、上級セダンとしての魅力を兼ね備えたプラグインハイブリッド車となっている。

ホンダ クラリティPHEV

ホンダの2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」をベースに、バッテリーの高容量化やコンバーターの高出力化など、電動コンポーネントの性能向上により、EV走行距離(充電電力使用時走行距離)114.6kmを実現。さらにEV走行駆動力を大幅に高めることで、走り出しから高速域まで、EV走行の持続範囲を大幅に伸ばしている。

ホンダ クラリティPHEV

また、高効率な走行を実現する3つのドライブモードを搭載。「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」をバッテリーの充電状態や走行の状況に応じて常に最適なモードを自動的に選択し、シームレスに切り替える。

充電システムには、普通充電ポートに加え、急速充電・外部給電ポートを標準装備。対応する外部給電器を接続することにより、外部機器への電力供給も可能となっている。

ホンダ独自の充電カードサービスと充電器の配備を推進

ホンダは、クラリティPHEVの発売に合わせ、NCSネットワーク(合同会社日本充電サービスの略称)の充電器約20,800基(2018年5月時点)が利用できるホンダ独自の充電カードサービス「Honda Charging Service(ホンダ チャージング サービス)」を用意するとともに、全国のホンダカーズへの急速充電器配備を進め、電動車の本格的な普及に向けて取り組んでいく。販売計画台数(国内・年間)は1,000台となっている。

ホンダ クラリティPHEVの価格

CLARITY PHEV:5,880,600円(消費税込み)

ホンダ クラリティPHEVのカラーバリエーション

ボディーカラー(全6色)

★は有料色 43,200円(消費税抜き40,000円)高

  • コバルトブルー・パール
  • プレミアムディープロッソ・パール★
  • プラチナホワイト・パール★
  • スーパープラチナ・メタリック★
  • モダンスティール・メタリック
  • クリスタルブラック・パール

インテリアカラー(全2色)

ホンダ クラリティPHEV

  • ホワイトアイボリー
    (対応ボディーカラー:プラチナホワイト・パール/プレミアムディープロッソ・パール/コバルトブルー・パール)
  • ブラック
    (対応ボディーカラー:スーパープラチナ・メタリック/モダンスティール・メタリック/クリスタルブラック・パール)

ホンダ クラリティPHEV

ホンダ クラリティPHEVの主な特長

パワートレイン

EV走行距離(充電電力使用時走行距離)114.6kmを実現した「SPORT HYBRID i-MMD Plug-in」

ホンダ クラリティPHEV プラグインハイブリッドシステム構造イメージ

  • 直列4気筒1.5Lアトキンソンサイクルエンジンと2モーターハイブリッドシステムをHonda初の組み合わせで採用。最高出力135kW[184PS]・最大トルク315N・m[32.1kgf・m]のモーター出力による力強い走りと、EV走行距離(充電電力使用時走行距離)114.6kmを実現。また、直列4気筒1.5Lアトキンソンサイクルエンジンは、熱効率の改善と低エミッション化を追求し、最大熱効率は世界トップレベル(1.5Lガソリンエンジンとして。2018年7月現在、Honda調べ)となる40.5%(Honda測定値)を達成。
  • 総電力量17.0kWhを備えた高容量・高出力バッテリーと高圧デバイスを一体化したインテリジェントパワーユニット(IPU)を薄型化して床下に配置し、ハーネスや12V DC-DCコンバーターをセンタートンネル部に格納することで、広い室内空間と低全高セダンフォルムを実現。また、バッテリーの冷却には水冷方式を採用し、コンパクトなレイアウトで効率的に冷却することで小型化とバッテリーの耐久性向上を実現。

EV走行を中心に高効率な走行を実現する3つのドライブモード

ホンダ クラリティPHEV パワー/チャージメーター

  • 「EVドライブ」「ハイブリッドドライブ」「エンジンドライブ」の3つのドライブモードを搭載。EV走行を中心に、バッテリーの充電状態や走行の状況に応じて常に最適なモードを自動的に選択し、シームレスに切り替える。

EV走行の上限が直感的に分かるペダルクリック機構

  • アクセルペダルを一定量踏み込んだ位置に、スイッチを押すようなクリック感(反力)が生じるポイントを設定。ECONモードでの走行時は、ペダルの踏み込みをポイントの手前までにすると、エンジンの始動を抑え、EV走行をより長く持続する。

装備

外出先でも充電しやすい急速充電機能を搭載

  • ・普通充電に加え、急速充電・外部給電ポートを標準装備。国際標準規格「CHAdeMO」に対応し、約30分で満充電量の80%の充電が可能としている。急速充電中にパワーモードをオンにすると、エアコンやオーディオ、シートヒーターなどが使用できる「コンフォートチャージ」機能を搭載。充電中も車内で快適に過ごせる。

インターナビ充電スタンド検索機能

・標準装備のHondaインターナビでNCSネットワークの充電器設置場所を簡単に検索可能。充電スタンドまでのルート案内に加え、空き情報などもわかるようになっている。

パッケージ

5名乗車が可能な居住空間を備えたキャビンスペース

ホンダ クラリティPHEV

  • 床下に薄型IPU、荷室下に燃料タンクを配置することで、上級セダンにふさわしい5人がゆったりくつろげるキャビンと広い荷室空間、空力特性に優れた低全高フォルムを実現。

ホンダ クラリティPHEV

通信機能

人とクルマが通信でつながる先進機能

  • スマートフォンで専用アプリケーション「Honda Remote App」を使用することにより、航続可能距離や高電圧バッテリー残量、車内温度の車両情報をスマートフォンで取得できるほか、タイマー充電設定や充電用リッドのオープン、エアコンのオン/オフ操作や出発時間に合わせたタイマー設定が遠隔で可能。またBluetooth通信を採用し、施錠・ドアなどの閉め忘れ通知や、広い駐車場で車を見つける「カーファインダー」などの機能を応答性の良い通信状況で使用可能。

安全装備

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備

<クラリティ PHEVに搭載するHonda SENSINGの機能> ※サポカーSベーシック+に適合

  • 衝突軽減ブレーキ<CMBS>
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 誤発進抑制機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • 標識認識機能
  • LKAS<車線維持支援システム>
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 渋滞追従機能付ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>

ホンダ クラリティPHEVの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK