マツダ CX-8 (KG2P 2017-):CX-5の兄貴分として誕生した3列シート仕様SUV

シェアする

マツダ CX-8 2017

マツダは2017年9月14日、3列シート仕様の新型クロスオーバーSUV「CX-8」を発表、同年12月14日に販売が開始されることとなりました。2列シート仕様の「CX-5」の兄貴分に位置付けられる国内専用モデルで、ボディサイズはCX-5から拡大された一方で、日本の道路事情に合わせ海外市場向けの「CX-9」に対し若干のダウンサイジングが施されました。

CX-5から全長とホイールベースを延長

5ドアボディのスタイリングは、フロントマスクにCX-5と共通の意匠が採用されたほか、全体的なフォルムもイメージが踏襲されました。ボディサイズは全長4,900mm×全幅1,840mm×全高1,730mmで、CX-5から全長が355mm、全高が40mm拡大されました。ホイールベース2,930mmで、CX-5から230mm延長されました。

マツダ CX-8 2017

駆動方式はCX-5同様、FFとフルタイム4WD「i-ACTIV 4WD」が設定されました。エンジンはCX-5と異なりガソリンの設定はなく、2.2L直4ディーゼルターボのみの設定となるほか、CX-5に設定される同ユニットから最高出力が15psアップの190ps、最大トルクが3.1kgmアップの45.9kgmとされ、ボディ拡大に伴い大幅に増加した車両重量に対応しています。

マツダ CX-8 2017

トランスミッションは、CX-5同様に全車に6速トルコン式AT「SKYACTIV-DRIVE」が組み合わせられます。サスペンション形式は、CX-5同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:マルチリンク式が踏襲され、ブレーキも同様にフロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式が装備されました。

6人乗り仕様と7人乗り仕様を設定

一方室内は、2列目キャプテンシートの6人乗り仕様と同ベンチシートの7人乗り仕様が設定されるほか、ともに後方の席ほど座面が高く設定されるスタジアムシートレイアウトが採用されました。また、インパネは基本的にCX-5と共通のデザインとなるものの、上級グレードにはそれよりもワンランク上の加飾が採用されました。

日産 リーフ 2017

グレード体系はベーシックな「XD」、中間グレードの「XDプロアクティブ」、本革シートが備わる最上級グレード「XD Lパッケージ」の3タイプがラインナップされました。安全運転支援システム「i-ACTIVESENSE(アイアクティブセンス)」は全車に標準で備わり、その内容は「アドバンスト・スマート・シティ・サポート」や「車線逸脱警報システム」、「ブラインド・スポット・モニタリング」などから構成されます。

日産 リーフ 2017

さらにXDプロアクティブ/XD Lパッケージには、「スマート・ブレーキ・サポート」や「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」、「交通標識認識システム」、「ドライバー・アテンション・アラート」なども備わります。

CX-8の購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます