ジャガー Fタイプ (J60 2012-):ジャガーおよそ半世紀ぶりの2シータースポーツ

シェアする

ジャガー F-TYPE 2016 (出典:jaguar.co.jp)

ジャガー F-TYPE 2016 (出典:jaguar.co.jp)

ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」は、2012年9月に開催されたパリモーターショーにおいて、「Eタイプ」の発売からおよそ半世紀ぶりの新型2シータースポーツカーとして出展されました。まず電動ソフトトップを持つコンバーチブルがデビューし、追ってフィクスドヘッドのクーペが追加されました。日本ではコンバーチブルが2013年5月に、クーペが2014年4月に発売されました。

ジャガー F-TYPE 2016 (出典:jaguar.co.jp)

ジャガー F-TYPE 2016 (出典:jaguar.co.jp)

スタイリングは、ジャガーならではの優美さとダイナミックさを併せ持つものとなっています。ボディサイズは全長4,470mm×全幅1,925mm×全高1,310~1,315mmで、4シータースポーツカー「XK」よりも320mm短く30mm広いショート&ワイドなディメンションになっています。ホイールベースはXKよりも130mm短い2,620mmで、車両重量はほぼ同等の1,720~1,860kgとなります。

エンジンは全車スーパーチャージャー仕様

サスペンション形式は、フロント:ダブルウィシュボーン式/リア:マルチリンク式のXKとは異なり、4輪ダブルウィッシュボーン式を採用します。駆動方式はジャガー伝統ともいえるFRがベースで、追ってフルタイム4WD車が追加されました。エンジンは、3L V6スーパーチャージドと5L V8スーパーチャージドが用意され、トランスミッションは8速トルコン式が基本で、3L車の一部に6速MTが追加設定されました。

ジャガー F-TYPE 2016 (出典:jaguar.co.jp)

ジャガー F-TYPE 2016 (出典:jaguar.co.jp)

発売当初のグレード体系及び搭載エンジンは、「コンバーチブル/クーペ」に最高出力340ps/最大トルク45.9kgmの3L V6が、「Sコンバーチブル/Sクーペ」に最高出力380ps/最大トルク46.9kgmのハイチューン版3L V6が、「V8Sコンバーチブル」に最高出力495ps/最大トルク63.7kgmの5L V8が、「Rクーペ」に最高出力550ps/最大トルク69.3kgmのハイチューン版5L V8がそれぞれ搭載されました。

ジャガー F-TYPE 2016 (出典:jaguar.co.jp)

ジャガー F-TYPE 2016 (出典:jaguar.co.jp)

装備面では、全車にメリディアン製サラウンドサウンドシステムが標準装備される他、「S」と「R」にクルーズコントロールとオートマチック・スピードリミッターが、「S」のみに発進加速を最適化する「ダイナミック・ローンチ・モード」と機械式リミテッドスリップデフが備わります。又、オプションでコーナーリング時のアンダーステアを軽減する「トルクベクタリング・バイ・ブレーキ」が用意されます。

錦織圭仕様を限定販売

そして2014年11月に発売された2016年モデルでグレード体系が変更され、最高出力550ps/最大トルク69.3kgm仕様の5L V8エンジンを搭載する「Rコンバーチブル」と、同エンジンとフルタイム4WD方式を組み合わせた「RクーペAWD」が追加され、「Sコンバーチブル」と「V8Sコンバーチブル」はカタログ落ちしました。同時に、プロテニスプレーヤー錦織圭がプロディースする限定車「KEI NISHIKORI EDITION」が発売されました。

ジャガー F-TYPE 2016 (出典:jaguar.co.jp)

ジャガー F-TYPE 2016 (出典:jaguar.co.jp)

そして2015年4月に、往年のレーシングカー「Dタイプ」をモチーフに内外装のモデファイを施し、5L V8スーパーチャージドエンジンを最高出力575psまでアップして搭載するコンバーチブルタイプの限定車「プロジェクト7」が発売されました。販売台数は僅か3台でした。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます