マツダ ファミリア (2代目 1967-1978):スタイリングを一新しロータリーエンジン車も設定 [SPB/STA/STB/SPC/M10A/BPBV/BTAV /BTBV /BPCV/BPB55/BTA65]

シェアする

マツダ ファミリア1000 4Drセダン 1967

マツダ ファミリア1000 4Drセダン 1967

1963年に初代モデルが東洋工業(現マツダ)初の本格派ファミリーカーとしてデビューした「ファミリア」は、1967年11月に4年ぶりのフルモデルチェンジが実施され2代目モデルに移行しました。スタイリングが一新されると共に、レシプロエンジン搭載車に加え「コスモスポーツ」に続くロータリーエンジン搭載車が設定された事が特徴でした。

「オーバルシェイプ」を採用

ボディタイプは、まず2ドア/4ドアセダンと2ドアピックアップトラックがリリースされました。スタイリングは直線基調のボディラインと楕円形ヘッドランプが特徴だった先代に対し、「オーバルシェイプ」と呼ばれる丸みを帯びたフォルムや角形2灯式ヘッドランプが採用されると共に三角窓が廃止されるなど、イメージが一新されました。

マツダ ファミリア1000 4Drセダン 1967

マツダ ファミリア1000 4Drセダン 1967

セダンのボディサイズは全長3,795mm×全幅1,480mm×全高1,390mmで、先代から全長が95mm、全幅が15mm拡大され、ホイールベースも70mm延長され2,260mmとなりました。一方、車両重量は4ドアセダンで730kgと先代並みに据え置かれていました。サスペンション形式はフロントがダブルウィッシュボーン式からストラット式に変更され、リアはリジッド・リーフ式が踏襲されました。

mazda_familia_1967_1000_4dr_sedan_3

駆動方式は先代同様FRで、エンジンは当初先代からキャリオーバーされた1L直4SOHC(最高出力58ps)のみの設定だったものの、翌1968年2月に4ドアセダンに最高出力68psを発生する1.2L直4OHVエンジン搭載車が追加されました。又、同月旧型のまま継続販売されていたバンがフルモデルチェンジを受けラインナップに加わりました。

マツダ ファミリア1200 クーペ 1967

マツダ ファミリア1200 クーペ 1967

次いで同年7月、2ドアクーペボディにコスモスポーツ譲りの10A型ロータリーエンジン(491cc×2ローター・最高出力100ps/最大トルク13.5kgm)を搭載する「ロータリークーペ」が追加されました。動力性能は最高速度180km/h、0-400m加速16.4sで、大衆車クラスとしてトップレベルのものでした。又、内装面ではスポーティなT型インパネが採用されました。

M/Cでファミリア・プレストに

続いて翌1969年7月、同ロータリーエンジンを搭載し平面インパネを採用した4ドアセダン「ロータリーSS」と、同様のインパネを採用する「ロータリークーペEタイプ」が、更に同年10月には、4ドアセダンにT型インパネ採用の「ロータリーTSS」が追加されました。次いで1970年4月のマイナーチェンジにより、車名が「ファミリアプレスト」に変更されました。

マツダ ファミリア ロータリーSS 1969

マツダ ファミリア ロータリーSS 1969

同時に、1.2Lエンジンに代わり最高出力73psを発生する1.3L直4SOHCエンジンが設定されました。追って同年12月、ラジアルタイヤとレザートップが備わるロータリークーペ「GS」と、専用フロントマスクとT型インパネが備わる1300クーペ「GF」が追加されました。続いて1971年4月、1L車のエンジンがSOHC化された新ユニット(最高出力62ps)に置換されました。

マツダ ファミリア ロータリーSS 1969

マツダ ファミリア ロータリーSS 1969

次いで1972年2月に2度目のマイナーチェンジが実施され、トラックを除くレシプロエンジン車のフロントマスクがクーペGFと同様のデザインに一本化されると共に、1.3Lエンジンの最高出力が87psに向上しました。そして1973年9月にセダン/クーペがフルモデルチェンジを受け3代目モデルに移行、バン/トラックはフェイスリフトのみで1978年1月まで継続販売されました。

アクセラの購入を検討している方はアクセラ値引き相場-納期/実燃費/価格の評価も参照下さい。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK