メルセデス・ベンツ GLCクラス (DBA253946C 2015-):右ハンドルが導入されるGLKの後継

シェアする

メルセデス・ベンツ GLC 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLC 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツは2015年、2008年にリリースした「GLKクラス」の後継車種となる新型クロスオーバーSUV「GLCクラス」を発表、2016年2月から日本での販売を開始しました。現行型Cクラス(W205型)をベースに開発され、Cクラス譲りの安全・快適装備が備わると同時に、構造上左ハンドル仕様のみの設定だったGLKと異なり、日本向けに右ハンドル仕様が導入される点が特徴となります。

GLKクラスからプラットフォームを一新

GLKクラスからプラットフォームが一新されると同時に、スタイリングは直線基調の無骨なGLKクラスから一転し曲線基調の流麗なフォルムが採用されました。ボディサイズ全長4,660mm×全幅1,890mm×1,645mmで、GLKクラスから全長が110mm、全幅が50mm拡大された一方、全高は20mm低く設定された事によりワイド&ローなプロポーションが実現しました。

メルセデス・ベンツ GLC 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLC 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

ホイールベースは120mm延長され2,775mmとなり、日本仕様の車両重量は60kg重い1,860kgとなりました。サスペンション形式はフロントが従来の3リンク式から4リンク式に、リアがマルチリンク式から5リンク式に変更されると共に、走行状況に応じダンパーの減衰力を可変させる「アジリティコントロールサスペンション」が採用されました。

メルセデス・ベンツ GLC 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLC 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

欧州仕様は、駆動方式としてGLKクラス同様FRとフルタイム4WDシステム「4MATIC」が設定され、エンジン及びグレード体系は2L直4ガソリンターボ搭載の「GLC250 4MATIC」「GLC300」「GLC300 4MATIC」、2.2L直4ディーゼルターボ搭載の「GLC220d 4MATIC」「GLC250d 4MATIC」、そして3L V6ガソリンツインターボ搭載の「GLC43AMG」がラインナップされます。

最高出力/最大トルクは、CLC250 4MATICが211ps/35.7kgm、GLC300及びGLC300 4MATICが244ps/37.7kgm、GLC220d 4MATICが170ps/40.8kgm、GLC250d 4MATICが240ps/51kgm、GLC43AMGが362ps(最大トルクは未発表)となっています。トランスミッションは、全車9速トルコン式AT「9G-TRONIC」との組み合わせとなっています。

日本市場には2Lガソリングレードを導入

日本市場には、これらの内カタロググレードとして「GLC250 4MATIC」と、それをベースとする上級グレード「GLC250 4MATICスポーツ」「GLC250 4MATICスポーツ(本革仕様)」が導入される他、特別仕様車として「GLC250 4MATIC Edition1」が設定されました。インテリア面ではCクラスと共通のインパネが採用されると共に、GLKクラスから居住性の改善が図られました。

メルセデス・ベンツ GLC 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLC 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

安全装備面では、ステアリングアシスト機能付きレーダークルーズコントロールシステム「ディストロニックプラス」や歩行者検知機能付きブレーキアシスト「BASプラス」、自動ブレーキシステム「PRE-SAEブレーキ」、追突を警告する「リアCPA」などから構成される「レーダーセーフティパッケージ」が全車にオプション設定されました。

メルセデス・ベンツ GLC 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLC 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

又、配光モードを自動で切り替える「LEDインテリジェントライトシステム」や注意力低下を警告する「アテンションアシスト」、横風に影響を低減する「クロスウインドアシスト」などは全車に標準装備となります。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます