三菱 新型「デリカD:5」発売

シェアする

三菱 デリカ D:5

三菱自動車は、新型『デリカ D:5(ディーファイブ)』を全国の系列販売会社を通じて2019年2月15日から販売を開始した。車両本体のメーカー希望小売価格は 3,842,640 円~4,216,320 円(消費税込)。

デザインコンセプトは「ダイナミックシールド」

新型『デリカ D:5』では、三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」や縦型のマルチ LED ヘッドライトを採用し、一目で新型『デリカ D:5』と分かる特徴的なエクステリアとした。また、デザインを一新した水平基調のインストルメントパネルは機能性と開放感を兼ね備えると共に、上質感のあるインテリアとなっている。

加えて、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]などの予防安全技術「e-Assist」を装備して安全性を向上。また大幅改良を施したクリーンディーゼルエンジンと新開発の 8速スポーツモード A/T の組み合わせにより、よりパワフル且つ静かで滑らかな走りへと進化している。

URBAN GEAR(アーバンギア)

三菱 デリカ D:5 URBAN GEAR G-Power Package

さらに新型『デリカ D:5』では、都会的なデザインをお求めになるお客様に向けて、ソリッドかつクリーンなフロントメッキグリルやワイド感のあるフロントバンパーなど、洗練されたモダンなデザインの『デリカ D:5 URBAN GEAR(アーバンギア)』を新規設定した。

新型『デリカ D:5』はディーゼルエンジン搭載モデルのみとなる。ガソリンエンジン搭載モデルは現行型『デリカ D:5』のグレードと装備内容を見直し継続販売される。

新型『デリカ D:5』の商品特長

新型『デリカ D:5』は、「様々な道路状況において、乗員や荷物を目的地まで確実に運ぶクルマ」という、歴代『デリカ』の商品コンセプトを継承。低速から力強いトルクを発揮する大幅改良を施したクリーンディーゼルエンジンや新開発の8速スポーツモード A/T、4WD 性能の向上などにより、定評のあった走破性能・走行性能をさらに進化させるとともに、最新の予防安全技術を搭載したオールラウンドミニバンとなっている。

プレステージ性を高めたアクティブなデザイン

三菱 デリカ D:5

『デリカ』が従来から継承してきた高い走破性能を可能とする力強いデザインに上質感を加え、プレステージ性を高めた洗練されたアクティブなデザインとした。

  • 三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を取り入れ、縦型のマルチ LED ヘッドライトと LED ポジションランプを採用。一目で新型『デリカ D:5』と分かる、特徴的で上質なデザインとすると共に、安全な視界と対向車や歩行者からの視認性も高めることで、デザイン性と機能性を両立。
  • リヤコンビネーションランプはリヤゲートガーニッシュと連続性を持たせ、テールランプを外側まで光らせる特徴的なデザインとし、ワイド感や安定感を表現。
  • ボディカラーは歴代『デリカ』が採用してきたグリーンを継承し「エメラルドブラックパール」を新たに開発。『デリカ』らしさを引き立てる 2 トーンの「エメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリック」をテーマカラーとした。

三菱 デリカ D:5

上質で開放感のあるインテリア

三菱 デリカ D:5

  • インストルメントパネルのデザインを一新。水平基調で構成されたインストルメントパネルに、生命力あふれる力強いサバ杢(原木が二又に分かれるサバ部分)柄の立体木目を採用し、オールラウンドミニバンとしての機能性と上質さを兼ね備えた。
  • 三菱自動車の 4WD 車に採り入れている、水平基調の「ホリゾンタルアクシス」というコンセプトに基づき、走行時に車体姿勢が掴みやすく、ワイド感に寄与するインストルメントパネルとした。
  • ステッチを施したソフトパッドや、削り出しの金属が持つ重厚なイメージのセレクトモードダイヤル、立体盤面によるメーターデザインなど、見て触って感じるしっかり感と上質さを随所に盛り込んでいる。
  • シート生地は、動きのある幾何学柄で力強さと躍動感を表現し、エンボスを施した丈夫で上質な仕立てとした。メーカーオプションの本革シートは、ダイヤキルティングで力強さとオーセンティックな高級感を演出。

三菱 デリカ D:5

予防安全技術の採用と快適装備の追加

  • 予防安全技術「e-Assist」を新規採用し、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]や車線逸脱警報システム[LDW]、レーダークルーズコントロールシステム[ACC]などにより、安全性を高め、全車「サポカー」に該当。また、車速感応オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付)、クローズ&ロック機構を採用、加えて、大画面の「DELICA D:5 オリジナル 10.1 型ナビゲーション」を新たにディーラーオプションで設定し、利便性を向上。
  • 以下の機能をもった予防安全技術「e-Assist」を新規採用。
    • 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]:前方車両や歩行者を検知し、衝突の危険があると判断した場合、警報ブザーで注意を促し、ブレーキ制御を自動で作動させ衝突回避または衝突被害を軽減。
    • 車線逸脱警報システム[LDW]:車線を外れそうになると警報ブザーで注意を促す。
    • レーダークルーズコントロールシステム[ACC]:認識した先行車の加速・減速・停止に対応して追従走行をサポート。設定した車間距離を保ち、任意に設定した速度を上限に走行する。停止した際は、一定時間停止状態を保持し、先行車が発進した際は、ドライバーによるアクセル操作またはスイッチ操作により、追従を再開する。
    • オートマチックハイビーム[AHB]:周囲の明るさや対向車を検知し、状況に合わせ自動的にハイビームとロービームを切り替え、遠方視認性を高める。
    • 後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]:高速道路など多車線道路走行時に後側方を並走する車両や、隣接車線後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラーインジケーター点灯で車両の存在を告知。その状態で車両のいる方向にウインカーを出した場合はさらに警報ブザーとドアミラーインジケーター点滅で注意を促す。
      (『デリカ D:5』P に標準装備、『デリカ D:5』G-Power Package/
      『デリカ D:5 URBAN GEAR』G-Power Package にメーカーオプション)
    • 後退時車両検知警報システム[RCTA]:駐車場から後退して出庫する際、後側方から接近してくる車両を検知。警報ブザー、インフォメーション画面表示、ドアミラーインジケーター点滅で注意を促す。
      (『デリカ D:5』P に標準装備、『デリカ D:5』G-Power Package/
      『デリカ D:5 URBAN GEAR』G-Power Package にメーカーオプション)
  • 車速感応オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付)を全車装着。また、電動スライドドアとエレクトリックテールゲートには、スイッチを2度押しすることで、ドア/ゲートが閉まると同時に施錠が完了するクローズ&ロック機構を採用、ドア/ゲートが閉まるのを待たずに車を離れることができる便利な機能となっている。
  • 「DELICA D:5 オリジナル 10.1 型ナビゲーション」は、大画面ディスプレイをナビ、オーディオ/ビジュアル、ツール、アプリの 4 つのエリアに分割表示、更に各エリア画面のレイアウトを自由に切り替えることができるため、シーンに合わせて自由に操作することが可能(ディーラーオプション)。

圧倒的な走破性能と高品質な走り

2.2L コモンレール式 DI-Dクリーンディーゼルターボエンジンと新開発の8速スポーツモード A/T の組み合わせにより、よりパワフル且つ静かで滑らかな走りへと進化。電子制御 4WD システムに、新たにヨーレイトフィードバック制御
を追加することで車両の旋回運動を的確に判断、ドライバーのハンドル操作に忠実な車両挙動を実現する。

また、ディーゼルターボエンジンの排出ガスをクリーンに浄化する尿素 SCRシステムを三菱自動車として初採用しました。尿素水溶液である AdBlue®により、窒素酸化物(NOx)を安定して浄化します。また遮音材と吸音材の採用箇所を増やすことで、静粛性を大きく向上させた。

  • 2.2L コモンレール式 DI-D クリーンディーゼルターボエンジンは、フリクションの大幅低減、燃焼室の変更、次世代燃料インジェクターの搭載など、エンジンを構成する主要機構部品の約5割を改良。従来車に対し最大トルクを5%アップさせ 380N・m とし、ワイドかつクロスレシオ化した新開発の 8 速スポーツモードA/T と組み合わせることで、燃費と動力性能を向上、低速からトルクフルな走りとシフトショックの少ない滑らかな加速を実現した。
  • トラクションコントロールの最適化を図るとともに、モーグル路のような走行が困難になる状況での発進・走破性能を高める制御範囲を従来型の 4WD ロックのみから、4WD オートにも拡張し、悪路走破性をさらに高めた。
  • フロントサスペンションのコイルスプリングの配置と傾斜角を変更し、正確なハンドリングと滑らかな操舵感を実現しました。またリヤサスペンションはスプリング特性の見直しとショックアブソーバーのサイズアップにより、走破性能と乗り心地を両立。
  • 新たにデュアルピニオン電動パワーステアリングを採用。初期操舵からのしっかり感を確保すると共に、モーターによる違和感を少なくし、より自然な操舵フィーリングを実現。
  • フロントウィンドシールドに遮音対策を施し、フロアカーペットにも遮音材を追加するなど、防音性能を強化し、車内の静粛性を向上。またディーラーオプションのフロアマットにも吸音機能を追加することで、更に静粛性を高めた。

もう一つの新しい個性『デリカ D:5 URBAN GEAR(アーバンギア)』

洗練されたモダンなイメージの『デリカ D:5 URBAN GEAR(アーバンギア)』を新規設定。

  • エクステリアはソリッドかつクリーンなフロントメッキグリルと、ワイド感と安定感のあるフロントバンパーにより、ダイナミックな塊感を表現。また、マフラーの切り欠きを廃したリヤバンパーと、洗練されたイメージのリヤゲートガーニッシュ(クリア)を採用し、モダンでクリーンなリヤスタイリングとした。
  • インテリアはバール杢(根の近くの瘤こぶにできる希少価値の高い木目)柄を再現し、艶の高い青みの黒木目をアクセントに配した。

三菱 デリカD:5の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK