メルセデス・ベンツ Bクラス (2代目 W246 2011-):先代からプラットフォームやパワートレインを一新

シェアする

メルセデス・ベンツ Bクラス 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ Bクラス 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツのコンパクトカー「Bクラス」は、「Aクラス」の兄貴分として初代モデルが2005年にデビューしました。そして2011年に欧州で発表された2代目モデルが、2012年4月から日本でも販売が開始されました。先代からプラットフォームやパワートレインを刷新し、総合性能の改善が図られると共に、セミトールワゴンスタイルから一般的なハッチバック車に近いプロポーションに変貌しました。

低床プラットフォームにダウンサイジングターボの組み合わせ

ボディは先代同様5ドアハッチバックで、スタイリングは先代よりもシャープな造形に変貌すると共に、Cd値0.26の空力特性を実現しました。日本仕様のボディサイズは全長4,365mm×全幅1,785mm×全高1,540mmで、先代から全長が95mm延長され全高は55~65mm低くなっています。本国仕様の全高は1,557mmで、日本仕様は立体駐車場への入庫を考慮しスポーツサスペンション装備によりローダウンが図られています。

メルセデス・ベンツ Bクラス 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ Bクラス 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

又、全高は下げられたものの、独特なサンドイッチ構造のフロアを捨て低床化が図られた為、室内高は高くなっています。ホイールベースは先代から80mm短縮された2,700mmで、車両重量は大幅に増加し1,450~1,600kgとなっています。サスペンションは新設計された前:マクファーソンストラット式/後:マルチリンク式で、駆動方式は最後までFFのみであった先代に対し、後にフルタイム4WDが追加されています。

メルセデス・ベンツ Bクラス 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ Bクラス 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

欧州仕様にはガソリン/ディーゼル全4種類のエンジンが用意される中から、日本仕様のエンジン及びグレードは、まず新開発の1.6L 直4DOHCターボ(最高出力122ps/最大トルク20.4kgm)搭載の「B180」が導入されました。トランスミッションは7速DCTで、駆動方式はFFとなっています。1.7L/2L直4SOHC NAエンジン+CVTの先代に対し、アイドリングストップ機構の採用と相まって燃費が20~30%程改善されています。

メルセデス・ベンツ Bクラス 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ Bクラス 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

安全装備も充実

安全装備面では、レーダー型衝突警告システム「CPA」やドライバーの疲労を検知して警告する「アテンションアシスト」、高速コーナーリング時に車両姿勢を制御する「トルクベクトリングブレーキ」が標準装備されます。そして2013年2月に、2L 直4DOHCターボエンジン(最高出力211ps/最大トルク35.7kgm)を搭載し、専用の内外装や装備の充実により差別化を図った上級グレード「B250」が追加されました。

メルセデス・ベンツ Bクラス 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ Bクラス 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

次いで2015年1月にマイナーチェンジを実施し、外装変更によりCd値が0.25に向上した他、内装の一部変更や装備の充実が図られました。同時に、FF方式の「B250」に替わりフルタイム4WD方式を採用した「B250 4MATIC」が設定されました。先代から走行性能や居住性が向上したBクラスは、日本市場においてはAクラスを凌ぐ人気を獲得しています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます