トヨタ シエンタ マイナーチェンジ 2列シート車が追加に

シェアする

トヨタ シエンタ FUNBASE G(2列シート車)

トヨタは、シエンタのマイナーチェンジを実施した。全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて2018年9月11日に発売。

トヨタ シエンタ(3列シート車)

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリル等のデザイン変更を行い、Fun & Activeな外観デザインを進化。また、従来の3列シート車(6人または7人乗り)に加えて、アウトドアや車中泊に最適な、2列シート車(5人乗り)「FUNBASE X」「FUNBASE G」を新設定した。安全機能については、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)を設定したほか、ハイブリッド車は28.8km/Lの低燃費を実現し、平成32年度燃費基準+50%を達成している。

シエンタ マイナーチェンジの主なポイント

2列シート車を新規設定

トヨタ シエンタ(2列シート車)

  • 2列目シートを倒すことで、フラットかつ、最大荷室長2,065mmの大容量なラゲージを実現。26インチのマウンテンバイク2台の積載や、車中泊などの、アクティブなシーンで活躍する。
  • デッキサイド両側には、ユーティリティホールが9個ずつあり、販売店装着オプションのユーティリティフックやシステムバーと組み合わせると、さまざまなアクティビティ用途に対応した荷室の使い方ができる。

トヨタ シエンタ

安全機能の強化

  • アクセルとブレーキを踏み間違えた時などに、障害物を検知して自動でブレーキをかけるインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)を新設定。
  • 歩行者(昼間)検知機能を追加した、Toyota Safety Senseを設定。
  • 車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビューモニターをオプション設定。運転席からの目視だけでは見えにくい、車両周辺の状況をリアルタイムに確認することができる。

外観デザインの変更

トヨタ シエンタ

  • 「Fun & Active」な世界観、および「斬新・スポーティさ」を継承しながら、フロントバンパー、フロントグリル、ヘッドランプ、リヤランプ、ホイールキャップの意匠を変更し、質感を高めた。
  • 外板色に、ツートーン全6色を新設定。モノトーンは、新規設定色ベージュなどを含む全10色を設定している。

トヨタ シエンタ

便利な機能を拡充

  • パワースライドドア予約ロック機能(スマートロック操作)を新設定。パワースライドドアのクローズ中に施錠操作を行うと、クローズ後の施錠を予約できる。
  • 後席への荷物の置き忘れを通知する、リヤシートリマインダーを日本初採用。後席ドアの開閉でシステムが作動し、走行後、車両を停車しイグニッションをオフにすると、マルチインフォメーションディスプレイに荷物置き忘れ防止の通知メッセージが表示される。

ウェルキャブ

車いす仕様車および助手席回転チルトシート車を継続設定し、ベース車と同様の改良を実施。また、車いす仕様車については、ラゲージスペースが使いやすくなるスロープ前倒れ機能を設定拡大し、全車標準装備としている。

トヨタ シエンタの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK