スズキ エスクードがマイナーチェンジ 外観変更と安全装備を充実

シェアする

スズキ エスクード 1.4ターボ_ギャラクティックグレーメタリック

スズキは、コンパクトSUV「エスクード」を一部仕様変更し、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を充実させて2018年12月21日より発売する。

デュアルセンサーブレーキサポートを搭載

今回のマイナーチェンジでは、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載したほか、隣接車線の後方から接近する車両を検知する「ブラインドスポットモニター[車線変更サポート付]」、駐車場などで自車の後方左右から接近する車両を検知する「リヤクロストラフィックアラート」、全車速での追従機能を備えた「アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]」を標準装備して、予防安全性能を高めた。

スズキ エスクード

デザイン面では、外観はメッキフロントグリル、フロント・リヤバンパー、アルミホイール、リヤコンビネーションランプのデザインを一新し、より上質で力強い印象とした。内装はシート表皮、インパネガーニッシュ、センタークロックの意匠変更や、カラー液晶マルチインフォメーションディスプレイ、ソフトパッド(インストルメントパネル天面)を採用するなど、質感や先進性を向上させている。

販売目標台数(年間)は1,200台(国内)、メーカー希望小売価格は2,658,960円(消費税込)

スズキ エスクード マイナーチェンジの主な特長

予防安全性能の向上

ブラインドスポットモニター[車線変更サポート付]を標準装備

約15km/h以上で走行中、隣接車線の後方から接近する車両を検知し、検知側のドアミラーのインジケーターが点灯してドライバーにお知らせする。さらに、点灯した側にウインカーを操作すると、インジケーターの点滅と警報音で注意を促す。

リヤクロストラフィックアラートを標準装備

駐車場などで自車が低速で後退しているとき、自車の後方左右から接近する車両を検知し、メーター内の表示と警報音で注意を促す。

アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]を標準装備

追従走行の作動速度域を従来の「約40km/h以上」から「0km/h以上」へ拡大。追従走行中の先行車が停止すると自車も減速して停止し、先行車が2秒以内に発進した場合は追従走行を再開。先行車との速度差や車間距離を測定し、先行車がいなくなった場合はあらかじめ設定した速度(約40km/h~)で先行車との車間距離を保ちながら自動的に加速、減速し追従走行する。

デュアルセンサーブレーキサポートを標準装備

単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を搭載した。

1.4L直噴ターボエンジン

  • 燃費とパワーを両立する1.4L直噴ターボのブースタージェット エンジンを搭載。2.0L自然吸気エンジン並みの高出力・高トルクを実現し、街乗りから高速走行まで幅広いシーンで扱いやすく優れた性能を発揮。
  • 1速~6速の変速比幅が大きく、低速域では優れた発進加速性能、登坂性能を実現した6速AT(マニュアルモード付パドルシフト)を採用。高速域では優れた静粛性、燃費性能を発揮。

新世代四輪制御システム「ALLGRIP」

  • 「電子制御4WDシステム」「4モード走行切替機能」「車両運動協調制御システム」の、3つのテクノロジーからなるスズキ独自の新世代四輪制御システム「ALLGRIP」を採用。AUTO、SPORT、SNOW、LOCKの4つのモードから選ぶことで、さまざまな走行シーンにおいて、優れた走破性と走行安定性を実現。
  • エスクード専用制御を採用し、オフロードに多い前後2輪(対角輪)がスリップする路面状況での走破性を向上。LOCKモード選択時、さらに強力なブレーキ制御を行なうことでより高い悪路走破性を実現。

内外装の特徴

エクステリア

スズキ エスクード 1.4ターボ_サバンナアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ

  • スモークメッキフロントグリル
  • メッキフロントバンパーガーニッシュ
  • ガンメタリックリヤバンパーアンダーガーニッシュ
  • リヤコンビネーションランプ[LEDストップランプ]
  • 17インチアルミホイール[切削加工&ガンメタリック塗装]
  • ブループロジェクターカバー付LEDヘッドランプ
  • メッキLEDイルミネーションランプベゼル
  • カラードドアミラー[ルーフ色と同色]
  • 遮音機能付フロントガラス
  • 車体色は新色の水色「アイスグレーイッシュブルーメタリック ブラック2トーンルーフ」をはじめ全6色を設定。

インテリア

スズキ エスクード

  • 本革&スエード調シート表皮
  • マルチインフォメーションディスプレイ[カラー]

スズキ エスクード メーター&カラー液晶マルチインフォメーションディスプレイ

  • センタールーバーリング[サテンメッキ]
  • サイドルーバーリング[サテンメッキ]
  • センタークロック[サテンメッキガーニッシュ付]
  • 高輝度シルバーシフトゲートガーニッシュ
  • 高輝度シルバードアアームレストオーナメント(フロント、リヤ)
  • ソフトパッド(インストルメントパネル天面)
  • メーター、インパネガーニッシュ、センタークロック、本革巻きステアリングホイール意匠変更
  • シフトブーツステッチ色をブラックに変更

スズキ エスクードの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK