マツダ ベリーサ (DC 2004-2015):デミオより上級志向のプレミアム・コンパクト

シェアする

マツダ ベリーサ L 2015 (出典:mazda.co.jp)

マツダ ベリーサ L 2015 (出典:mazda.co.jp)

マツダのBセグメント・ハッチバック車「ベリーサ」は、「アクセラ」と「デミオ」の間を埋める車種として2004年6月に発売されました。プラットフォームやパワートレインなど主要コンポーネンツを2代目デミオから流用しながら、インテリアの質感や装備などで差別化を図ったプレミアム・コンパクトカーで、同時に発売以来11年間に渡り基本設計に変更がないまま販売が継続されるロングセラーカーともなっています。

洗練されたスタイリングが特徴

スタイリングは、2代目デミオ同様の6ライト・5ドアハッチバックながら、より都会的で洗練された雰囲気を持ち、当時のマツダのデザイン力を如何なく発揮したものとなっています。ボディサイズは全長3,975mm×全幅1,695mm×全高1,530mmで、2代目デミオより全長と全幅が僅かに大きく、現行デミオに対しては全長が短く全幅は同一となっています。

マツダ ベリーサ L 2015 (出典:mazda.co.jp)

マツダ ベリーサ L 2015 (出典:mazda.co.jp)

ホイールベースは2代目デミオと同一の2,490mmで、現行デミオより80mm短いものとなります。サスペンションは、2代目デミオ同様の前:ストラット式/後:トーションビーム式を踏襲しています。車両重量は1,100~1,170kgで、2代目デミオの1.5L車とほぼ同等になっています。エンジンも又2代目デミオに設定されていた1.5L直4ガソリンのZY-VE型で、最高出力113ps/6,000rmp・最大トルク14.3kgm/4,000rpmのスペックを備えます。

燃費よりも内装が売り物

トランスミッションは4速トルコン式ATのみの設定で、発売当時は平均的なメカニズムであったものの、6速に多段化された現行デミオなどと比較すると時代を感じさせるものとなっています。駆動方式はFFがベースで、他に後輪をモーターで駆動する「e-4WD」が設定されます。JC08モード燃費はFF車で16.4km/Lで、発売当初はこのクラスの平均的な燃費性能であったものの、現在の水準からはやや見劣りする数値となっています。

マツダ ベリーサ L 2015 (出典:mazda.co.jp)

マツダ ベリーサ L 2015 (出典:mazda.co.jp)

インテリアは、素材の上質感に拘った他、ブルーのLEDライトによるムーディな室内空間の演出を図った点が特徴となります。発売当初はモノグレードであったものの、2005年6月にオプションのレザーパッケージを標準装備した上級グレード「L」が設定されると共に、従来のグレードは「C」と命名されました。次いで2009年5月、全車にイモビライザーを標準装備し、オーディオレスを標準化する仕様変更が行われました。

マツダ ベリーサ L 2015 (出典:mazda.co.jp)

マツダ ベリーサ L 2015 (出典:mazda.co.jp)

そして2010年7月に一部改良を行い、メーターの文字盤デザインの刷新や燃費計及びエコランプの追加などの仕様変更の他、「L」にオートライトシステムやレインセンサーワイパーが標準装備されました。次いで2012年6月に、前後席のヘッドレストを大型化し、後部中央席にヘッドレストと3点式シートベルトを設定しました。更に翌2013年7月には、「スーパーUVカット・フロントドアガラス」が標準装備されました。

マツダ ベリーサ L 2015 (出典:mazda.co.jp)

マツダ ベリーサ L 2015 (出典:mazda.co.jp)

そして2014年8月、安全装備の追加と共に、4WD車がカタログ落ちしFF車のみとなりました。ベリーサは、元々がユーザー層を絞った商品企画であった為、販売面では発売当初からデミオに及ばず、市場競争力が低下した現在はごく少量が細々と生産される状況になっています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます