マツダ ファミリア (6代目 1985-1994):国産車初のフルタイム4WD車やカブリオレを追加 [BF]

シェアする

マツダ 323(輸出仕様) 1985

マツダ 323(輸出仕様) 1985

1963年に初代モデルがマツダ初の本格派ファミリーカーとしてデビューした「ファミリア」は、1985年1月に4年半ぶり5度目のフルモデルチェンジが実施され、6代目モデルに移行しました。先代からのキープコンセプトによる正常進化型であった一方、国産車初のフルタイム4WD車やカブリオレが用意されるなどバリエーションの拡大が図られた事が特徴でした。

空力特性が向上

ボディタイプは、まず先代同様の3ドア/5ドアハッチバックと4ドアセダンの3タイプでのスタートとなりました。エクステリアは先代から直線基調のシャープな造形を受け継ぐと同時に、フラッシュサーフェスボディの採用により空力特性が向上、Cd値は小型車としてトップレベルの0.35を実現していました。

マツダ 323ワゴン (輸出仕様) 1986

マツダ 323ワゴン (輸出仕様) 1986

ボディサイズは全長3,990mm(ハッチバック)/4,195mm(セダン)×全幅1,645mm×全高1,390mmで、先代から全長・全幅・全高とも若干拡大された他、ホイールベースも35mm延長され2,400mmとなりました。サスペンション形式は先代同様、リアにマツダ独自の「SSサスペンション」を採用した4輪ストラット式が踏襲されました。

マツダ 323セダン (輸出仕様) 1986

マツダ 323セダン (輸出仕様) 1986

駆動方式は当初先代同様FFのみの設定で、エンジンはまず先代からキャリーバーされた1.3L直4SOHCのE3型(キャブレターNA仕様)と1.5L直4SOHCのE5型(キャブレターNA仕様/EGI NA仕様/EGIターボ仕様)が用意されました。トランスミッションも先代同様、4速/5速MTと3速トルコン式ATが設定されました。

マツダ ファミリアのCM(中井貴一さん、杉本彩さん)

DOHCエンジンやディーゼルエンジンを追加

そして同年7月、歴代ファミリア初のディーゼル車となる1.7L直4SOHCのPN7型エンジン(最高出力58ps)搭載車が追加されました。追って同年10月には、1.6L直4DOHCキャブレターNA/EGIターボのB6型エンジン( NA:最高出力110ps・ターボ:最高出力140ps)搭載車と、E5型キャブレター仕様エンジン呼びB6型ターボエンジンを搭載するフルタイム4WD車が追加されました。

マツダ ファミリア 4WD turbo 1985

マツダ ファミリア 4WD turbo 1985

更に同年12月、2世代前のモデルのまま販売されていた3ドア/5ドアバンがフルモデルチェンジにより5ドアバンに一本化されてラインナップに加わると同時に、同一ボディを採用する乗用ワゴンが用意されました。次いで翌1986年3月には、E5型ターボエンジン+5速MTを搭載するソフトトップコンバーチルブル「カブリオレ」が追加されました。

マツダ ファミリア turbo cabriolet 1985

マツダ ファミリア turbo cabriolet 1985

続いて1987年2月にハッチバック/セダンのマイナーチェンジが実施され、フェイスリフトと共にエンジンラインナップが変更されました。従来のE3型/E5型に代わり、新世代の1.3L直4SOHC及び1.5L直4SOHCのB3型/B5型が設定されました。共にキャブレター仕様のみで、最高出力は前者が67ps、後者が76psでした。同時に、DOHC EGI NA仕様のB6型エンジン(最高出力85ps)も追加になりました。

更に、B6型エンジン及びPN型ディーゼルエンジン搭載車に4速トルコン式ATが設定されました。追って同年4月にはワゴンのマイナーチェンジが実施され、フェイスリフトと共にエンジンがE5型からB6型EGI仕様に変更されました。そして1989年2月にハッチバック/セダンがフルモデルチェンジを受け、7代目モデルに移行しました。

一方、ワゴンは6代目モデルのまま生産を継続、同年11月にマイナーチェンジを受けた後1994年9月まで販売が続けられました。

アクセラの購入を検討している方はアクセラ値引き相場-納期/実燃費/価格の評価も参照下さい。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK